Deep Purple Live Cassette Analysis Volume 2


ジャケット画像

Michael Richards著 / 2001
Volume 1が出てから4年後の2001年、1994年から1999年のオーケストラ・ツアーまでのテープをまとめた続編として出版されました。前作が出版されてからの間に新たに加わった1968年から1993年までのテープも補完されており、同時にVolume 1も収録画像を若干変更した形で再出版されています。体裁は以前と変わらないバインダー形式の簡素なものですが、内容の充実度は素晴らしく、今回も参考になる記述が多数あります。

Deep Purple Live Cassette Analysis Volume 1


ジャケット画像
第一版

ジャケット画像
第二版

Michael Richards著 / 1997
現存するDeep Purpleのライヴ・テープを著者が可能な限り収集した、そのリストをまとめた自費出版とおぼしき一冊です。きちんと製本されているわけではなく、印刷されたページを24穴のバインダー形式で綴じてあるだけの簡素な体裁です。内容的には1968年から1993年までのDeep Purpleのライヴ音源を、年度ごと、ツアーごとにまとめてリストしたものになっており、リストされた音源の音質、曲目、日程に関する手がかりやビデオ、ブートなどのソースからのものはその旨に関する記述、などで構成されています。個人の力でまとめられたリストとしてはなかなか立派なもので、参考になることも多いです

Shadow Of The Boot…


ジャケット画像

Ingo Fengler著 / 1998
"Come Boot The Band…"の続編で、これははBlackmore’s Nightなど、その他のパープル・ファミリーに属するアーティストの海賊盤(CD、CD-Rのみ)を扱っている本です。版によってハードカバーなどの違いがあるそうです。アイテム的には日本で手に入るものが大部分で、あまり参考になることも見受けられませんが、記述的には、どこそこのフェスティバルでの演奏とか、日付けに対する疑問など、詳細にわたって参考になる事項がありました。

The Boot Rages On…


ジャケット画像

Ingo Fengler著 / 1998
"Come Boot The Band…"の続編で、Vol.1が出版された時点以降にリリースされたDeep PurpleとRainbowのCD、CD-Rブートを扱っている本です。版によってハードカバーなどの違いがあるそうです。アイテム的には日本で手に入るものが大部分で、あまり参考になることも見受けられませんが、記述的には、どこそこのフェスティバルでの演奏とか、日付けに対する疑問など、詳細にわたって参考になる事項がありました。

Boot Out Of Shape…


ジャケット画像

Ingo Fengler著 / 1998
"Come Boot The Band…"の続編で、これはRainbowの海賊盤(CD、CD-Rのみ)を扱っている本です。版によってハードカバーなどの違いがあるそうです。アイテム的には日本で手に入るものが大部分で、あまり参考になることも見受けられませんが、記述的には、どこそこのフェスティバルでの演奏とか、日付けに対する疑問など、詳細にわたって参考になる事項がありました。

Come Boot The Band…


ジャケット画像

Ingo Fengler著 / 1997,1998
ドイツで出版されている、Deep Purpleの海賊盤(CD、CD-Rのみ)を扱っている本です。版によってハードカバーなどの違いがあるそうです。アイテム的には日本で手に入るものが大部分で、あまり参考になることも見受けられませんが、記述的には、どこそこのフェスティバルでの演奏とか、日付けに対する疑問など、詳細にわたって参考になる事項がありました。

The Great Single-Book of Deep Purple


ジャケット画像

Dirk Schultz著 Marthan ad art 2001
世界各国でリリースされたDeep Purpleのシングルのレーベルやスリーブを、カラー写真でこれでもかとばかりに収録した本です。各国のシングルの確認に大変参考になりました。国ごとに分かれた章立てで、アルファベット順のため、イギリスやアメリカは後ろの方のページに出ています。国ごとにかんたんなコメント(○○は珍しいだの、高いだの(^^;)がついています。