JP Universal UIBY 1017 : [The Final Cut]


ジャケット画像 ジャケット画像

DVD : NTSC Region 2
  1. Spotlight Kid
  2. Death Alley Driver
  3. I Surrender
  4. All Night Long
  5. Can’t Happen Here
  6. Difficult To Cure
  7. Can’t Let You Go
  8. Power
  9. Since You Been Gone
  10. Stone Cold
  11. Street Of Dreams

2001年、発売会社をユニバーサルに移してリリースされた再発盤。構成はポリグラム盤とまったく変わっていません。てことでやはり見所は字幕。あ、帯の文章はやや常識的になってます (^^;。


JP PolyGram POLP 1602 : [The Final Cut]


ジャケット画像

Laser Disc : NTSC
  1. Spotlight Kid
  2. Death Alley Driver
  3. I Surrender
  4. All Night Long
  5. Can’t Happen Here
  6. Difficult To Cure
  7. Can’t Let You Go
  8. Power
  9. Since You Been Gone
  10. Stone Cold
  11. Street Of Dreams

発売会社をポリグラムに移し、1995年にリリースされたレーザー・ディスク。ジャケット・デザインが変更されています。なぜか画質がパイオニア盤よりもシャープさというか、生々しさというか、そのあたりの質感が欠けているように感じます。

ジャケット画像


JP Pioneer LDC SM 035 3333 : [The Final Cut]


ジャケット画像

Laser Disc : NTSC
  1. Spotlight Kid
  2. Death Alley Driver
  3. I Surrender
  4. All Night Long
  5. Can’t Happen Here
  6. Difficult To Cure
  7. Can’t Let You Go
  8. Power
  9. Since You Been Gone
  10. Stone Cold
  11. Street Of Dreams

パイオニアLDCに社名変更されてからリリースされた再発盤。ジャケット・デザインは従来どおりです。デジタル音声がつけられるようになりました。

ジャケット画像


JP Laserdisc Corp SM 058 3049 : [The Final Cut]


ジャケット画像

Laser Disc : NTSC
  1. Spotlight Kid
  2. Death Alley Driver
  3. I Surrender
  4. All Night Long
  5. Can’t Happen Here
  6. Difficult To Cure
  7. Can’t Let You Go
  8. Power
  9. Since You Been Gone
  10. Stone Cold
  11. Street Of Dreams

正確な発売年月日はわかりませんでしたが、1986年頃にリリースされた、おそらく日本初発売となるレーザー・ディスク。アルバム"Finyl Vinyl"のジャケットを模したデザインが秀逸。まだデジタル音声はついてないフォーマットとなっています。

ジャケット画像


JP PolyGram POVP 1602 : [The Final Cut]


ジャケット画像 ジャケット画像

VHS : NTSC
  1. Spotlight Kid
  2. Death Alley Driver
  3. I Surrender
  4. All Night Long
  5. Can’t Happen Here
  6. Difficult To Cure
  7. Can’t Let You Go
  8. Power
  9. Since You Been Gone
  10. Stone Cold
  11. Street Of Dreams

1995年、ポリグラムよりリリースされたVHSカセット。ジャケットが変更され、透明な簡易ケースにパッケージされたものになっています。同体裁でリリースされた"Live Between The Eyes"は、コピー・ガードがかかっていましたが、こちらはそのような処理はされていません。しかし、レーザー・ディスクと同様、パイオニア盤よりも若干画質は落ちているように思います。


USA RCA [60609] : [The Final Cut]


ジャケット画像 ジャケット画像

VHS : NTSC
  1. Spotlight Kid
  2. Death Alley Driver
  3. I Surrender
  4. All Night Long
  5. Can’t Happen Here
  6. Difficult To Cure
  7. Can’t Let You Go
  8. Power
  9. Since You Been Gone
  10. Stone Cold
  11. Street Of Dreams

アメリカでリリースされたVHSカセット。色味にややクセがありますが、かなりしっかりした画質で観ることが出来ます。


JP Universal UIBO 1113/14 : [Live Between The Eyes c/w The Final Cut]


ジャケット画像 ジャケット画像

DVD : NTSC Region 2
Disc 1 : Live Between The Eyes: アングル・A

  1. Over The Rainbow
  2. Spotlight Kid
  3. Miss Mistreated
  4. Can’t Happen Here
  5. Tearin’ Out My Heart
  6. All Night Long
  7. Stone Cold
  8. Power
  9. Blues Interlude
  10. Difficult To Cure (Beethoven’s Ninth)
  11. Long Live Rock’n’Roll
  12. Smoke On The Water

Disc 2 : The Final Cut

  1. Spotlight Kid
  2. Death Alley Driver
  3. I Surrender
  4. All Night Long
  5. Can’t Happen Here
  6. Difficult To Cure
  7. Can’t Let You Go
  8. Power
  9. Since You Been Gone
  10. Stone Cold
  11. Street Of Dreams

2006年にリリースされた日本盤DVDの初回プレスです。酒井康氏が執筆したライナーノーツが掲載されています。何度かリイシューされていますが、基本的には同じマスタリングと考えて良いでしょう。ディスクの収納の仕方がEU盤と異なり、1枚目はケースから独立したトレイに収納されています(説明しにくいなー、こーいうスタイルのケースって名前はねーのか?)。収録内容はEU盤と同一で、画質も変わりありません。特に"Live Between The Eyes"に関して、日本では従来から「アングル・B」が主流だっただけに、日本盤はもしかしたら……とも思ったのですが……。これから先、「アングル・B」は世界的に埋もれていってしまう流れになるのでしょうか?