USA A & M CD 3233 : [Joan Baez / Diamonds & Rust]


ジャケット画像
CD 3233

  1. Diamonds And Rust
  2. Fountain Of Sorrow
  3. Never Dreamed You’D Leave In Summer
  4. Children And All That Jazz
  5. Simple Twist Of Fate
  6. Blue Sky
  7. Hello In There
  8. Jesse
  9. Winds Of The Old Days
  10. Dida
  11. I Dream Of Jeannie – Danny Boy

ジョーン・バエズのバイオ的な事は"Ghost Of A Rose"アルバム日本盤のライナーで詳細に触れられているのでここでは繰り返しません。私が彼女の歌声を初めて聴いたのは、高校時代に観た映画「ウッド・ストック」でした。自分の夫が刑務所で抗議のハンストを行なったことを訴えながら歌う"Joe Hill"が大変印象に残っています。

このアルバム、"Diamonds And Rust"は1975年にリリースされています。ピアノにジョー・サンプル、ギターにラリー・カールトンが参加しており、その点でも興味深いナンバーです。1989年になって、スペインで行なわれたライヴを収録したアルバムに、この曲のライヴ・ヴァージョンが収録され、"Diamonds And Rust In The Bullring"というタイトルでリリースされています。


JP Toshiba EMI TOCP 67182 : [Jethro Tull / Warchild]


ジャケット画像
TOCP 67182

  1. Warchild
  2. Queen And Country
  3. Ladies
  4. Back-Door Angels
  5. Sealion
  6. Skating Away On The Thin Ice Of The New Day
  7. Bungle In The Jungle
  8. Only Solitaire
  9. The Third Hoorah
  10. Two Fingers
  11. Warchild Waltz
  12. Quartet
  13. Paradidse Steakhouse
  14. Sealion
  15. Rainbow Blues
  16. Glory Row
  17. Saturarion

リッチーが Jethro Tull、イアン・アンダーソンのファンであることは広く知られています。 Jethro Tullは、その母体となったスクール・バンドが活動を開始した1963年からこっち、終始一貫してイアン・アンダーソンの個性的なキャラクター、コンセプトを軸に、現在まで活動を続けています。 Jethro Tullとしての本格的なレコーディングは1968年、当時第1期Deep Purpleのプロデューサーだったデレク・ローレンスのもとで行なわれ、デビュー・シングルを発表します。この時、肝心のバンド名を誤植されてしまい、 Jethro Toeとなってしまったという、失笑モノのエピソードがあります。以来、このシングルはずっと Jethro Toe名義になってます。

このアルバム"War Child"は、それまで"Thick As A Brick"、"Passion Play"といった大作のコンセプト・アルバムを製作し、ライヴでもそのコンセプトを持ち込んで大規模なステージ・アクトをこなしていた、一般的に黄金のラインナップとして知られている時期に、前述の2作に続く作品として製作されました。当初、これもコンセプトを明確にした大作として製作(映画制作も計画されていた)されていましたが、映画がキャンセルされ、コンセプト自体も形としてはオクラ入りしてレコーディングが進み、1974年10月にリリースされています。計画が変更された結果としてかなりの未発表曲が誕生し、その後、各種コンピレーションにて少しづつ日の目を見る事になりますが、Blackmore’s Nightがカヴァーした"Rainbow Blues"も、その未発表曲の1曲です。初出は、1976年にリリースされたベスト・アルバム"M.U."で、これは現在でもCDで入手可能です。

このページでは、初出のアルバムではなく、最近日本盤もリリースされた、"Warchild"のリマスター盤を掲載しました。それは、この曲の誕生した経緯をアルバムを通して確認できること、リッチーがコンサート開演前によく流していた"Sealion"も一緒に聴けること、アルバム自体も Jethro Tullの様々なスタイルが現れており、小曲集ということもあって、これからタルを聴こうという人にも良いんじゃなかろうかということ、などなどの理由です。このアルバムが気に入ったら、ライヴ・アルバム"Bursting Out"をお試しください。そして、気に入った曲が収録されているスタジオ盤を少しづつ聴いていくと、人生がまた一つ楽しくなること請け合いです。