EU EMI [5099967955411] : [The BBC Sessions 1968 – 1970]


ジャケット画像

2011年11月にリリースされたボックス・セット。2枚のLP、2枚のCDをセットにしています。CDは単独でリリースされているものと同内容ですが、1枚づつ紙ジャケットに入れられています。LPはそれぞれ通常のシングル・ジャケットに、BBCトランスクリプション・サービスのジャケットを模したデザインのカスタム・インナーがついた豪華な体裁。レーベルはもちろん、BBCディスクを模したカスタム・レーベル。ブックレットはカスタム・インナーと同じデザインの表紙で、CDに添付されているものと同内容の記述がされた解説、CDよりも大判で見られるフォトの数々が素晴らしい仕上がり。LPの面割りは以下のとおりとなっています。

Disc 1 Side A

  1. Hush (Version One)
  2. One More Rainy Day
  3. Help
  4. And The Address
  5. Hey Bop A Re Bop
  6. Emmaretta
  7. Wring That Neck

Disc 1 Side B

  1. Brian Matthew Interviews Rod Evans
  2. Hey Joe
  3. It’s All Over
  4. The Painter (Version One)
  5. Lalena
  6. The Painter (Version Two)
  7. I’m So Glad
  8. Hush (Version Four)

Disc 2 Side A

  1. Ricochet
  2. The Bird Has Flown
  3. Speed King
  4. Jam Stew (Aka John Stew)
  5. Hard Lovin’ Man
  6. Bloodsucker
  7. Living Wreck

Disc 2 Side B

  1. Jon Lord Interview
  2. Black Night
  3. Grabsplatter
  4. Into The Fire
  5. Child In Time

ジャケット画像


JP Field Music QACT 30007/08 : [The BBC Sessions 1968 – 1970]


ジャケット画像 ジャケット画像

2012年1月にリリースされた日本盤。オリジナル盤の解説全訳と、Purple Collectionの著者である杉山武志氏が執筆されたライナーノーツが掲載された、充実したブックレットが添付されています。盤はPurple Recordsのレーベルを模したピクチャー・ディスク、CDトレイ部分には1972年のパリス・シアターでのステージ・フォトが使われています。


EU EMI [5099967955121] : [The BBC Sessions 1968 – 1970]


ジャケット画像 ジャケット画像

2011年11月にリリースされた、コンピレーション・アルバム。1968年から1970年にかけて行われた、BBCラジオのためのスタジオ・セッションで録音された音源を集大成した2枚組CDとなります。豊富な写真資料とともに充実した解説が掲載されている12ページのブックレット、BBCトランスクリプション・ディスクのレーベルを模したCDディスクなど、充実した仕上がりのパッケージ。

当アルバムに関しては、初めて聴いた日のツイッターで延々とつぶやいておりますので、そちらをご覧頂くのが一番手っ取り早いと思います。最初の20コくらいは適当な戯れ言なので無視してくださりませ(^^; てことで、収録曲は以下のとおり。当アルバムで初登場となるテイクに関しては太字で表示しておきます。

Disc 1

  1. Hush (Version One)
  2. One More Rainy Day
  3. Help
  4. And The Address
  5. Hey Bop A Re Bop
  6. Emmaretta
  7. Wring That Neck
  8. Brian Matthew Interviews Rod Evans
  9. Hey Joe
  10. It’s All Over
  11. The Painter (Version One)
  12. Lalena
  13. The Painter (Version Two)
  14. I’m So Glad
  15. Hush (Version Four)

Disc 2

  1. Ricochet
  2. The Bird Has Flown
  3. Speed King
  4. Jam Stew (Aka John Stew)
  5. Hard Lovin’ Man
  6. Bloodsucker
  7. Living Wreck
  8. Jon Lord Interview
  9. Black Night
  10. Grabsplatter
  11. Into The Fire
  12. Child In Time

Out


ジャケット画像
SQ08

  1. John Stew
  2. Blood Sucker
  3. Wring That Neck
  4. Child In Time
  5. Into The Fire
  6. No No No
  7. Hey Joe
  8. Emmaretta
  9. Lalena
  10. Painter
  11. Ricochet
  12. Emmaretta
  13. Ricochet
  14. Speed King

BBCセッション関係で、CDとしては1番最初にリリースされたものです。1曲目から11曲目までは、下に掲載した"Look What We Found"のオリジナルであるアナログ盤からのコピーです。ピッチがかなり早い上、スクラッチノイズが目立ち、あまりいい音質ではありません。

