JP Victor VICP 64328 : [The Early Years]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. And The Address (Remix)
  2. Hush (Monitor Mix)
  3. Mandrake Root
  4. I’m So Glad (2003 Remix)
  5. Hey Joe (2003 Remix)
  6. Kentucky Woman (Alternate Take)
  7. Listen, Learn, Read On
  8. Shield
  9. Wring That Neck
  10. Anthem
  11. Bird Has Flown
  12. Blind (2003 Remix)
  13. Why Didn’t Rosemary
  14. Lalena (Instrumental)

発売権がビクターに移動してからリリースしなおされた紙ジャケットCD。VAP盤と異なり、ジャケット・デザインがEU盤と同様のものに変更されました。こちらもイギリスのくすんだ感じが出ていて味わい深いのではないでせうか。ブックレットに掲載されている酒井康氏の解説は、VAP盤発売当時のものと同じのようです。中身のリマスタリングの違いなぞ、知ったこっちゃありません(笑) どちらの盤でも、お好みのジャケで楽しんでいただきたいです。


JP VAP VPCK 85349 : [The Early Years]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. And The Address (Remix)
  2. Hush (Monitor Mix)
  3. Mandrake Root
  4. I’m So Glad (2003 Remix)
  5. Hey Joe (2003 Remix)
  6. Kentucky Woman (Alternate Take)
  7. Listen, Learn, Read On
  8. Shield
  9. Wring That Neck
  10. Anthem
  11. Bird Has Flown
  12. Blind (2003 Remix)
  13. Why Didn’t Rosemary
  14. Lalena (Instrumental)

2005年にVAPからリリースされた国内盤。オリジナルとなるEU盤と異なり、表と裏のジャケット・デザインを入れ替え、紙ジャケットでのリリースとなりました。結果として日本盤はサイケのイメージを強めた感じとなりました。ブックレットは四つ折りで、酒井康氏のライナーノーツが掲載されています。


EU EMI [724359661124] : [The Early Years]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. And The Address (Remix)
  2. Hush (Monitor Mix)
  3. Mandrake Root
  4. I’m So Glad (2003 Remix)
  5. Hey Joe (2003 Remix)
  6. Kentucky Woman (Alternate Take)
  7. Listen, Learn, Read On
  8. Shield
  9. Wring That Neck
  10. Anthem
  11. Bird Has Flown
  12. Blind (2003 Remix)
  13. Why Didn’t Rosemary
  14. Lalena (Instrumental)

2004年3月にヨーロッパでリリースされた、第一期Deep Purpleのコンピレーション・アルバム。スタジオ・アルバム三作品のリマスターから数年が経ち、その後に発見された音源やリミックス・テイクを収録しています。第一期のファンならばアルバムとともに聴いておきたいアルバムとなっています。ブックレットの解説も充実しています。当アルバムで新たに登場した音源は以下のとおりです。

And The Address (Remix)
2003年になって新たにアビイ・ロード・スタジオにてリミックスされたテイクです。これまでずっと正常なピッチではなかった曲ですが、今回のリミックスで初めて正常に近いピッチになって収録されています。
Hush (Monitor Mix)
これも2003年にリミックスされたテイク。イントロの遠吠えがなくなり、いきなり曲が始まります。
I’m So Glad (2003 Remix)
曲タイトルは"I’m So Glad"のみですが、実際には"Prelude : Happiness"から続けて収録されています。2003年のリミックス。音の歪みがとれて、すっきりとした印象になってます。
Hey Joe (2003 Remix)
これらの"2003 Remix"は、オリジナルのマルチ・トラック・マスターからの新たなミックス・ダウンとなっており、聴いた印象がかなり異なります。ミックスの処理に賛否はあるかもしれませんが、少なくとも録音のリアルさは増しているように思います。
Kentucky Woman (Alternate Take)
ベーシック・トラックからして異なる、全く新しいテイクです。イントロのキメ・フレーズがなく、いきなりコード合わせから始まります。全体的にあっさりしている演奏で、どちらかといえばニール・ダイアモンドのオリジナル・バージョンに近い印象というか、まだまだDeep Purpleらしくなっていない感じです。
Blind (2003 Remix)
イントロにロッドの喋り声が入ってます。楽器の音が全般的に凄くきれいです。この調子でアルバム全てをリミックスしても面白かったかも。オリジナルは尊重した上で聴くのであれば、これらのリミックスはたいへん興味深い作業だと思います。
Lalena (Instrumental)
タイトルどおり、"Lalena"のカラオケです。これであなたもロッド・エヴァンス(笑)