03-21 [Gothenburg 1975]


ジャケット画像

Darker Than Blue [235/36]
Gothenburg 21 March 1975

Disc 1

  1. Intro
  2. Burn
  3. Stormbringer
  4. Gypsy
  5. Lady Double Dealer
  6. Mistreated
  7. Lazy – Smoke On The Water
  8. Georgia On My Mind
  9. Keyboard Solo
  10. You Fool No One
  11. Drums Solo – The Mule
  1. Space Truckin’
  2. Going Down
  3. Highway Star

1975年3月に行われた第3期Deep Purpleのヨーロッパ・ツアーより、3月21日に行われたスウェーデンでのステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。かつて[Gypsy In Sweden]というタイトルで初登場したものの、近年はCD-Rでの登場が主でしたが、久々にプレス盤でのリリースとなりました。

1982年に出版された、サイモン・ロビンソン氏執筆のディスコグラフィ、[Deep Purple Discography]には、[Deep Purple Live in Sweden]というタイトルのアナログ盤がリストされています。説明を見るとこの日の音源を使用した2枚組LPで、1981年にドイツでリリースされたとあるのですが、「持っている」とか「見たことがある」とかいう人の話をついぞ聞いたことがありません。個人的には中古ショップやオークションで遭遇したこともありませんが、もしホントに存在するのであれば、この音源を初めて収録したディスクはアナログ盤ということになります。持っている人はすぐに見せなさい(・∀・)

[Gypsy In Sweden]に収録のソースと比較すると世代としてはたしかに低い物を使用できてはいるものの、マスタリングの傾向が異なるため、[Gypsy In Sweden]の方が好きだ、というリスナーも多いのではないかなと思いました。前日の[Copenhagen 1975]よりも各楽器が一つの塊となってぶつかってくる感じの音になっているので、そのあたりを考慮してどちらを採るか検討されるのもいいかと思います。


03-20 [Copenhagen 1975]


ジャケット画像

Darker Than Blue [233/34]
Copenhagen 20 March 1975

Disc 1

  1. Intro.
  2. Burn
  3. Stormbringer
  4. Gypsy
  5. Lady Double Dealer
  6. Mistreated incl. Rock Me Baby
  7. Lazy Intro.
  8. Smoke On The Water
  9. Georgia On My Mind

Disc 2

  1. David Coverdale MC
  2. You Fool No One incl. Blues
  3. Drum Solo
  4. The Mule
  5. Space Truckin’
  6. Goin’ Down
  7. Highway Star

第3期Deep Purpleのラスト・ツアーとなった1975年春のヨーロッパ・ツアーより、序盤に当たる3月20日のコペンハーゲンでのステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。20年ほど前に[Wonderful Copenhagen][Copenhagen 3.20.75]といったアイテムが登場していましたが、当盤は近年になって出回った、より世代の低いテープをマスターとしています。

[Wonderful Copenhagen]や[Copenhagen 3.20.75]と比較するとややヌケがよくなり、やや各楽器の輪郭がはっきりし、ややリズム隊のディティールが整理され、全体的にやや聴きやすくなっています。"Stormbringer"ツアーの様子を伝える初めての音盤であった[Wonderful Copenhagen]で聴き馴染んでいる方々も一聴の価値はあると思います。


01-25 [Sunbury 1.25.75]


ジャケット画像
DP-019
Melbourne 25. January 1975

  1. Burn
  2. Stormbringer
  3. Gypsy
  4. Lady Double Dealer
  5. Mistreated
  6. Smoke On The Water

これは1975年1月25日にオーストラリアで行なわれた、「サンベリー・ミュージカル・フェスティバル」に出演した時の演奏だと思われます。この時彼らは持ち時間を40分以上オーバーし、次に出るはずだったAC/DCが出演出来なくなったんだそうで……。オーストラリアのテレビ局がこのフェスティバルの映像を収録しており、1999年のオーストラリア公演を収録してリリースされたオフィシャルDvd"Total Abandon – Australia ’99"の中で、テレビモニターでこの映像を観ながらインタビューに答えるイアン・ペイスのシーンを見る事ができます。

音は、ちょっとこもり気味のオーディエンス録音で、バランスが悪く、ギターがやたらと大きいです。"Space Truckin’"まで収録されたテープは存在し、CD-Rではリリースされていますが、プレスCDでこのフェスティバルが聴けるのはこれだけです。演奏は大変素晴らしいので、不完全収録なのが惜しまれます。

このフェスティバルの後にとられたオフを利用してソロ・アルバムをレコーディングしたリッチーは、Deep Purple脱退を決断します。3月16日から始まったヨーロッパ・ツアーが、第3期Deep Purpleのラスト・ツアーとなります。


03-20 [Wonderful Copenhagen]


ジャケット画像
DP-3122/3
Copenhagen 20. March 1975
Disc2-4 : Tokyo 15 Dec. 1975 (Mk 4)
Disc 1

  1. Burn
  2. Stormbringer
  3. Gypsy
  4. Lady Double Dealer
  5. Mistreated (Inc. Rock Me Baby)
  6. Lazy – Smoke On The Water
  7. You Fool No One – The Mule

Disc 2

  1. Space Truckin’ (Part.1)
  2. Space Truckin’ (Part.2) (Inc. Child In Time)
  3. Going Down – Highway Star
  4. You Keep On Moving