John Stew
1969年10月31日に収録されたとされている第2期Deep Purpleの未発表曲です。"In Rock"25 Anniversary Editionに、"Jam Stew"なる曲が収録されていますが、この曲のイントロをもってきて、そこに即興の歌詞をつけたものです。ここに収録されているのは、イントロのDJの声がかぶっている部分をカットして、フェイド・アウトで終わっているヴァージョンです。
Blood Sucker
1970年4月21日に収録されたとされている"In Rock"アルバム収録曲です。"In Rock"アルバムの曲は、"Fright Of The Rat"を除いて、全曲BBCテイクが存在します。
Wring That Neck
1969年1月14日に収録されたとされている"Book Of Taliesyn"アルバム収録曲です。ライヴではロング・ヴァージョンで演奏されていましたが、ここではコンパクトにまとめられています。ただ、現在聴くことが出来るこの曲は、すべてギターのフリーソロのところでカットされていて、エンディングを聴くことが出来ません。
Child In Time
"In Rock"アルバム収録曲です。この曲は1969年8月、1969年9月、1970年9月の3回、BBCで収録されていますが、このテイクがどのセッションで収録されたものなのかは特定できません。おそらく1969年9月か、1970年9月のどちらかのセッションだと思われますが、中間のソロパートが、ライヴで聴けるアレンジになっていて、テンポアップしている部分でもジョンのオルガンソロを聴くことが出来ることから、1970年9月23日に収録されたテイクである可能性が1番高いと思われます。
Into The Fire
"In Rock"アルバム収録曲です。この曲は1970年9月23日に"Child In Time"などと一緒に演奏されています。
No No No
"Fireball"アルバム収録曲です。これはBBCでのセッションではなく、ドイツのTv番組、"Beat Club"での演奏です。詳しくはビデオグラフィのページをご覧ください。ここで聴ける物はイントロのジャムが少し短く、全体的にピッチが遅いです。ところどころテープのヨレもあります。
Hey Joe
1969年1月14日に収録されたとされている"Shades Of Deep Purple"アルバム収録曲です。ほとんどアルバムと同様のアレンジになっています。音質は悪いですが、スパニッシュ・イントロが聴けるのはこのテイクだけです。
Emmaretta
3rdアルバム"Deep Purple"時にレコーディングされたシングル曲です。このアルバムには"Emmaretta"がもう1回収録されていますが、それと比べるとこちらはイントロの収録時間は長いですが、ピッチがかなり早いです。"Emmaretta"はBBCでは1969年1月と1969年2月の2回レコーディングされていますので、この2つのテイクが収録されていると考えることも出来ますが、演奏を聴き比べるとリッチーのギターなども同じプレイのニュアンスが聴きとれますし、この2つは同じテイクと考えたほうがよさそうです。
Lalena
1969年6月30日に収録されたとされている"Deep Purple"アルバム収録曲です。このアルバムがリリースされた時には、すでにメンバーは第2期のラインナップになっていたので、このアルバムの曲がライヴプレイされたことはないと考えられるので、ここで聴ける演奏は貴重です。
Painter
"Lalena"と同じく、1969年6月30日に収録されたとされている"Deep Purple"アルバム収録曲です。
Ricochet
Speed Kingの原形とも言える曲で、歌詞が全く違う物です。1969年のライヴCD"Crash Landing"に収録されているアムステルダムでのライヴでは、ギランは"Kneel And Pray"と紹介していますし、これが正しいタイトルのようです。しかし、なぜかアナログ時代からこのBBCでのテイクは"Ricochet"と呼ばれています。ここでは、イントロがやや短く、後半フェイド・アウトしてしまいます。
Emmaretta
イントロが切れていますが、8曲目に収録されているものと同じテイクです。こちらの方がピッチは正常に近い様です。
Ricochet
11曲目と同じテイクですが、こちらの方がイントロが短く、不完全なヴァージョンになってしまっています。
Speed King
1969年10月31日に収録されたとされている"In Rock"アルバム収録曲です。ジョン・ロードがハモンドではなくピアノを使用しています。サビでもコーラスが入るなど、第1期のイメージを引きずったアレンジになっています。このアレンジはオフィシャルでもレコーディングされ、このテイクはメキシコなどの国でシングルやEpとしてリリースされています。現在、"In Rock"25周年盤で聴くことが出来ます。ここに収録されているのは、イントロがややカットされているものです。

