06-28 [Birmingham 2017 : Remaster]


ジャケット画像

Black Box [021]
Birmingham 28 June 2017

Disc 1

  1. Land Of Hope And Glory
  2. Over The Rainbow
  3. Spotlight Kid
  4. I Surrender
  5. Mistreated
  6. Since You Been Gone
  7. Man On The Silver Mountain incl. Woman From Tokyo
  8. Soldier Of Fortune
  9. Perfect Strangers
  10. Difficult To Cure incl. Bass & Keyboard Solo
  11. 11. All Night Long

Disc 2

  1. Child In Time
  2. Stargazer
  3. Long Live Rock’n’Roll
  4. Blues
  5. Lazy
  6. Catch The Rainbow
  7. Black Night incl. Drum Solo
  8. Carry On… Jon
  9. Burn
  10. Smoke On The Water

2017年6月28日、この年のRitchie Blackmore’s Rainbowとしての公演のラストとなったバーミンガム公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD。良好なバランスでオン・マイクな感覚の音場がヌケの良い音質で楽しめます。この日のハイライトは何と言っても"Carry On… Jon"。バック・ドロップに在りし日のジョンを映し出しながら演奏される6分あまりのトラックは一瞬たりとも聴き逃せません。6月はジョンが生まれた月であり、翌7月はジョンの命日でもあります。そのような時期に、ここで聴かれる演奏以上のトリビュートは余人には出来ないでしょう。Blackmore’s Nightのステージでも滅多に聴けないナンバーが、このような素晴らしい内容でプレス盤として残されたことはありがたいことです。


06-25 [Glasgow 2017 : Remaster]


ジャケット画像

Black Box [020]
Glasgow 25 June 2017

Disc 1

  1. Land Of Hope And Glory
  2. Over The Rainbow
  3. Spotlight Kid
  4. I Surrender
  5. Mistreated
  6. Since You Been Gone
  7. Man On The Silver Mountain
  8. 16th Century Greensleeves
  9. Soldier Of Fortune
  10. Perfect Strangers
  11. Difficult To Cure incl. Bass & Keyboard Solo

Disc 2

  1. Intro.
  2. All Night Long
  3. Child In Time
  4. Stargazer
  5. Long Live Rock’n’Roll
  6. Burn
  7. Guitar Intro.
  8. Black Night incl. Drum Solo
  9. The Temple Of The King
  10. Smoke On The Water

2017年のRitchie Blackmore’s Rainbow、イギリスでの3公演の中日、6月25日グラスゴー公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD。ややリズム隊が引っ込んだバランスながら一つ一つの楽器音が明瞭で聴きやすいテープです。O2アリーナではプレイしなかったナンバーが3曲登場します。これらのうち、"16th Century Greensleeves"と"The Temple Of The King"はBlackmore’s Nightでは頻繁に演奏されていましたが、それだけにこのバンドでプレイされているハード・ロック・ナンバーがBlackmore’s Night的フォームの上で成立していることがより明確に感じ取れるような気がします。そのサウンドを自らのヴォーカルを武器にハード・ロックに引き寄せてしまうロメロ君はやはり傑出した才能であるなぁ。


06-17 [Stone Free Festival 2017 : Remaster]


ジャケット画像

Black Box [017]
London 17 June 2017

Disc 1

  1. Land Of Hope And Glory
  2. Over The Rainbow
  3. Spotlight Kid
  4. I Surrender
  5. Mistreated
  6. Introduction of Russ Ballard
  7. Since You Been Gone (with Russ Ballard)
  8. Man On The Silver Mountain incl. Woman From Tokyo
  9. Soldier Of Fortune
  10. All Night Long
  11. Difficult To Cure incl. Keyboard Solo
  12. Child In Time

Disc 2

  1. Intro.
  2. Stargazer
  3. Still I’m Sad incl. Drum Solo
  4. Long Live Rock’n’Roll
  5. Black Night
  6. Burn
  7. Catch the Rainbow
  8. Smoke On The Water

2016年に続き、RainbowやDeep Purpleのナンバーをプレイするステージを行ったリッチー。今回はイギリスのみで当初4公演が予定されていましたが、テロの影響でマンチェスター公演は中止となり、3公演を行っています。これは、初日となる6月17日にロンドン、O2アリーナで行われた"Stone Free Festival"の模様を収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD。2016年のツアーはプレス盤が同日で数種類出る賑やかさでしたが、2017年はプレス盤の登場は1種類にとどまっています。

音質は素晴らしいです。オン・マイクな音場ではありませんが、会場のスケール感と音楽の存在感がマッチした絶妙な音場、音像が立ち上がります。オープニングのSEは2017年に新録音された"Land Of Hope And Glory"のインストルメンタル。"I Surrender"も同時に録音され、ツアー開始に先立ち、欧米のiTunesやネットで配信されたのがオリジナルとなります。当初、日本では2曲とも配信されませんでしたが、後にリリースされたBlackmore’s NightやRitchie Blackmore’s RainbowのCDに収録されました。

この日は"Since You Been Gone"で作曲者のラス・バラードと共演しているのがハイライトでしょう。ラス自身のアレンジはRainbowとはかなり違うものでしたが、ここではRainbowのアレンジで演奏しています。昨年同様、Blackmore’s Nightの持っているトラッド・ロック風な土台が、同じ曲を演奏してもDeep PurpleやRainbowとは異なるテイストを感じさせ、現在のリッチーの音楽になっています。