EU Universal R7 547362 : [Black Night]


ジャケット画像

2015年4月のRecord Store Dayにリリースされた、7インチ・シングル。青というか、青に近い水色というか、そんな色のヴィニールでプレスされています。レーベルは、ワーナーのグリーン・ラベルを模していますが、やはり黄土色に近いベクトル。

A面は"Black Night"で、1995年のアニヴァーサリー・エディション製作時にロジャー・グローヴァーによってリミックスされたテイク。かつて12インチ・シングルにもなりました。B面は"Speed King"で、ピアノ・ヴァージョンとして知られているテイクを収録しています。

ジャケット画像


USA Rhino R7 547362 : [Black Night]


ジャケット画像

2015年4月のレコード・ストア・デイに向けてリリースされたアメリカ盤7インチ・シングル。ジャケットはデンマーク盤の"Black Night"シングルをお手本にしてると思われますが、裏ジャケは異なるのでまあなんとも。盤はワーナーのグリーン・ラベルが使用された水色のカラー・レコードです。おそらく、[In Rock]のジャケ色に合わせたのかな〜と。

A面の"Black Night"はアニヴァーサリー・エディションのリリース時に制作されたリミックステイクを収録。久々に聴きましたがジョンのソロ、エンディングの余韻がえぇですな。

B面は"Speed King"の所謂「ピアノ・ヴァージョン」と呼ばれるものを収録しています。リアル・タイムではオランダで"Into The Fire"とのカップリングで世に出たのが最初。その後メキシコ盤(いかん、カップリングの記載に間違いがあるではないか、あとでこっそり直しておこう)で適当な編集でリリースされ、一般的になったのはアルバム[The Singles A’s & B’s]が発売された1978年以後のことです。ここに収録されているのは先のアニヴァーサリー・エディションで世に出た時のマスターではないかと思われ。

ジャケット画像


EU Universal [0602537731145] : [Black Night]


ジャケット画像

2014年春のレコード・ストア・デイでリリースされたシングル盤。1975年に発売された日本盤シングルをモチーフとしています。ジャケットは日本盤のスリックを流用したボックス・ジャケット、盤は黒いスリーヴに収められています。レーベルはパープル・レーベルお馴染みの「P」をデザインしたものですが、南アフリカ盤などに見られる「P」の部分が黒くなっているものになります。

ジャケット画像

ジャケット裏面。やはり日本盤スリックの裏面を流用していますが下部に印刷されていたクレジットなどをオミットするなど、レイアウトに若干の変化が見られます。そして、ボックス・ジャケなのでLP同様に背表紙というものがあるのですが、そこには日本語で「歌と演奏:ディープ・パープル」とプリントされています。……いや、本当の日本盤ならそんなクレジットにはしないし、だいたい横書きじゃなく縦書きにしてると思うし(以下略


Holland Side by Side RS 135587 : [Highway Star]


ジャケット画像

2013年春のレコード・ストア・デイにリリースされたオランダ盤シングル。

クリア・ヴィニールでプレスされたシングル・レコードで、A面にDeep Purpleのオリジナル・スタジオ・ヴァージョン、B面にType O Negativeのカヴァー・ヴァージョン(2003年録音)をカップリングしています。クリア・ヴィニールのセンター部分に現れるクリア・パープルの部分の形状は、盤によって異なります。

A面のDeep Purpleはノーマルなスタジオ盤ステレオ・ミックスです。B面のType O Negativeは私は普段耳にしないバンドですが、テンポの解釈に面白さを感じさせるアレンジで所謂「デス声」や重低音に抵抗がある人もそれほど気にならずに聴ける感じ。オルガンやギターのソロは原曲スタジオ盤を元にはしているもののフレーズや構成が若干異なってたりしますが、全体としてなかなか興味深いカバーではなかろうかと思います。

ジャケット画像


Mexico Capitol EPEM 10429 : [In Rock]


ジャケット画像

正確なリリース年月日は不明ですが、Pマークは1970年となっている、メキシコ盤EP。両面に2曲づつ、計4曲の収録です。

ジャケット画像

A面収録曲、"Black Night / Speed King"のレーベル。両曲ともモノラル・ミックスで、"Speed King"はPiano Versionとして知られる初期録音のテイクが収録されています。Deep Purpleの活動当時、このPiano Versionがレコードに収録された事は非常に少なく、当メキシコ盤とオランダ盤が知られていますが、オランダ盤はほとんど市場に出てくる事はありません。こちらのメキシコ盤はときおり見かけますが、ピッチがフラフラしている上、ギター・ソロの途中でフェイド・アウトしているため、音質的なものを求めて当シングルを探すと失敗すると思います。オランダ盤はいまだに未聴のため、どのような収録形態かはっきりしませんが、カップリングが当メキシコ盤のA面と同様の[Black Night / Speed King]のため、もしかしたら編集自体はメキシコ盤と同様の可能性もあるのではないかと推測しています。

ジャケット画像

B面収録曲、"Into The Fire / Living Wreck"のレーベル。エコーが若干控えめに聴こえるモノラル・ミックスです。"Living Wreck"はフェイド・インしてくるドラム、うなりを上げるオルガン、この期待感十分のイントロをバッサリとカットして、いきなりギター・リフから入るという、トホホな編集(じゃねーな、ハサミ入れただけだよこれ(;つД`)が施されています。


EU Purple Records PURRSD 138 : [Smoke On The Water]


ジャケット画像

2012年の春に開催されたRecord Store Dayのためにリリースされた、7インチ・シングル。2012年は[Machine Head]アルバムのリリース40周年にあたりますが、これを記念したと思われる音盤は現時点ではこのシングルのみとなります。

ジャケット画像

A面収録曲、"Smoke On The Water"のレーベル。スタジオ・ヴァージョンで、アルバム・テイクと同様のステレオ・ミックスです。レコードはご覧の通り、不透明の紫色ヴィニールでプレスされています。

ジャケット画像

B面収録曲、"Smoke On The Water (Live)"のレーベル。[In Concert]でお馴染みの1972年3月9日にパリス・シアターで行われた、BBCラジオでの放送用ライヴ録音のテイク。こちらも特に編集等は変わっていない、ステレオ・ミックスです。

ジャケット画像

裏ジャケット。1973年のライヴ・ショット。ジャケットはトップ・オープンのボックス・ジャケ。


UK Harvest HAR 5304 : [Hush]


ジャケット画像

2011年4月、"Record Store Day"限定としてリリースされたイギリス盤シングル。往年のグリーン・ハーヴェストを基調としたデザイン。1970年代にオランダでリリースされたシングルと同様のデザインですが、使用されているフォトは異なっています。

ジャケット画像

A面収録曲、"Hush"のレーベル。オフィシャル盤、海賊盤、プライヴェート盤、これまでにリリースされて来たどの音盤でも発表されていない完全初登場のBBC演奏テイク。2011年10月にリリースされた[BBC Sessions]からの先行シングルとなります。DJのアナウンスがかぶっており、オルガン・ソロの半ばでフェイド・アウトしますが、貴重なテイクです。

ジャケット画像

B面収録曲、"Speed King"のレーベル。BBCで放送されたピアノ・ヴァージョンによるライヴ・テイク。アンダー・グラウンドでは有名だったテイクで、[Listen Learn Read On]でオフィシャル盤としては初登場したものです。当シングルはいくぶんヌケが良くなって迫力が増したように感じられ、今回リリースされた[BBC Sessions]のクオリティの高さが伺えるレコードになっています。

ジャケット画像

裏ジャケット。こちらは第二期。