EU Universal [602567519270] : [Burn]


ジャケット画像

2018年9月にリリースされたEU盤アナログ・リイシュー。ユニヴァーサルはかつて[The Vinyl Collection]というボックス・セットでPurple Records以降のDeep Purpleのバック・カタログをリリースしていましたが、今回は[The Vinyl Collection]に含まれていたスタジオ盤5作にライヴ・アルバム3作を加えた全8作をパープルカラーのレコードで一気にリイシューしました。

ジャケット画像
ジャケット画像

レーベル。盤はクリア・ヴィニールなのでまずは合格。ステッカーに書かれてるキャッチが本当ならばオリジナル・テープをアビィ・ロード・スタジオでリマスタリングしたということですが、テープってなに?マスターリールなのかデジタルマスターなのか。ちなみにMP3ファイルのダウンロード・カードが添付されています。ここ10年ほど、「レコードにデジタル音源をつける」スタイルのパッケージが多いですが、近年はストリーミング主流になりファイル配信も廃れつつあるということで、こういうスタイルもだんだんと減っていくような気がします。

ジャケット画像


USA Warner Brothers W 2766 : [Burn] (Promo)


ジャケット画像

こちらはラジオ局への配付用にプレスされたプロモーション盤。丸いプロモーション・ステッカーが貼られて……いないな(笑)あの丸いステッカーは意外と剥がれやすいです。経年変化で糊が効かなくなるんですね。ペロッと剥がれちゃって、ステッカーだけジャケの中に入ってたりするのがあります。

ジャケット画像
ジャケット画像

レーベル。第1期のバーバンク仕様の白レーベルとなります。Deep Purpleのワーナー・ブラザーズ盤では、おそらく最後の白レーベル・プロモだと思います。

ジャケット画像


JP Warner Music Japan WPCR 17192 : [Burn]


ジャケット画像 ジャケット画像

2016年4月、Deep Purpleは来日公演を行ったり「ロックの殿堂」入りをしたりと露出の機会が多い時期であったため、日本のレコード会社では各種パッケージのリリースラッシュが起こります。これもその一環として登場したアイテムで、2005年にリリースされていた30周年記念盤の再発となります。よって、内容についてはEU盤CDの記事を参照してください。今回のリリースにあたっては盤がSHM-CDでのプレスになったこと以外の変更は無いように思います。あ、お安くなってますね、若干(笑)


USA FridayMusic FRM 2766 : [Burn]


ジャケット画像

2011年1月に発売された再発盤。リリースしたのはワーナーからライセンスを受けたFridayMusicというレーベルで、アメリカ・プレスとなっています。そのため、音源はアメリカ盤に準拠したもの、レーベルもワーナーのバーバンク・ラベルを模したものとなっています。

ジャケット画像
ジャケット画像

……グリーン・ラベルよりは良い感じの仕上がりで、レーベルの住所部分がバーバンクではなく、FridayMusicのあるSurf Cityになっているのが面白いところ。Joe Reogosoというエンジニアがカッティングした重量盤のプレスによる高音質盤となっています。

音の印象はオリジナル・ワーナー盤の面影が残るもので、デジタルっぽい雰囲気も感じますが、そのあたりは私の錯覚かもしれません。それなりに聴ける音でし(・∀・)

ジャケット画像


JP Warner Pioneer P 8419W : [Burn]


ジャケット画像

第3期Deep Purpleのお披露目となったアルバム、1974年3月にリリースされた日本盤。これが日本での初回盤となります。掲載した盤の帯の価格表示は2,300円ですが、当初からこの定価表示だったのかは未確認です。2,000円で出荷されたことは、おそらくないんじゃないかとは思っていますが、とにかく未確認です(笑)

ジャケット画像
ジャケット画像

レーベル。イギリスのPurple Records原盤ですが、米Warner Brothers経由のリリースのため、同レーベルのバーバンク・レーベルが用いられています。後のアルバムからは、Purple Recordsのシンボルが加刷されるようになりますが、当アルバムではまだそのような措置はされていません。加刷されるようになるのは値上げ再発からです。

ジャケット画像

米盤に添付されていたものと同様の歌詞カードが封入され、ライナー・ノーツが掲載されています。このアルバムから、日本盤でも原盤レーベルを示すPurple Recordsのロゴが裏ジャケットに加刷されるようになりました。ロゴ・マーク自体の形状は、アメリカ盤に加刷されているものと、大きさが微妙に違います。

ジャケット画像


USA Rhino R2 74641 : [Burn]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Burn
  2. Might Just Take Your Life
  3. Lay Down, Stay Down
  4. Sail Away
  5. You Fool No One
  6. What’s Going On Here
  7. Mistreated
  8. "A" 200
  9. Coronarias Redig
  10. Burn (2004 Remix)
  11. Mistreated (2004 Remix)
  12. You Fool No One (2004 Remix)
  13. Sail Away (2004 Remix)

2005年にリリースされたアメリカ盤。Warner Brothersからのライセンスを受けて、Rhinoレーベルからの登場となりました。スリップ・ケースはつかないものの、付属のブックレットを含めた基本的なパッケージは、EU盤と同様です。


JP Warner Music Japan WPCR 12019 : [Burn]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Burn
  2. Might Just Take Your Life
  3. Lay Down, Stay Down
  4. Sail Away
  5. You Fool No One
  6. What’s Going On Here
  7. Mistreated
  8. "A" 200
  9. Coronarias Redig
  10. Burn (2004 Remix)
  11. Mistreated (2004 Remix)
  12. You Fool No One (2004 Remix)
  13. Sail Away (2004 Remix)

2005年になってワーナーよりリリースされた日本盤。ジャケット・デザインからブックレットまで、オリジナルのEU盤を踏襲したパッケージになっています。新たに付け加えられたのは、ブックレットの日本語訳です。VAPからリリースされた数々のアルバムが、オリジナル盤添付のブックレットをことごとく無視していただけに、この配慮は嬉しいところです。日本語ブックレットを収納する分だけ、ケースの厚みが増しています。おかげでスリップ・ケースから出しにくくなっていますが、ご愛敬ってことで。欲を言えば、ブックレットの全訳に加えて、やはり日本人の手になる解説もつけて欲しかったところ。リリースから30年という時間が過ぎ、当時の体験者の年齢が高くなってきていますし、当時の日本の状況が後追いの人たちにも把握出来るような読み物がそろそろ必要とされる時代になってきていると思います。ディスクそのものは、EU盤とまったく同じプレスと思われます。パソコンでマウントすると、両者ともまったく同じディスクとして認識されます。