3月16日のユーゴスラビア公演より、第3期Deep Purpleのラスト・ツアーに突入します。これら2枚はツアー開始4日目、1975年3月20日のコペンハーゲンでの彼らの姿を知ることが出来る音源です。"Stormbringer"ツアーの音源が収録された初めてのライヴCDでもあります。この音源が出るまで、この時期のツアーの正確なセットリストは明らかではなかったので、この音源で"Gypsy"を演奏していることを知ったときは驚いたものです。海外では、以前からこのツアーを収録したアナログ盤が存在したらしいのですが、詳しいことは良くわかりません。

"Stormbringer"で、音飛びがあり、途中から始まります。"Wonderful Copenhagen"と"Copenhagen 3.20.75"では、ここの音飛びの処理がちがいますが、大体同じ世代のテープを使用しているようです。他にも、曲間のカット、テープの弛みなどがありますが、全体としてはまあまあのオーディエンス録音といえると思います。どちらが聴きやすいかは、その人の好みになると思います。"Copenhagen 3.20.75"の方が、気持ちピッチが低いような気はしますが…コンサートの間中、"Lazy! Lazy! Lazy!"と叫びまくる観客がいて、うるさいけどおかしいです。

"Wonderful Copenhagen"は、"Space Truckin’"がPart 1,Part 2に分かれていますが、テープがそこで変わるようで、フェイド・アウト、フェイド・インしています。"Copenhagen 3.20.75"の方は、テープを無理矢理つなげているような感じです。ボーナストラックとして第4期の日本公演から1曲収録されています。オーディエンス録音で、あまりいい音ではありません。


03-20 [Copenhagen 3.20.75]


ジャケット画像
DP-018-1/2
Copenhagen 20. March 1975
Disc 1

  1. Burn
  2. Stormbringer
  3. Gypsy
  4. Lady Double Dealer
  5. Mistreated
  6. Smoke On The Water

Disc 2

  1. You Fool No One
  2. Space Truckin’
  3. Going Down
  4. Highway Star

3月16日のユーゴスラビア公演より、第3期Deep Purpleのラスト・ツアーに突入します。これら2枚はツアー開始4日目、1975年3月20日のコペンハーゲンでの彼らの姿を知ることが出来る音源です。"Stormbringer"ツアーの音源が収録された初めてのライヴCDでもあります。この音源が出るまで、この時期のツアーの正確なセットリストは明らかではなかったので、この音源で"Gypsy"を演奏していることを知ったときは驚いたものです。海外では、以前からこのツアーを収録したアナログ盤が存在したらしいのですが、詳しいことは良くわかりません。

"Stormbringer"で、音飛びがあり、途中から始まります。"Wonderful Copenhagen"と"Copenhagen 3.20.75"では、ここの音飛びの処理がちがいますが、大体同じ世代のテープを使用しているようです。他にも、曲間のカット、テープの弛みなどがありますが、全体としてはまあまあのオーディエンス録音といえると思います。どちらが聴きやすいかは、その人の好みになると思います。"Copenhagen 3.20.75"の方が、気持ちピッチが低いような気はしますが…コンサートの間中、"Lazy! Lazy! Lazy!"と叫びまくる観客がいて、うるさいけどおかしいです。

"Wonderful Copenhagen"は、"Space Truckin’"がPart 1,Part 2に分かれていますが、テープがそこで変わるようで、フェイド・アウト、フェイド・インしています。"Copenhagen 3.20.75"の方は、テープを無理矢理つなげているような感じです。


03-21 [Gypsy In Sweden]


ジャケット画像
WAR 007/8
Sweden 21. March 1975
Disc 1

  1. Burn
  2. Stormbringer
  3. Gypsy
  4. Lady Double Dealer
  5. Mistreated
  6. Smoke On The Water

Disc 2

  1. You Fool No One
  2. Space Truckin’
  3. Going Down
  4. Highway Star

コペンハーゲンの次の日ということになるこのライヴもオーディエンス録音ですが、音質は前の日よりも若干落ちます。特にこもり、歪みなどはありませんが、各パートが聞き取りづらいです。

何でも、このツアーを収録したヨーロッパ・プレスのアナログ盤に、"Live In Sweden"というタイトルがあるそうなのですが、もしかしたら同一のソースかもしれません。スクラッチ・ノイズは聞こえないので、盤起こしではないようですが…

ライヴの雰囲気は、前の日とそう変わりません。


03-30 [No Encore Tonight]


ジャケット画像
DTB 002
Hamburg 30 March 1975
Disc 1

  1. Burn
  2. Strombringer
  3. Gypsy
  4. Lady Double Dealer
  5. Mistreated
  6. Smoke On The Water

Disc 2

  1. You Fool No One
  2. Space Truckin’

ヨーロッパツアーもそろそろ終盤にさしかかる3月30日に行われたハンブルグ公演です。若干こもっていますが、なかなかバランスの良いオーディエンスです。それほど濁りもなく、このツアーのなかでは音の良いほうでしょう。カヴァーデイルがメインのジャケットも珍しいです。スキャンしたらヘンな顔になってしまいました (笑)。ごめんね、デヴィッド。

ドイツでの公演ということで、リッチーも気合いが入るのか、いい演奏をしています。"You Fool No One"では、フリーソロをささっと1分くらいでまとめてブルーズもやらないという潔さ (^^;)ですが、ドイツ国歌をキメてくれるので許します (笑) 続く"Space Truckin’"も大変潔い演奏で (笑)アンコールもなしで終わったようです。演奏自体のテンションは高いと思うのですが、なにかノレない要素でもあったのでしょうか……

この後の3日間、4月3日のオーストリア・グラーツ、4月5日のドイツ・ザールブリュッケン、4月7日のフランス・パリ公演は、それぞれオフィシャルでライヴ・レコーディングされています。