BBC Radio Tracks ’69-’70


ジャケット画像
IU 9429-1

  1. Hey Joe (14 January 1969)
  2. Emmaretta (14 January 1969)
  3. Wring That Neck (14 January 1969)
  4. Emmaretta (11 Febuary 1969)
  5. Lalena (24 June 1969)
  6. The Painter (24 June 1969)
  7. Ricochet (11 August 1969)
  8. Child In Time (25 September 1969)
  9. John Stew (31 October 1969)
  10. Speed King (31 October 1969)
  11. Blood Sucker (21 April 1970)
  12. Into The Fire (Date Unknown)
  13. No No No (Date Unknown)
  14. Ricochet (Date Unknown)

ほとんど"Out"と同内容のCDです。このCDの裏ジャケ及びブックレットには、各曲が録音された日と思えるものがクレジットされています。BBCでは2回以上録音されている曲も多く、どこまで信用していいかわからないのですが、ちょっと載せておきます。すべて"Out"に収録されているものと同じテイクですが、こちらに収録されている物のほうがいくぶん聴きやすいです。


Look What We Found …


ジャケット画像
No Number
(Ritchie’s Box)

  1. John Stew
  2. Bloodsucker
  3. Wring That Neck
  4. Child In Time
  5. Into The Fire
  6. No No No
  7. Hey Joe
  8. Emmaretta
  9. Lalena
  10. Painter
  11. Ricochet

上記2枚のCDは、おそらくこのCDのオリジナルである、アナログ盤をもとネタとしている部分が多いです。1980年代にリリースされたもので、当時日本ではBBCのスタジオセッションというものがどういったものだったのかという認識は、ブートレッグやテープトレードなどで音源を収集していた人たち以外の間ではあまり一般的ではなく、また、ブートレガーのクレジットも曖昧なものが主流だったため、これらの音源がアルバムのアウト・テイクと考えられていたこともありました(ってぇか、そういう莫迦ってわたしだけっすか(T_T))
このCDは、アナログ・ブートレッグを盤起こしで復刻したもので、"Ritchie’s Box"としてリリースされたボックス・セットの1枚です。このボックス・セットは現在 The Beatlesなどで行なわれているような丁寧な盤起こしは行なっておらず、あまり聴きやすいものではありませんが、"Hey Joe"がスパニッシュ・イントロつきなのがポイントです。これ以外の収録曲については、現在であればオフィシャル盤に収録されているテイクで十分でしょう。


BBC Stew


ジャケット画像
N-004

  1. Intro
  2. Interview / Hey Joe
  3. Hey Boppa Re Bop
  4. Emmaretta
  5. The Bird Has Frown
  6. Ricochet
  7. Speed King
  8. John Stew
  9. Hard Loving Man
  10. Blood Sucker
  11. Living Wreck
  12. Into The Fire
  13. Black Night
  14. Black Night (Ii)
  15. Grabsplatter
  16. Child In Time
  17. Strange Kind Of Woman

"BBC Radio Tracks ’69-’70"が出る、少し前にリリースされたものです。これもアナログ盤からコピーされたものですが、これの元になったアナログ盤を私は知りません。DJの声まで完全に入っているところから、トランスクリプション・ディスクから落された可能性があります。かなりスクラッチノイズが激しく、聴きづらいところがありますが、音質そのものはかなり良いです。なによりも、収録曲がほとんどコンプリートで聴ける(DJの声がわずらわしいですが、このDJの曲紹介はかなり洒落ていて面白いです)のがポイントです。

このアルバムには再プレス盤、もしくはプレスCDによるコピー盤が存在します。ここに掲載したジャケットは紫地に白文字のレイアウトですが、再プレス、もしくはコピー盤は白地に紫文字という、逆レイアウトになっているものがあります。

