12-11 [Burn The Witch]


ジャケット画像
Darker Than Blue [057/58]
Gothenburg 11 December 1973

Disc 1

  1. Intro.
  2. Burn
  3. Might Just Take Your Life
  4. Lay Down, Stay Down
  5. Mistreated
  6. Smoke On The Water

Disc 2

  1. Keyboard Solo
  2. You Fool No One
  3. Drum Solo / The Mule
  4. Space Truckin’
  5. What’s Going On Here

1973年12月に行なわれた、第三期Deep Purpleのウォーム・アップ・ギグとなった北欧ツアーから、開始2日目にあたるスウェーデンのステージを収録したオーディエンス音源を使用した2枚組のプレスCD。1990年代にリリースされた[White Nights]以来の登場です。ダビングによる濁りがやや解消され、音の輪郭がややはっきりとして、多少聴きやすくなりましたが、ソースそのものは同じものだと思います。初日にあたるデンマークのステージはCD-Rが存在しますが、テープそのものがズタズタなうえ、ダビングも相当経ているようで、あくまでも記録としての意味合いしか持たないものしか出回っていないので、現時点で当ツアーの様子を伺うものとしては、当音源を収録したCDを探すのが良いと思います。

内容については[White Nights]を参照してください。音質面では評価しにくいですが、ウォーム・アップの時期ならではの演奏を聴くことができる、興味深い音源です。


12-11 [White Nights]


ジャケット画像
CS-21/22
Stockholm 11. December 1973
Disc 1

  1. Burn
  2. Might Just Take Your Life
  3. Lay Down, Stay Down
  4. Mistreated
  5. Smoke On The Water
  6. You Fool No One

Disc 2

  1. Space Truckin’
  2. What’s Going On Here

第3期Deep Purple初のツアーとなった1973年12月のヨーロッパ公演は、12月9日のデンマーク、コペンハーゲンでのステージ(ちなみに、この時の会場はビデオ"Machine Head Live 1972"に収録されているコンサートを行った KB Hallenです)からスタートし、12月16日のフランクフルトで終わる、ごく短いものでした。現在全部で4公演あったとされていて、そのうち3公演のテープがトレーダー間で流通しているようです。そのうち初日のコペンハーゲンのテープはごく最近になって登場したもので、第3期Deep Purple初登場の貴重な記録ですが、私はまだ聴いたことありません。このCDは12月11日に Gothenburgで行われた2回目の公演をオーディエンス録音で収録しています。

この時点ではまだアルバムはリリースされておらず、腕慣らし、リハの延長の感が強い演奏です。この頃のビッグ・グループは、ウォームアップとしてよく北欧のツアーを行なったという話を聞いたことがあるので、かれらもそうだったのでしょう。観客にとっては新曲の塊となったこのステージがどう感じられたのか興味があります。

Burnに入る前、Dコードでジャーンとやる、この頃のオープニングはすでにここでも聴かれますが、面白いのはペイスがハイハットで4つカウントをとって入っていることです。 Burnがスタートしますが、リッチーが構成を滅茶苦茶に間違えてしまいます。サビでグレンがソロで歌う部分は、まだスタジオ盤に近い感じで、あのハイトーンでのシャウトは聴かれません。

全体的にディヴィッドよりグレンの方が歌が目だってしまっています。プロとしてのキャリアが長いグレンに分があるのは否めません。このツアーではお馴染みの、ジョン・ロードによるメンバー紹介もしっかりあります。74年以降の"You Fool No One"で聴かれる、リッチーのブルーズは、この時点ではまだやっていなかったようです。"Space Truckin’"前では、12月ということで、リッチーお得意の"ホワイト・クリスマス"が飛びだします。

アンコールは"What’s Going On Here"という、ウォームアップならではの珍しい選曲です。"Strange Kind Of Woman"に似た展開で聴かせるなかなかの仕上がりになっています。以前この音源がアナログ盤、"Truckin’"としてリリースされた時には収録されず、オムニバス盤にこの曲のみ収録されたことがありますが、このCDでは全長盤として楽しめる訳です。

音質は、メインになっている楽器以外はあまり聞きとれないオーディエンス録音で、少し濁っています。また、所どころテープスピードがヨレル所もあります。