UK Dragon DRGNCD 942 : [Alan Bell / With Bread & Fishes]


ジャケット画像
DRGNCD942

  1. The Ballad Of A Working Man
  2. Spring Song
  3. Skipper On The Shore
  4. Key Above The Door
  5. Windmills
  6. A Sailors Sky
  7. Bread & Fishes
  8. The Lakeland Fiddler
  9. The Boy And The Dream
  10. Fair Stood The Wind
  11. Alice White
  12. Tradewinds
  13. Song For Mardale
  14. So Here’s To You

とにかくこの曲はメロディが美しいわけですが、このメロディを書いたのはジョン・フォードではなく、アラン・ベルという人です。アラン・ベルは1960年代末から1970年代にかけてThe Tavernersというフォーク・グループを結成し、活動していました。"Bread & Fishes"は、この時期に作曲され、The Tavenersのレパートリーとして演奏されていたようです。おそらく、ジョン・フォードはこの時期にこの曲を知ったのではないかと思われます。ここに掲載したThe Allan Bell Bandのアルバムは、1994年にリリースされたアルバムです。オリジナル録音ではありませんが、アラン・ベルの演奏が聴ける唯一のアルバムと思われます。The Tavenersのオリジナル・アルバムは私の知る限りCD化されていません。海外のレコード・ディーラーにたまにThe Taveners名義のアルバムが出ることがありますが、入手する根性はありません(笑)。飛び抜けて美しい声というわけではありませんが、説得力のある歌い方はまた別の感動を呼び起こしてくれます。

"Bread & Fishes"と"Wind In The Willows"を聴きくらべると、歌詞の順番が変わっているのがわかります。原曲の2コーラスめと3コーラス目の前半を入れ替え、名前を訪ねるところの歌詞を若干変更しています。原曲では出会った3人連れの旅人がヨゼフとマリアだったという話になっていますが、Blackmore’s Nightでは「名前は何の意味もなさない」となっています。この部分がキャンディスのソロ・パートになっているのも何かの意味をなしていると考えて良いでしょう。たしかに歌詞は変わっていますが、原曲の持つテーマ、メロディの美しさは損なわれていないと感じます。

このアラン・ベルのアルバム、リッチーが聴いたであろうジョン・フォードのアルバム、Blackmore’s Nightのアルバム、すべて収録位置が7曲目という事には……何の意味もないでしょう(笑)ちなみに聖書の創世記で7日目といえば……


UK No Label Credit CR 1 : [John Ford / Love Is A Highway]


ジャケット画像
CR1

  1. Love Is A Highway
  2. Concrete Jungle
  3. Garden Of Love
  4. See If It’s True
  5. You Made Your Bed
  6. I’ll Bring You Home
  7. Bread & Fishes
  8. When Did I Ever Let You Down
  9. Ever Since You Aint Around

Strawbsのメンバーであるジョン・フォードが参加したことで話題になった"Wind In The Willows"ですが、原曲のタイトルは歌詞にも出てくる"Bread & Fishes"といいます。ジョン・フォードがオーディションの時に自分のアルバムをリッチーに聴かせたところ、この曲を気に入ったと言うことですが、「元の歌詞には宗教的な意味が含まれていたが、宗教はテーマにしたくなかったので歌詞を変えた」と、"Burrn!"の当時のインタビューで述べられています。そのアルバムと思われるのが、"Love Is A Highway"です。ジョン・フォードはここ数年に渡ってソロ・アルバムを自主制作で3枚リリースしていますが、これは1998年にリリースされた最初のアルバムです。タイミング的にいっても、このアルバムをリッチーに聴かせた可能性が高いと思います。全体的には「イギリス人がイメージするアメリカの姿」を表現した音で、どちらかといえばロックよりのサウンドが聴けるアルバムです。"Bread & Fishes"は7曲目に収録されていますが、これはこのアルバムの中では一番フォークといえるアレンジになっており、Blackmore’s Nightのアルバムでも聴ける美しい声で素朴に歌っています。

"Bread & Fishes"と"Wind In The Willows"を聴きくらべると、歌詞の順番が変わっているのがわかります。原曲の2コーラスめと3コーラス目の前半を入れ替え、名前を訪ねるところの歌詞を若干変更しています。原曲では出会った3人連れの旅人がヨゼフとマリアだったという話になっていますが、Blackmore’s Nightでは「名前は何の意味もなさない」となっています。この部分がキャンディスのソロ・パートになっているのも何かの意味をなしていると考えて良いでしょう。たしかに歌詞は変わっていますが、原曲の持つテーマ、メロディの美しさは損なわれていないと感じます。

このジョン・フォードのアルバム、作曲者であるアラン・ベルのアルバム、Blackmore’s Nightのアルバム、すべて収録位置が7曲目という事には……何の意味もないでしょう(笑)ちなみに聖書の創世記で7日目といえば……