EU EMI [724347359224] : [Burn]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Burn
  2. Might Just Take Your Life
  3. Lay Down, Stay Down
  4. Sail Away
  5. You Fool No One
  6. What’s Going On Here
  7. Mistreated
  8. "A" 200
  9. Coronarias Redig
  10. Burn (2004 Remix)
  11. Mistreated (2004 Remix)
  12. You Fool No One (2004 Remix)
  13. Sail Away (2004 Remix)

ロジャーが制作から降りて、リリースされるまでにかなりの時間を要したアルバムです。降りた理由がいまひとつ明確でなかったような気がするのですが、まあ、過ぎたことを言っても仕方がないので、リリースされたのはめでてぇな、ということでひとつ。

ライナーには Nigel Young氏が執筆した詳細なバイオが書かれており、じっくり読めば新たな発見があります。第2期 Deep Purpleの終わりから、ラインナップが揃い、レコーディングの詳細、アルバムリリースからツアーまで、"Burn"アルバムに関する一部始終を捉えたものになっています。未発表テイクは収録されていませんが、今回のリマスター作成にあたり、リハーサルを収録したカセットが発見されるなどの収穫もあったようです。将来、それらが発表されることがあるのかどうかは不明ですが、聴いてみたいものではあります。

Coronarias Redig (シングル・リリース)
1973年12月に行なわれた第3期Deep Purpleの北欧ウォーム・アップ・ツアーの最中に、スウェーデンでレコーディングされ、イギリスでは"Might Just Take Your Life"とのカップリングでシングルとして発表されました。アメリカでも"Burn"とのカップリングでリリースされましたが、日本では1993年に発表されたボックス・セット"Purple Chronicle"までリリースはされていません。
インストゥルメンタル・ナンバーですが、もともとヴォーカルを入れる予定でセッションは進んでいたようです。しかし、カヴァーディルはサビの部分のコーラスをいれるのに精いっぱいで、うまく歌メロを乗せられなかったらしく、リッチーがギターを弾いてある程度曲らしく仕上げたという話です。今回のリマスターでは、ギターに新たなエコーを付け加えたりして、雰囲気を若干変えたリミックス・ヴァージョンが収録されています。
Burn (2004 Remix)
Mistreated (2004 Remix)
You Fool No One (2004 Remix)
Sail Away (2004 Remix)
Coronarias Redigをふくむ、これらのトラックは、ミックス・ダウン前の16チャンネル・マスターから、新たにリミックスされたモノとなっています。特に興味深いものはありませんが、妙なエコーがかかったり、各楽器のバランスが微妙に異なっていたり、けったいなSeがアタマについていたりします。あまりいい趣味のリミックスには思えません。

JP Warner Music Japan WPCR 872 : [Burn]


ジャケット画像 ジャケット画像

1996年、ワーナー・パイオニアから社名変更をした、ワーナー・ミュージック・ジャパンからリリースされたリマスター盤になります。当時漏れ聞いた話によれば、日本側はリマスターに積極的だったものの、Warner Brothersは乗り気でなく、結局日本独自でのリマスタリングになったようですが、これもうろ覚えの茶飲み話なので、本気に取られると困るなーと。リマスタリングはLee Herschbergというエンジニアが手掛けたとされていて、このリマスターは日本でのみ流通しているもの……だと、思うんだけどなー(^^;

このリマスター・シリーズ、当初はここに掲載した、通常のCDケースに収められたパッケージでリリースされましたが、1998年に紙ジャケットでリリースされたのを皮切りに、帯を再現したり、UK盤ジャケットを再現したり、SHM-CDにしたり、なんだりかんだり、いーかんげんにしろよと言いたくなるくらい何度も何度もリリースされています。1年に2回くらいづつ再発があるよーな錯覚に陥りますが(ばく)、音源自体は変わらないので、日本独自のリマスターとは言っても、どれか一つ聴いてれば十分かと思います。全部聴きたい、という人を止めるつもりはさらさらありませんが(汗


