JP VAP VPBR 19012 : [Concerto For Group And Orchestra]


ジャケット画像 ジャケット画像

DVD : NTSC : Region 2
  1. Intro
  2. First Movement : Allegro
  3. Second Movement : Andante
  4. Third Movement : Vivace – Presto

海外盤からやや遅れての登場となった日本盤DVD。VAPはいくつかのタイトルを日本独自にDVD化してきていましたが、このタイトルは未DVD化でした。このリマスタリング盤が本邦初登場のDVDとなります。リリースまでに時間をかけたので、ジョン・ロードのオーディオ・コメンタリーが全て日本語化されているのが嬉しいですね。ただ、"Intro"でのナレーションや、ジョンとマルコム・アーノルドの会話などには字幕がつきません。これらの日本語字幕を見てみたいという向きには、東映ビデオかVAPがリリースしたVHSやレーザー・ディスクを探してみてください。


USA Eagle EV 30030 9 : [Concerto For Group And Orchestra]


ジャケット画像 ジャケット画像

DVD : NTSC : Region 0
  1. Intro
  2. First Movement : Allegro
  3. Second Movement : Andante
  4. Third Movement : Vivace – Presto

PAL盤のリリース後、しばらくしてから登場したアメリカ盤。当時のEagleレーベルは、リージョンが「1」のディスクが多く、このタイトルもそうじゃないかと思いつつ入手したところ、リージョン・フリーだったのにはちょっと驚いたのを憶えてます。内容はPAL盤と同じですが、レーベルが異なり、付属のブックレット表紙のデザインをレイアウトしたものになっています。DVD化されたタイトルにはVHSやレーザーディスクより観辛くなっていたりするものもありますが、これらのDVDはマスタリングが優れているということなのか、VHSやレーザーよりも鮮明な画質に仕上がっており、DVD化されてよかったなとゆーものになっています。


JP VAP VPLR 70620 : [Concerto For Group And Orchestra]


ジャケット画像

Laser Disc : NTSC
  1. Intro
  2. First Movement : Allegro
  3. Second Movement : Andante
  4. Third Movement : Vivace – Presto

発売権がまたまた移動し、今度はVAPからのリリースになった日本盤レーザーディスク。1997年3月頃のリリースらしいです。ジャケットのデザインが一新されています。ライナーノーツも、酒井康氏が新たに書き下ろしたものがついています。そして、字幕スーパーが復活しました。東映版とは違うものを新たに起しています。第二楽章の歌詞はやはり字幕にはなりませんでした。色調はパイオニアLDC版に近いです。字幕が復活したため、画質はパイオニアLDC版と比較するとややシャープさに欠ける面があります。

ジャケット画像


JP Pioneer LDC SM 035 3414 : [Concerto For Group And Orchestra]


ジャケット画像

Laser Disc : NTSC
  1. Intro
  2. First Movement : Allegro
  3. Second Movement : Andante
  4. Third Movement : Vivace – Presto

発売権がVAPに移動する直前、1995年にパイオニアLDCから再発された日本盤レーザーディスク。定価はほとんど変わらず、3,500円で、ライナーや字幕など、内容にも変更はありません。ジャケットの変更もありませんが、帯がたすき帯から掛け帯になっています。

ジャケット画像


JP Pioneer LDC PILP 2020 : [Concerto For Group And Orchestra]


ジャケット画像

Laser Disc : NTSC
  1. Intro
  2. First Movement : Allegro
  3. Second Movement : Andante
  4. Third Movement : Vivace – Presto

発売権が東映からパイオニアLDCへと移動して再発された日本盤レーザーディスク。正確な発売年はわかりません。おそらく1980年代末ではないかと思います。ジャケットは同じフォトを使用していますが、全体のカラーが異なるため、雰囲気が東映盤と異なっています。ライナーノーツは東映版と同じものが使われています。ただ、字幕がなくなりました。そのせいかどうか、画質に若干シャープさが加わったように思います。色身も東映版より自然に見え(あくまでも私の感想なので、そうは思わない方も当然おられることと思います)、自分としては三社から出ている日本版の中では、パイオニアLDC版の画質が一番好みに合いました。

ジャケット画像


JP Toei TE 0062 : [Concerto For Group And Orchestra]


ジャケット画像

Laser Disc : NTSC
  1. Intro
  2. First Movement : Allegro
  3. Second Movement : Andante
  4. Third Movement : Vivace – Presto

このタイトルで初めて登場した日本盤レーザーディスクです。レーベルは東映ビデオになります。リリースは1985年あたりかと思われます。ライナーノーツは森岳史氏が書かれています。冒頭の短いドキュメンタリー部分に、字幕がつけられています。第二楽章の歌の部分には、残念ながら字幕はつきませんでした。この字幕をかぶせたためか、画質はややシャープさに欠けるきらいがあるように思います。

ジャケット画像


JP VAP VPVR 60824 : [Concerto For Group And Orchestra]


ジャケット画像

VHS : NTSC
  1. Intro
  2. First Movement : Allegro
  3. Second Movement : Andante
  4. Third Movement : Vivace – Presto

発売権がまたまた移動し、今度はVAPからのリリースになった日本版VHS。1997年3月頃のリリースらしいです。ジャケットのデザインが一新されています。ライナーノーツも、酒井康氏が新たに書き下ろしたものが、ジャケット裏に印刷されています。そして、字幕スーパーが復活しました。東映版とは違うものを新たに起しています。第二楽章の歌詞はやはり字幕にはなりませんでした。色調はパイオニアLDC版に近いです。字幕が復活したため、画質はパイオニアLDC版と比較するとややシャープさに欠ける面があります。