Germany Repertoire REP 4490 WY : [Renaissance / Scheherazade And Other Stories]


ジャケット画像
REP 4490-WY

  1. Trip To The Fair
  2. The Vultures Fly High
  3. Ocean Gypsy
  4. Song Of Scheherazade

Renaissanceは、アニー・ハズラムが在籍していたクラシカル・ロック・グループですが、そのバンド成立の経緯は少々込み入っています。もともとは The Yardbirdsに在籍していたキース・レルフが、妹のジェーンらと共に1960年代後半に結成、2枚のアルバムを発表した後解散状態になっていましたが、1971年、オリジナル・メンバーを1人も含まない形で再編され、アルバム"Prologe"を発表します。この辺の経緯については私はあまり詳しくないので、プログレッシヴ・ロックのホームページをご覧になってください。このアルバム"Scheherazade And Other Storys"は、再編されたルネッサンスの4枚目で、彼らの全盛期に発表されたものです。A面3曲、B面1曲という大作主義で作られたこのアルバムは、やはりB面を全て使って繰り広げられる"Song Of Scheherazade"がハイライトになっていますが、A面に収められた3曲もいずれ劣らぬいい曲です。Blackmore’s Nightがとりあげた"Ocean Gypsy"は、この後にリリースされたライヴ・アルバムにも収録されています。Blackmore’s Nightの演奏した"Ocean Gypsy"は、ここで聴かれるよりクラシカルなアレンジのルネッサンスの演奏に比べるとあっさりした印象を受けますが、その分メロディの魅力が浮き彫りになっているような気がします。かなりひいき目が入ってるかな (^^;


JP BMG BVCQ 641 : [Rednex / Sex & Violins]


ジャケット画像
BVCQ-641

  1. Cotton Eye Joe
  2. Hittin’ The Way
  3. Riding Alone
  4. Wish You Were Here
  5. Mary Lou
  6. Old Pop In An Oak
  7. Nowhere In Idaho
  8. The Sad But True Story Of Ray Mingus,
  9. Fat Sally Lee
  10. Shooter
  11. Mckenzie Brothers
  12. Rolling Home
  13. Wild And Free
  14. Cotton Eye Joe (Madcow Instrumental)
  15. Old Pop In An Oak (Original Extended Mix)
  16. Roping A Cow

こちらは90年代のグループです。ユーロ・ビートで、一時期カントリーを取り入れたサウンドがもてはやされたことがあったようですが (このあたりは、ヨーロッパの音楽市場が抱いているアメリカの音楽市場へのコンプレックスがかいま見られて興味深いです) 、このグループもその流れを組んでいます。ユーロ・ビート特有の打ち込みリズムに、フィドルやバンジョー (これらは本物を使用しているようです) がからみ、曲調もモロにカントリーというものが多数を占めています。ヴォーカルも男性と女性の2人が交互にとっていく形をとっています。バイオによれば、プロデューサーがアイダホに出向いたさいに出会った4人組、という事らしいのですが、メンバーの名前をみると全員スウェーデン人で、アヤシさ一杯のお話しであります (笑)
Blackmore’s Nightが取り上げた"Wish You Were Here"は、このアルバムのなかでは異質とも言えるバラードナンバーです。リッチーは原曲のアレンジを生かしていますが、よりしっとりとした仕上がりにしています。そして、キャンディスのあっさりとした歌唱に慣れている耳には、この曲のヴォーカルはやや癖があり、好き嫌いがわかれるところでしょう。