JP Warner Pioneer 32XD 899 : [Burn]


ジャケット画像 ジャケット画像

日本ではDeep Purpleのバック・カタログは番号を変えたりなんだりして、繰り返しリリースされ続けています。当初リリースされていた盤(旧規格盤と呼ばれることもあります)でも、何度か番号の変更を伴う再発がされています。

ワーナーでは一部のアルバムを除いて、Forever Youngというシリーズで大半のカタログを初CD化していますが、当"Burn"アルバムは、Forever Youngシリーズの前に"In Rock"や"Machine Head"とともにCD化されました。年代は……1987年くらいですか?よく知りません(^^;

基本的な体裁はアメリカ盤と全く同じで、酒井康氏が執筆したライナー・ノーツを収録したリーフレットが添付されています。対訳はつきませんが、歌詞も掲載されています。


UK EMI CDP 7 92611 2 : [Burn]


ジャケット画像 ジャケット画像

1980年代にリリースされたイギリス盤CD。アナログ盤に添付されていた歌詞カードは再現されておらず、少々寂しいパッケージとなっています。……が、UK盤にはもともと歌詞カードついてないし、これはこれで再現度高いってことですか(笑)。情けないですが(ばきっ★)

当アルバムに限ったことではありませんが、プレスされた時期によってディスク内周の刻印に違いが見られます。手元には[SWINDON]というクレジットがあるものとないもの、2種類あります。The BeatlesなどではSWINDONが刻印されているものが何故か人気があります。SWINDONというのは地名でCDのプレス工場があった場所なのですが、この時代になるとECとかEUとかいう話になってくるため、イギリス国内でプレスされたことが明らかなSWINDON盤に人気が集まるようです。ただ、SWINDONでプレスし始める前、1980年代末までは、イギリス盤でもSWINDONの刻印はありません。そちらに進むとまたいばらの道が待っていそうなので踏み込んだことはありません。手元のSWINDONクレジット無しの盤を見ても、やっぱりわかんないし(笑)。ただ、レーベルのプリントの精度がSWINDON盤に比較するとやや荒いかな、とも思えますが、これが何を意味するかも、知りません(わはは)音はたぶん、どれも一緒です(ばく)


JP Warner Pioneer P 10104W : [Burn]


ジャケット画像

1977年に、悪名高い「値上げ再発」されたワーナー・パイオニア盤。盤面のマトリクスを見ると、原盤番号は「P 10104W」になっており、[Machine Head]と並び、再発にあたってリカッティングが行なわれた、数少ないアルバムの一枚となっています。

ジャケット画像
ジャケット画像

レーベル。初回盤のバーバンク・ラベルと異なる、盾ロゴに変更が加わった後期バーバンク・ラベルになっています。初回盤にはなかったPurple Recordsのロゴが加刷されるようになりました。

ジャケット画像


USA Warner Brothers W 2766 : [Burn]


ジャケット画像

1974年3月にリリースされたアメリカ盤です。体裁はイギリス盤と同じ、シングル・ジャケット。

ジャケット画像

裏ジャケット。こちらもイギリス盤と同様です。前作では英米で異なっていたジャケット・デザインも、今回は統一されたわけですが、パッケージ全体が統一されたのかというと、決してそんなことはなく、付属物に相違点が出ています。ややこしいな(^^;

ジャケット画像

これがその付属物。アメリカ盤に付属していた、歌詞が書かれたインサート。イギリス盤には付属しません。

ジャケット画像
ジャケット画像

レーベル。レーベル下部のクレジットが短い、シンプルな第1期のバーバンク・レーベルになります。そして、イギリス原盤であることを示す、Purple Recordsのロゴが加刷されています。Deep Purpleのアメリカ盤で、バーバンク・レーベルで最初にリリースされたのは[Made In Japan]でしたが、ロゴマークが加刷されたレーベルは存在しません。