USA Warner Brothers [25642] : [Fireball]


ジャケット画像 ジャケット画像

2008年8月に登場した再発盤。ブックレット、カタログ・ナンバー等はアメリカでの初回リリース盤と同様ですが、"Flashback"と書かれたステッカーが貼られ、裏ジャケットは作り直されており、バーコードも新しいものとなっています。"Flashback – Original Artists, Original Recordings"ということで、廉価盤再発の一環でしょうが、これ以外のDeep Purpleの作品を当シリーズで見かけた事がありません。なんでこれだけ?在庫消化なのかな?


USA FridayMusic FRM 2564 : [Fireball]


ジャケット画像

2010年2月に発売された再発盤。リリースしたのはワーナーからライセンスを受けたFridayMusicというレーベルで、アメリカ・プレスとなっています。そのため、収録曲はアメリカ盤に準拠したもの、レーベルもワーナーのグリーン・ラベルを模したものとなっています。

ジャケット画像
ジャケット画像

……グリーンというより黄土色で、なんともコメントしようのない仕上がりですが(汗、Joe Reogosoというエンジニアがカッティングした重量盤のプレスによる高音質盤となっています。同年、同レーベルからゴールドCDでも再発されています。

音の印象はオリジナル・ワーナー盤の面影が残るもので、デジタルっぽい雰囲気も感じますが、そのあたりは私の錯覚かもしれません。それなりに聴ける音でし(・∀・)

ジャケット画像


JP Warner Bros. Pioneer P 8092W : [Fireball]


ジャケット画像

1971年9月にリリースされた、ワーナーブラザーズ・パイオニアからの第一弾新譜となったアルバム。この番号が初回盤となります。帯に、ワーナーブラザーズ・パイオニアと社名が印刷されています。

ジャケット画像

ジャケット画像

曲目クレジットのアップ。アメリカ盤と同様、"Strange Kind Of Woman"がA面の3曲目に来ています。

ジャケット画像
ジャケット画像

レーベル。米ワーナーと同様のグリーン・レーベルで、レーベル・リムの会社名がWarner Bros. Pioneer Corporationとなっています。

ジャケット画像

ジャケット画像

歌詞カードです。アメリカ盤に付いていたインサートと同様のスタイルです。

ジャケット画像

こちらは歌詞カードの裏側(……って、どっちが表か良くわからんが(^^;)。ライナー・ノーツが書かれています。「フィロソフィー・ロック」とかいうボキャブラリーが出てきた記憶がありますがどーだったかなー。何十年と読み返してないもので(汗

ジャケット画像

裏ジャケット。アメリカ盤と同様、UK盤のようなエンボス加工がされていない、のっぺりとした仕上がりとなっています。


JP Warner Music Japan WPCR 1140 : [Fireball]


ジャケット画像 ジャケット画像

1997年、イギリスでのリリースからしばらくして登場した、アニヴァーサリー・エディションの日本盤です。ブックレットやスリップ・ケースなどの構成はオリジナル盤同様ですが、ブックレットの日本語訳が添付されているため、イギリス盤と比較するとスリップ・ケースの厚みがやや増しています。CD盤はオリジナル盤同様のピクチャー・レーベルですが、使用されているカラーが若干異なるため、印象がやや違うものになっています。収録曲についてはイギリス盤の項を参照してください。


USA Rhino R2 75651 : [Fireball]


ジャケット画像 ジャケット画像

日本やイギリスでのリリースからかなり遅れ、2000年に登場した、アニヴァーサリー・エディションのアメリカ盤。ワーナー・ブラザーズからのライセンスを受け、Rhinoレーベルがリリースしたものです。

スリップ・ケースやブックレット、ピクチャー・レーベルなど、商品構成はイギリス盤とほぼ同じ。レーベル・ロゴが異なるくらいです。収録曲については、イギリス盤の項を参照してください。


UK EMI CDADV 100 : [Fireball]


ジャケット画像

イギリスで製作された、アニヴァーサリー・エディションのプロモーション盤になります。独自の番号が与えられていますが、収録曲は製品盤とまったく同一です。CD内周部にSWINDONの刻印があります。ジャケットはありません。おそらく、プロモーション・シートとともに配付されたものと考えられますが、手元のあるのは盤のみです。"In Rock"のアニヴァーサリー・エディションにプロモーション盤があるかどうかについては、確認していません。


UK EMI [724385371127] : [Fireball]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Fireball
  2. No No No
  3. Demon’s Eye
  4. Anyone’s Daughter
  5. The Mule
  6. Fools
  7. No One Came
  8. Strange Kind Of Woman (A Side Remix 96)
  9. I’m Alone (B Side)
  10. Freedom (Album Out Take)
  11. Slow Train (Album Out Take)
  12. Demon’s Eye (Remix 96)
  13. The Noise Abatement Society Tapes
  14. Fireball (Take1 – Instrumental)
  15. Backwards Piano
  16. No One Came (Remix 96)

リリースの噂がたってから、実際のリリースまでにかなり時間がかかり、やきもきした人も多かった事と思います。今回も貴重なテイクがテンコ盛りの、ファンにはたまらないアルバムになっています。

Strange Kind Of Woman (A Side Remix 96)
この Anniversary Editionは基本的にイギリス盤をオリジナルとしているため、イギリスではシングル・リリースのみだったこの曲がボーナス・トラック扱いになっています。
I’m Alone (B Side)
シングル"Strange Kind Of Woman"のB面にのみ収録されていた曲で、いくつかの編集盤に収録されていますが、イントロのハイ・ハットのカウントの長さが違う2種類のヴァージョン(という程ではありませんが)があります。
Freedom (Album Out Take)
シングル候補としてレコーディングされましたが、ストックされていた曲です。1985年リリースの"Anthology"で初めて発表されました。ここに収録されているものは、初めて発表されたものとはミックスが若干ことなります。
Slow Train (Album Out Take)
このアルバムで初めて発表された曲です。1970年にBBCで演奏されたナンバーである、"Grabsplatter"(1980年頃にアナログ盤シングルシリーズ、"New Live & Rare"の一枚として発表されました)のリフを使用しています。
Demon’s Eye (Remix 96)
No One Came (Remix 96)
これらはリミックス・ヴァージョンとなっています。"Demon’s Eye"は、エンディングが少し長くなっており、オリジナルでは聴けなかったソロが聴けます。
The Noise Abatement Society Tapes
Backwards Piano
スタジオでの遊びを収録した物です。同傾向のものに、"Rock Profile Vol.1"のアナログ盤にのみ収録されていた、"Show Me The Way To Go Home"があります。
Fireball (Take1 – Instrumental)
タイトルにあるとおり、"Fireball"のファースト・テイクです。あまり音質は良くありませんが、迫力ある演奏になっています。