09-19 [Stargazer]


ジャケット画像
No Number (Ritchie’s Box)
1-8 : Saint Austell 19. Septrmber 1983
9-13 : Gottenborg 30. September 1983
14,15 : New York 19. June 1982
16,17 : Fairfax 22. February 1981

  1. Fool For The Night
  2. Drinking With The Devil
  3. Power
  4. Blues
  5. Stargazer
  6. Stranded
  7. Death Alley Driver
  8. Fire Dance
  9. Maybe Next Time
  10. Since You Been Gone
  11. Long Live Rock’n’Roll
  12. Hey Joe
  13. Long Live Rock’n’Roll
  14. Stone Cold
  15. Jealous Lover
  16. No Relrease
  17. Can’t Happen Here

アナログ時代にリリースされたアルバムで、ジャケットを含めてコピーしてあるものです。全体的に、音質には悲しいものがあります。すべてオーディエンス録音で、かなりこもり気味、バランスもいま一つ良くありません。アナログ時代はこの60分以上あるものをLP枚に収めていたため、カッティングレベルも高くなく、かなり小さい音で収録されていました。余談ですが、アナログ盤がリリースされた当時、レコードの裏ジャケの曲目を見て、「ホントにこれだけ入っているのかな」と、かなり疑惑に駆られました。んだもんで、某店に出てた中古盤 ( もちろん、レコード )を、サービス券貯めてタダでゲットした記憶があります。

メインの音源は、9月19日のライヴという事になります。オーディエンス録音で、オリジナル盤であるアナログでもそれほど聴きやすいものではなかったのですが、盤起こしであるこのディスクでは、聴きづらさに一層の拍車がかかっています ( 笑 ) 現在プレスCDで聴く事ができる、イギリス・ツアー最後期の音源という事になりますが、普通にこのツアーの音源を求めるのであれば、他のアイテムを捜す方がいいでしょう。

このアルバムは、一緒に収録されているほかのトラックに、なかなか貴重な音源があります。まず15で"Jealous Lover"を聴くことが出来ます。他では日程的に非常に近い、6月21日の物でしか聴くことの出来ない曲です。16の"No Relrease"もフル・バージョンではありませんが、これ以外だと1981年のロッテルダムのライヴでイントロをやっているのが聴けるだけです。日付が正しいとすれば、現在出回っている1981年の音源のなかでも最初期のライヴという事になります。このFairfaxの音源については、CD-Rでもリリースされたようですが、私が入手したテープのセットリストを"Concert Files"に掲載してありますので、ご覧ください。

9月23日でイギリス・ツアーを終えたRainbowはすぐに北欧ツアーを開始します。


09-30 [Stranded In Sweden]


ジャケット画像
No Number
Gothenburg 30 September,1983
Disc 1

  1. Land Of Hope And Glory – Over The Rainbow
  2. Spotlight Kid
  3. Miss Mistreated
  4. Fool For The Night
  5. I Surrender
  6. Can’t Happen Here
  7. Catch The Rainbow
  8. Drinking With The Devil
  9. Difficult To Cure

Disc 2

  1. Power
  2. Blues
  3. Stargazer
  4. Stranded
  5. Death Alley Driver
  6. Fire Dance
  7. All Night Long
  8. Maybe Next Time
  9. Since You Been Gone
  10. Long Live Rock’n’Roll
  11. Smoke On The Water

9月30日に行われた北欧ツアー初日、スウェーデンでのコンサートを収録しています。このツアーは一週間程度の短期間で終了しています。

アナログ時代に1枚ものでリリースされていた音源で、オーディエンス録音ですが、なかなかヌケの良い音で録音されています。バランスはいま一つですが、低音を強調してやると、ましになる感じです。

演奏は、かなり聴き応えがあります。"I Surrender"ではエンディングのソロを3分以上やっていますし、"Catch The Rainbow"もコンパクトになったとはいえ、この時期の演奏としてはたっぷりと聴かせてくれる演奏になっています。"Smoke On The Water"は、この頃から始めるようになったバラードで始まるパターンです。

ヨーロッパ・ツアーのあと、アメリカを周りますが、このアメリカ・ツアーはチケットの売上げが伸びずに日程がキャンセルになったということもあったらしく、現在のところ完全に信用できるデータに乏しいです。アメリカ・ツアーを収録したアイテムも数少なく、以前アナログ盤でアメリカ公演といわれていたものも、イギリス・ツアーのものだということになっているものもあります。

前年までにくらべると、明らかにツアーに割いている時間が少ないのは確かですが、個人的な推測を許していただけるなら、おそらくマネージャーはこの頃、Deep Purple再結成に向けて再び動き出していたのかもしれません。"Bent Out Of Shape"アルバムのプロモーションをちゃんとやる姿勢を、この頃のバンドの動きからは感じ取れないのです。翌年2月に予定されていたヨーロッパ・ツアーも結局行われた様子はなく、3月になって、結果的にRainbowの最終ツアーとなってしまった日本へやってきます。