JP King KICP 1758 : [Candice Night / Starlight Starbright]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Rock A Bye Baby
  2. Robin Redbreast
  3. So This Is Love
  4. Sleep Little Baby
  5. In My Arms
  6. Annie’s Song
  7. Down In The Meadow
  8. Lullaby In The Night
  9. Fireflies
  10. Return To Pooh Corner
  11. Once In A Garden
  12. Baby Mine
  13. Misty Blue
  14. Benzai-Ten

キャンディス・ナイトの作品としては初めての日本盤となります。オリジナル盤のリリースから約3か月の間を置いた2016年1月にキング・レコードよりリリースされました。どういう経緯でリリースが実現したのかはわかりませんが(リッチーが参加してるから、という邪推もしてみたりして)、ファースト・アルバムの日本盤もいつの日か実現してほしいものです。ボーナス・トラックとして、[Fires At Midnight]でも日本盤ボーナス・トラックだった"Benzai-Ten"を収録していますが、再録音ではなく、[Fires At Midnight]収録の音源を使用しています。


USA Minstrel Hall No Number : [Candice Night / Starlight Starbright]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Once In A Garden
  2. Lullaby In The Night
  3. Robin Red Beast
  4. Rock A Bye Baby (faded)
  5. Baby Name (faded)
  6. So This Is Love (faded)

2015年のアルバムリリース時に配布されたプロモーションCD。一般発売盤と同様のジャケットデザインがされたカード・ボード・ジャケットに入れられています。内容は一般発売盤と異なり、フルで聴けるのが3曲、途中でフェイド・アウトされて収録されているのが3曲、計6曲を聴くことができます。


EU Minstrel Hall MHM 0207 : [Candice Night / Starlight Starbright]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Rock a Bye Baby
  2. Robin Redbreast
  3. So This Is Love
  4. Sleep Little Baby
  5. In My Arms
  6. Annie’s Song
  7. Down in the Meadow
  8. Lullaby in the Night
  9. Fireflies
  10. Return to Pooh Corner
  11. Once in a Garden
  12. Baby Mine
  13. Misty Blue

2015年11月にリリースされた、キャンディス・ナイトのソロ・アルバム。彼女にとっては2作目(自主制作シングルを含めれば3作目)となるソロ作品です。[All Our Yesterdays]のリリースからあまり時を置かずしてリリースされました。彼女の作品のリリースはいつもタイミングが読めないというか、唐突に出てくる感じ。

前作に収録されていた"Robin Red Breast"や"Once In A Garden"の再録もありますが、リッチーと共作している曲が2曲あり、リッチーもギターを聴かせているなど、ややもするとBlackmore’s Nightと言われかねないクレジットではありますが、内容は同時期の[All Our Yesterdays]とは違う方向性を持っています。一聴した後、クリスマス・アルバムを聴いた時のような印象が残りました。カヴァーが多いというのも理由の一つではありますが、なによりも前作以上に彼女や彼女のファミリーの雰囲気を感じるパーソナルな仕上がりになっていると思います。普段、キャンディスやリッチーが子供達と一緒に歌ったり聴かせたりしているであろう音楽をそのままアルバムにしたような手触りがあります。


EU UDR UDR 0125 CD : [Candice Night / Reflections]


ジャケット画像 ジャケット画像

Minstrel Hall盤のリリースから約1年が経った2012年10月にリリースされた再発盤。この頃に[A Knight In York]をリリースした縁でドイツのレーベルであるUDRからの登場となったようですが、プレスはメキシコ、パッケージングはアメリカ・カナダという体制での生産となっており、発売元がドイツの会社ということから、どこの国の盤として紹介すればいいのか迷いましたが、とりあえず無難にEU盤ということで(汗

ジャケットは全く違うものになっていますが、内容は前年のリリースと変化はありません。


USA Minstrel Hall MHM 0527 : [Candice Night / Reflections]


ジャケット画像 ジャケット画像

  • Wind Is Calling (Hush The Wind)
  • Gone Gone Gone
  • Black Roses
  • Now And Then (2011)
  • Dangerous Smile
  • For You
  • Call It Love
  • Robin Red Breast
  • Alone With Fate
  • In Time
  • 2011年10月にリリースされた、キャンディス・ナイトのソロ作品。2002年の自主制作シングル以来となるものです。Blackmore’s Nightの活動も順調な時期のリリースだったため、唐突に思ったことを覚えていますが、キャンディスの周囲は子供の誕生など変化に富んでおり、そんな中でBlackmore’s Nightのフォームとしてこぼれ落ちていった断片をソロ・アルバムとしてまとめたのかもしれない、と受け取っています。

    自主制作シングルで披露されていた2曲を再録音しており、1曲目で聴かれるフォーク・タッチのサウンドと2曲目で聴かれるモダンなサウンドが入れ替わり立ち替わり現れる構成ですが、全体を支配するメロディは美しいもので、彼女の世界を十分に体現できるアルバムになっています。"Now And Then"の再録が含まれてはいますが、クレジットを見る限りリッチーの参加はありません。リリース前に"Black Roses"のクリップが配信されたり、リリース後にリクエストを募ってのクリップ制作を企画したりしていました。自主制作シングルと同様、日本では未発売に終わっています。