JP Toei TE M 331 : [Concerto For Group And Orchestra]


ジャケット画像 ジャケット画像

VHS : NTSC
  1. Intro
  2. First Movement : Allegro
  3. Second Movement : Andante
  4. Third Movement : Vivace – Presto

正式な発売年月日は調べていませんが(LDとほぼ同時発売だったと仮定すれば、1985年あたり)、このタイトルで初めて登場した日本版VHSソフトです。レーベルは東映ビデオになります。昔のソフトにはよくあった、紙箱のパッケージ。ライナーは付属していませんが、中古で入手したので、はたして新品に付属していたかどうかは不明です(LDには付属しているので、VHSにもついていた可能性は高いです)。冒頭の短いドキュメンタリー部分に、字幕がつけられています。第二楽章の歌の部分には、残念ながら字幕はつきませんでした。この字幕をかぶせたためか、画質はややシャープさに欠けるきらいがあるように思います。


JP Pioneer LDC HM 035 3414 : [Concerto For Group And Orchestra]


ジャケット画像

VHS : NTSC
  1. Intro
  2. First Movement : Allegro
  3. Second Movement : Andante
  4. Third Movement : Vivace – Presto

発売権が東映ビデオからパイオニアLDCへ移動してからリリースされた日本版VHSです。これも正確なリリース年月日がわからないのですが、たしか1980年代末ごろだった記憶が……。自分が初めてこの映像を観たのが、このパッケージでした。東映版と同じフォトを使用していますが、全体のカラーが異なっているため、雰囲気が変わっています。自分はこのパイオニア版の方がお気に入りです。ライナーノーツは東映版と同じものが使われています。ただ、字幕がなくなりました。そのせいかどうか、画質に若干シャープさが加わったように思います。色身も東映版より自然に見え(あくまでも私の感想なので、そうは思わない方も当然おられることと思います)、自分としては三社から出ている日本版の中では、パイオニアLDC版の画質が一番好みに合いました。


EU EMI [724349294196] : [Concerto For Group And Orchestra]


ジャケット画像 ジャケット画像

DVD : PAL : Region 2
  1. Intro
  2. First Movement : Allegro
  3. Second Movement : Andante
  4. Third Movement : Vivace – Presto

2002年9月にリリースされたヨーロッパ盤DVDです。フォト・ギャラリーや同時リリースのCD、DVD-Audio、SACDの紹介メニューなどがあり、音声はPCM2チャンネルステレオ音声、ドルビー・デジタル及びdtsの5.1Ch音声、ジョン・ロードのコメンタリー音声、の4つのトラックが選択出来ます。ビデオの内容自体はこれまで流通していたVHSと同様の編集で、カットされたシーンが復活することはありませんでした。イギリスのファンサイトのFAQページによれば、これらのVHS、DVDのソースになっている映像は、当時のBBC(今回のジャケには Lionになっているが、どーいう関係なのかは不勉強なので不明)が放映した編集版を使用しているとのことです。このコンサート全編を収録した未編集のネガフィルムは存在する(!)ということですが、現在、このフィルムからテレシネを起こすには経費が掛かり過ぎて、販売用メディアにするには採算が合わないとか、さきほどのFAQページには書かれておりますが……真偽は関係者じゃないとわからないでしょう。

映像方式はPAL規格なので、日本の普通のプレーヤでは再生出来ませんので、注意してください。パソコンでDVDを再生できる環境があれば、PAL方式のディスクも再生可能な場合があります。