JP Universal UCCG 7083 : [Famous Guitar Music]


ジャケット画像

Narciso Yepess
  1. Jeux Interdits
  2. Recuerdos De La Alhambra
  3. The King Of Demmark’s Galliard
  4. Au Clair De La Lune
  5. Gavote En Rondeau
  6. Danza Espanola – Villanesca
  7. Malaguena
  8. Columpio
  9. En Tierras De Jeres
  10. Entre Oliveres
  11. Asturias – Leyenda
  12. Rumores De La Caleta
  13. Pavana
  14. Sonata In A Major
  15. Danza Espanola – Andaluza
  16. La Filla Del Marxant
  17. Danza Del Molinero
  18. Variations On A Theme Of Die Zauberflote

ナルシソ・イエペスのベスト・アルバム。これ一枚でリッチーが引用したクラシック・ナンバーを何曲か耳に出来るので、とっかかりとしてはお薦めのアルバムです。

Blackmore’s Nightのセカンドアルバムに収録されている"Spanish Nights (I Remember It Well)"の原曲として、ライナーでは「日本ではマラゲーニャのタイトルで知られている」と出てくるのですが、日本で知られている「マラゲーニャ」とタイトルがつく曲というと、私にはこれくらいしか思い当たりませんでした。あとはトリオ・ロス・パンチョスが昔リリースしたシングルくらい。

「マラゲーニャ」というのはフラメンコの曲形式の一つですが、ここで聴かれるものも、Blackmore’s Nightの曲も、フラメンコでいうところの「マラゲーニャ」とはテンポもリズムも異なります。また、Blackmore’s Nightで聴かれる、あのアップテンポのアルペジオがこのイエペスの演奏でも聴けると思われると、それもちょっと違います。アルペジオは確かにありますし、コード進行も同じような感じなので、これが原曲としても差し支えないような気はするのですが。この曲が書かれたさいのエピソードなどインタビューで読む限り、フラメンコのほかの曲形式にも触発されたのではないかと思います。気になる方はサビーカスやパコ、トマティートなどのアルバムを聴いてみてください。このアルバム自体はクラシック・ギターの名曲を一気に聴けますし、Deep Purpleで引用されている曲もあったりしますので、お薦めです。


JP BMG BVCD 38079/80 : [Sonatas & Partitas for Solo Violin]


ジャケット画像

Sigiswald Kuijken
  1. Partita No.2 – Allemande
  2. Partita No.2 – Courante
  3. Partita No.2 – Sarabande
  4. Partita No.2 – Gigue
  5. Partita No.2 – Chaconne
  6. Sonata No.3 – Adagio
  7. Sonata No.3 – Fuga
  8. Sonata No.3 – Largo
  9. Sonata No.3 – Allegro Assai
  10. Partita No.3 – Preludio
  11. Partita No.3 – Loure
  12. Partita No.3 – Gavotte en Rondeau
  13. Partita No.3 – Menuet I
  14. Partita No.3 – Menuet II
  15. Partita No.3 – Bourree
  16. Partita No.3 – Gigue

作曲された当時の楽器(古楽器とかピリオド楽器と言われます)を使用して演奏されている「ソナタとパルティータ」全曲。古楽器を使用した歴史的考察による演奏では有名なクイケンの、1981年に行なわれた最初の録音


Germany Grammophon 457 701 2 : [Sonatas & Partitas for Solo Violin]


ジャケット画像

Nathan Milstein
  1. Partita No.2 – Allemande
  2. Partita No.2 – Courante
  3. Partita No.2 – Sarabande
  4. Partita No.2 – Gigue
  5. Partita No.2 – Chaconne
  6. Sonata No.3 – Adagio
  7. Sonata No.3 – Fuga
  8. Sonata No.3 – Largo
  9. Sonata No.3 – Allegro Assai
  10. Partita No.3 – Preludio
  11. Partita No.3 – Loure
  12. Partita No.3 – Gavotte en Rondeau
  13. Partita No.3 – Menuet I
  14. Partita No.3 – Menuet II
  15. Partita No.3 – Bourree
  16. Partita No.3 – Gigue

こちらはリュートに編曲されるもととなった、「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」全曲収録盤。「無伴奏チェロ組曲」とならび、バッハの天才を思い知る事ができる作品です。これは、ミルシテインによって1970年代に録音されたもので、金額的にもお得な2枚組。


JP Teldec WPCS 10661 : [Works For Lute Vol.2]


ジャケット画像

Luca Pianca
  1. E flat major BWV 998 (for Harpsicord) : Prelude
  2. E flat major BWV 998 (for Harpsicord) : Fuga
  3. E flat major BWV 998 (for Harpsicord) : Allegro
  4. Prelude in C Minor BWV 999 (for Lute)
  5. Fugue in G minor BWV 1000 (for Lute)
  6. Suite in E major BWV 1006a (for Lute) : Prelude
  7. Suite in E major BWV 1006a (for Lute) : Loure
  8. Suite in E major BWV 1006a (for Lute) : Gavotte en Rondeau
  9. Suite in E major BWV 1006a (for Lute) : Menuet I
  10. Suite in E major BWV 1006a (for Lute) : Menuet II
  11. Bourree
  12. Gigue

こちらはギター編曲ではなく、バッハ自身が編曲したリュート組曲を収録しています。バッハ没後250年で企画された全集の為の録音


JP Universal UCCG 33458/59 : [The Art Of Segovia]


ジャケット画像

Andres Segovia
Disc 1は省略

  1. Song : If My Complaints
  2. The Frog Galliard
  3. Sarabande
  4. Prelude
  5. Bourree
  6. Courante
  7. Gacotte en Rondeau
  8. Aria e Corrente
  9. Sonata in E Minor
  10. Menuet
  11. Andantino Viriato
  12. 24 Preludes
  13. Canzonetta
  14. Quasi lento
  15. Andantino poco Allegretto
  16. Il Vecchio Castello
  17. Melodie
  18. La Fille aux Checeux de Lin
  19. Pureludes
  20. Leyenda
  21. Zambra Granadina
  22. Estudio sin Luz
  23. Danza de las Hachas

巨匠セゴビア没後15年の節目にリリースされたアルバム。1954年のモノラル録音です。SPでも録音していますが、そちらは未聴。"Hard Rock Meets Classics Vol.2"や"Famous Guitar Music"では、イエペスの演奏を聴く事ができます。