USA Wax Cathedral MELT 005 : [Perfect Strangers]


ジャケット画像

2013年2月にリリースされた再発盤。"Wax Cathedral"というレーベルで、シカゴの会社という事になっているのでアメリカ盤としていいと思います。オリジナル盤についていたカスタム・インナーは一枚の紙になって添付されています。

ジャケット画像
ジャケット画像

裏ジャケットには"Universal Music Special Markets"と書かれているので、1999年にポリドールからユニヴァーサルに権利が移った後のデジタル・マスターが使用されていると思われます。"Not Responsible"は収録されず、オリジナル盤と同様の全8曲収録となっています。

ジャケット画像


JP Universal POCP 2645 : [Perfect Strangers]


ジャケット画像 ジャケット画像

1999年12月にリリースされた日本盤。ユニバーサルでのリマスター原盤を使用した初めての日本盤となります。

ジャケットの体裁は欧米盤と同一。三つ折りのリーフレットもそのままです。日本語のライナー・ノーツは四つ折りの別添で付属しており、ポリドール盤では手書き風に印刷されていた伊藤政則氏の文章が通常の活字で印刷されたものになりました。内容も欧米盤と同一で、"Son Of Alerik"の本邦初リリース盤となっています。


USA Universal [3145460452] : [Perfect Strangers]


ジャケット画像 ジャケット画像

EU盤とほぼ同時にリリースされたアメリカ盤リマスター。全体のパッケージはEU盤と全く同じとなります。見分けるポイントとしては、

  • 規格番号がアメリカ盤はアタマの3桁が多い
  • ブックレット裏側右隅に小さく"Printed in USA"と入っている
  • CD盤面周囲のクレジット最終部に"Made In USA"と入っている

このあたりを見ればだいたいわかると思います。背表紙上部の規格番号が短いのがEU盤、長いのがUSA盤と思ってれば良いです。

音質はEU盤との相違はありません。実際は非常に小さな違いがあるとも云われますが、同じデジタル・マスターを使用しているということで、当サイトではそれ以上の違いには言及しません。興味深いテーマであることは間違いないので、興味のある方はご自身でお調べください。


EU Universal [5460452] : [Perfect Strangers]


ジャケット画像 ジャケット画像

1999年にリリースされたリマスター盤。発売会社がPolydorからUniversalに統合されたのを機に行われた一連のリマスタリングの一環として登場しました。デジタル時代の録音だけに音圧等の違いはそれほど感じられませんが、やや見通しが良くなったかなとも思い……気のせいかもしれません(笑) 各曲の収録タイムが旧規格盤より若干長く表示されますが、音の具体的な違いというよりトラック分けの段階で生じた違いと見た方が良いのではないかと思います。

Polydor盤では8ページのブックレットだったジャケットは、三つ折りのリーフレットになっています。レーベルは黒を基調としたカスタム・レーベル。最大のポイントは、当時12インチ・シングルのB面のみの発表に終わっていた"Son Of Alerik"が追加収録されている事です。"Son Of Alerik"の詳細については[Perfect Strangers]をご覧ください。


JP Polydor POCP 9164 : [Perfect Strangers]


ジャケット画像 ジャケット画像

1998年12月にリリースされた日本盤。翌年、ユニバーサルへと組織変更されますが、その直前に登場した紙ジャケットCDとなります。日本盤LP同様のシングル・ジャケットで、ライナー・ノーツなどは従来の盤と同じ構成となります。

リマスター盤という触れ込みでしたが、トラック・タイムは従来の盤と異なるものが多く、異なるデジタル・マスターを使用しているのは確かなようです。ただ、そのデジタル・マスターの素性は良くわからず、また、マスタリングに関係するクレジットも判りにくいため、存在価値となると微妙なCD。


JP Polydor P28P 25067 : [Perfect Strangers]


ジャケット画像 ジャケット画像

1988年8月にリリースされた日本盤。日本盤は当初、ドイツ・プレスの盤を使用し、ジャケットやブックレットを日本で制作したパッケージでリリースされていましたが、その後、日本プレスの盤を使用したこちらのディスクに切り替わりました。帯がシールではなくなり、現在のような紙の帯になっています。ジャケットやライナー・ノーツの体裁は、ドイツ盤を使用した初回リリースと同様です。ポリドール日本盤でリリースされていたRainbow作品の旧規格盤は、フェイド・アウトのタイミングなどが欧米盤よりも短くなっていたりしたものですが、当作品ではそのような現象はなく、欧米盤と同様のトラック・タイムで収録されています。


JP Polydor P33P 50001 : [Perfect Strangers]


ジャケット画像 ジャケット画像

1984年、LPやカセットと同時にリリースされた日本盤。Deep PurpleやRainbowの日本盤CDは当初、ドイツ・プレスの盤を使用し、ジャケットやブックレットを日本で制作したパッケージでリリースされていました。その後、日本でプレスされた盤に切り替わり、番号や価格も新しくなって再リリースされています。当サイトでは従来より、日本でプレスされたCDを日本オリジナル盤として掲載していますが、当アルバムに限っては、「日本で一番最初にリリースされたリッチーの演奏が収録されたCDパッケージである」という事実を重視し、例外ではありますが、ドイツ・プレスの盤を使用しているこちらの盤を取り上げます。

帯はシールで剥がせるタイプで、現在では「シール帯」とも呼ばれるものが使われています。あまり丈夫なものではないので破れたりもしやすく、良い状態で残っている物は少な……意外に多いかな(汗 ジャケット、ブックレットなどはすべて日本で印刷された物で、当アルバムのCD番号である"P33P 50001"が印刷されています。ライナーはLPにも添付されていた伊藤政則氏の手書き風文字が印刷されている物の縮刷版。当時CDのみに収録されている事がウリだった"Not Responsible"の歌詞も印刷されています。