Stranger In Us All -Electric Press Kit-


収録作品
現時点ではなし

Rainbowの映像で、テレビ出演時のパフォーマンスと思われるものは、現在オフィシャルでリリースされるようになった、"Don Kirshner’s Rock Concert"が主なもので、他の映像の存在は未確認です。また、プロモーション・ビデオ・クリップには、後にパッケージ・リリースされたバージョンと、テレビで放送されたりしたバージョンが異なっているものがありますが、それらに関する情報は"Promotion Clips"を参照してください。

再編成Rainbowの映像は、きちんとしたオフィシャル・リリースはまだされたことがありません。これは、1995年のRitchie Blackmore’s Rainbowのアルバム"Stranger In Us All"リリース時に作られたもので、10分ほどのモノクロ映像です。インタビュー中心の映像で、答えているのはリッチーとドゥギーの2人です。後にライヴでもやる事になるトラッド・ソングのセッションや、ほんの冒頭だけですが、"Ariel"のアコースティック・ヴァージョンが聴けます。


Ariel


収録作品
現時点ではなし

"Stranger In Us All"アルバムリリース時に作られたプロモーション・ビデオです。シングル・エディットのヴァージョンが使われており、Electric Press Kitでも使われていたモノクロのシーンが出てきます。アルバム・ジャケットのイメージで、荒野でギターを弾くリッチーと、一人で歌うドゥギーのシーンで構成されています。


Hunting Humans (Insatiable)


収録作品
現時点ではなし

同じく"Stranger In Us All"からのプロモーション・ビデオです。なんとなく、 Zepの映画「永遠の詩」にでてくる、「ノー・クウォーター」のシーンを思い起こさせるような演出になっています。途中で、 Deep Purpleの"Black Night"のプロモから、リッチーがギターソロをキメているシーンが挿入されています。


Since You Been Gone


収録作品

"Down To Earth"アルバムより。Rainbowの本格的なプロモーション・フィルム第一号と言って良いと思います。ジェームズ・ディーンみたいな(ほめすぎってか(^^;) )グラハムの演技が光る(笑 )プロモです。これにも違うヴァージョンがありまして、エンディングのコーラスがレコードと違い、掛け合いになっているものがあります。このミックスが使われたプロモは商品化されておらず、プライベートで出回っているエア・チェック版を入手するしかありません。


All Night Long


収録作品

"Down To Earth"アルバムより。Rainbowの演奏シーンの合間に、おねーちゃんが踊っているという有りがちなパターンですが、実はこのプロモには違うヴァージョンがあります。おねーちゃんの出てくるカットの替わりに、Rainbowのライヴシーンを挿入した作りになっていて、リッチーのカッコいいアクションが堪能できるものになっています。噂によると、このライヴシーンを挿入したヴァージョンはテレビ放送の際の検閲済ヴァージョンらしいです。あちらのコードは厳しいとは聞きますが、ホントかいな?このヴァージョンは商品化されておらず、プライベートで出回っているエア・チェック版を入手するしかありません。


I Surrender


収録作品

"Difficult To Cure"アルバムより。サイレンが印象に残ります。このアルバムまでのRainbowのプロモといえば、この映像に代表されるように演奏シーンがメインのものが主でした。今となっては面白みに欠けると思う人もいるでしょうが、ビデオが普及しておらず、動いているリッチーを観る機会がなかなかなかった頃にとっては、これだけでも感涙ものだったのです。


Can’t Happen Here


収録作品

"Difficult To Cure"アルバムより。サイレンが印象に残ります。このアルバムまでのRainbowのプロモといえば、この映像に代表されるように演奏シーンがメインのものが主でした。今となっては面白みに欠けると思う人もいるでしょうが、ビデオが普及しておらず、動いているリッチーを観る機会がなかなかなかった頃にとっては、これだけでも感涙ものだったのです。