Intro
"Top Of The Pops"の番組テーマにのって、その日の出演アーティストを紹介しています。DJの雰囲気がなかなかいいです。
Interview / Hey Joe
ロッドがインタビューに答えているなかなか珍しい場面のあと、"Out"に収録されている物と同じテイクの"Hey Joe"が始まりますが、ここで聴けるテイクはイントロのスパニッシュ風の部分がまるまるカットされてしまっています。
Hey Boppa Re Bop
未発表曲です。"Emmaretta"ににた雰囲気をもつ曲です。イントロにDJの曲紹介がかぶっていますが、コンプリートの演奏が聴けます。この曲は1969年1月14日と、1969年2月11日の2回収録されたという記録がありますが、ここに収録されているものはおそらく1月14日に"Hey Joe"と一緒に収録されたテイクだと思われます。
Emmaretta
"Out"収録曲と同じテイクです。ハイハットのカウントはありませんが、コンプリートの演奏が収められています。ピッチもほぼ正常ですが、曲紹介の声がかぶるのが惜しい。
The Bird Has Frown
3Rd"Deep Purple"収録曲です。オフィシャルでも、アルバムテイクとシングルテイクはかなり違ったアレンジになっていましたが、このBBCヴァージョンも違うアレンジで聴くことが出来ます。ヴォーカルは、イアン・ギランがとっています。
Ricochet
"Out"に収録されているものと同じテイクですが、イントロがほんの少し長くなっており、ピッチもほぼ正常な状態で聴くことが出来ます。
Speed King
"Out"に収録されているものと同じテイクですが、カウントからコンプリートで収録されています。エンディングの余韻も、しっかり残っています。このヴァージョンは、オフィシャルで聴けるものより、こちらの方がスピード感があってかっこいいです。
John Stew
イントロも切れておらず、エンディングまでコンプリートで収録されています。このCDに収録されているものは、スクラッチノイズがかなり厳しいですが……
Hard Loving Man
1970年4月21日に収録されたとされている"In Rock"アルバム収録曲です。8に輪をかけてスクラッチノイズがひどいですが、ライヴプレイされていないこの曲は貴重なテイクです。キーボードソロの途中でフェイド・アウトしてしまいます。
Blood Sucker
9曲目と同じく1970年4月21日に収録されたとされている"In Rock"アルバム収録曲です。冒頭に再び"Top Of The Pops"のテーマが収録されています。"Out"に収録されているテイクと同一ですが、こちらはイントロからコンプリート収録されています。フェイド・アウトする部分でDJの声がかぶります。
Living Wreck
"In Rock"アルバム収録曲です。この曲は1969年10月と1970年4月の2回BBCセッションで演奏されていますが、ここに収録されているものはおそらく9,10と同時に収録された、1970年4月21日のテイクであると思われます。コンプリート収録ですが、イントロでDJの声がかぶります。しかし、しゃべるタイミングが絶妙で、あまりじゃまには感じません。9からこの11までの曲は、ステージではプレイされておらず、貴重だと思います。
Into The Fire
"In Rock"アルバム収録曲です。またまた"Top Of The Pops"のテーマから始まります。"Out"に収録されているものと同一で、こちらはコンプリートで収録されていますが、やはりDJの声がかぶります。
Black Night
冒頭にジョンのインタビューが収録されています。フェイド・アウトでDJの声がかぶりますが、コンプリート収録です。トラック分けが間違っていて、このトラックはジョンのインタビューのみ、次の"Black Night (Ii)"に曲が収録されています。1970年9月23日に収録されました。ここに収録されたテイクの他にも、ビデオクリップのみで聴かれるテイクも存在しますが、そちらはBBCラジオのセッションではないようです。
Black Night (Ii)
番組のエンディング用に、13のテイクを編集したものです。
Grabsplatter
"In Rock"セッション時に作られた曲で、現在のところこのBBCでのテイクのみ知られています。1970年9月23日、現在確認されているDeep Purple最後のBBCセッションで収録されました。80年頃に英Emiがリリースしたシングル、"New,Live&Rare"シリーズの1枚で初めて発表されました。そのテイクに比べると、イントロがいくぶん短めに編集されています。この曲自体は当時日の目をみずに終わりましたが、この曲や、"John Stew"とも、形を変えて"Slow Train"や"I’M Alone"、リッチーが参加したセッションアルバム"Green Bullfrog"のタイトル曲などにアイデアは生きていきます。
Child In Time
"In Rock"アルバム収録曲です。"Out"収録曲と同じテイクですが、こちらで聴ける物のほうが若干ヌケの良い音になっている気がします。
Strange Kind Of Woman
"Fireball"収録曲ですが、ヨーロッパ盤の"Fireball"には収録されておらず、シングルのみのリリースになっていました。ここに収録されているのは、そのシングルテイクですが、フェイド・アウトがかなり早く、エンディングのギターソロが半分近く聴けなくなっています。