USA SPV 092 7449A DCD : [Past Times With Good Company]


ジャケット画像 ジャケット画像

こちらはアメリカ盤になります。アメリカ盤といいつつ、プレス及び流通はドイツの会社が直接行なっているようです。ジャケットがヨーロッパ盤と異なっています。こちらの方がアルバムタイトルにも沿っていて、Blackmore’s Nightらしくもあり、各国盤の中で一番良いジャケットではないかと思いますが、どーですか?

ボーナス・トラックの曲目は日本盤、ドイツ盤とも異なります。よって、すべての曲を聴きたいとなれば、三種類のパッケージを揃えなければならないという、マニア泣かせのリリースとなってしまいました。

Fires At Midnight (Bonus Track)
ゾーリンゲンで行われたパフォーマンスを収録したボーナストラック。"Press Performance"ということで、観客も少人数のようです。ソロ・パートがよりアコースティックな感じになっているプレイで、本編収録のバージョンにくらべるとコンパクトな仕上がりになっている印象を受けます。
Mid – Winter’s Night (Bonus Track)
上記"Fires At Midnight"と同じく、ゾーリンゲンで行われたパフォーマンスを収録しているようです。しっとりとした好演に仕上がっております。

Germany SPV 092 74492 DCD P : [Past Times With Good Company]


ジャケット画像 ジャケット画像

ドイツで配布されたプロモーション盤。通常盤で使用されていたフォトは使用されず、代りにアルバムタイトルや2種類のフォーマットで発売されることを告知するクレジットが書かれています。そして、"- Cover in print -"というクレジットも入ってますが、二つ折りになっているジャケットの内側には確かにリッチーやキャンディスのフォトが掲載されているとはいうものの、実際にジャケットに使われたものではなく、ギリギリまでジャケット・デザインが二転三転していたのではないかとも考えられます。ディスクは通常の銀色のもので、リリース・デイトがクレジットされているところがプロモーション盤らしいところ。ボーナス・トラックは収録されていません。


Germany SPV 092 74492 DCD : [Past Times With Good Company]


ジャケット画像 ジャケット画像

デジ・ブック形式の限定盤と同時にリリースされた通常盤。日本盤のもやっとしたジャケットとは対照的な、当時のBlackmore’s Nightのイメージを的確に表現したジャケット・デザインとなっています……つーてもただのステージ・フォトですが(^^;。こんなジャケットでも日本盤と比べると良いなと思っちゃうわけなので、どれだけ日本盤のジャケットを私が嫌っているかということですねー(笑)

ボーナス・トラックは一切収録されていません。当アルバムの本来の形はこの通常盤となります。


Germany SPV 095 74490 DCD : [Past Times With Good Company]


ジャケット画像 ジャケット画像

ヨーロッパ盤です。通常盤と限定盤の二種類がリリースされる、という形が定着してきました。ここに掲載したのは限定盤のデジ・ブック仕様です。通常盤付属のブックレットをハード・カヴァーの冊子体裁にして、ディスクを収納しています。この限定盤にはボーナス・トラックが2曲収録されています。

Fires At Midnight (Bonus Track)
2002年7月25日にゾーリンゲンで行われたパフォーマンスを収録したボーナストラック。"Press Performance"ということで、観客も少人数のようです。ソロ・パートがよりアコースティックな感じになっているプレイで、本編収録のバージョンにくらべるとコンパクトな仕上がりになっている印象を受けます。
Home Again (Bonus Track)
ベーシックトラックは"Home Again (Edited Version) "とほぼ同一ですが、ヴォーカル・トラックをギリシャ語 (だと、思うんですが。公式サイトでは"In Greek"となってます)で録り直しています。当初、インターネットのCDデータベースにこの曲のタイトルが「Home Again (Spanisch)」っつって入力されていたので、スペイン語だと思ってたのですが、でも、たぶんこれ、スペイン語じゃあ、ないですね。エンディングはシングル・バージョンと同じような雰囲気で終わっています。

JP Yamaha YCCY 00005 : [Past Times With Good Company]


ジャケット画像 ジャケット画像

2002年11月、欧米盤とほぼ同時にリリースされた日本盤。レコード会社がポニーキャニオンからヤマハへと移動しての登場となりました。

CDケースは日本盤の2枚組でちょくちょく見かける、やや厚めのもの。通常の2枚組ケース同様、両サイドにディスクを収納しますが、ディスクを分ける仕切りが無いタイプで、ライナー・ノーツやブックレット等を収納するスペースが不明確なために紛失しやすかったり、ケースのサイズも通常のジュエル・ケースより一回り大きくて統一がとれなかったり、なにかと「規格外」な感じがして、個人的には好きになれないパッケージです。ジャケット・デザインも、なーんかBlackmore’s Nightのイメージとは違うというか、海外からのデザインの到着を待っていられずに「えいっ!」っとねじ伏せた観が漂っています……決めつけてます?(笑)

ボーナス・トラックとして、"Memmingen"が収録されていますが、演奏場所、日時等のクレジットは不明です。おそらく、本編と同じ2002年のオランダ公演か、他国盤に収録されたボーナス・トラックと同様の2002年のゾーリンゲンでのテイクか、どちらかだとは思われますが、うかつなことは言えん(笑)