09-17 [London 1983 1st Night]


ジャケット画像

Darker Than Blue [213/14]
London 17 September 1983

Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Spotlight Kid
  3. Miss Mistreated
  4. Fool For The Night
  5. I Surrender
  6. Can’t Happen Here
  7. Catch The Rainbow
  8. Drinking With The Devil
  9. Guitar Intro
  10. Difficult To Cure

Disc 2

  1. Lazy
  2. Power
  3. Blues
  4. Stargazer
  5. Stranded
  6. Death Alley Driver
  7. Fire Dance
  8. Rule Britania
  9. All Night Long
  10. Maybe Next Time
  11. Since You Been Gone
  12. Long Live Rock’n’Roll
  13. Hey Joe
  14. Long Live Rock’n’Roll
  15. Smoke On The Water
  16. Kill The King
  17. Long Live Rock’n’Roll

[Bent Out Of Shape]アルバムのプロモーション・ツアーとなった1983年秋のイギリス・北欧公演より、中盤となるロンドンでの2公演の初日、9月17日のステージを収録したとされるオーディエンス音源を使用した2枚組プレスCD。一連の所謂「キニー音源」のシリーズとして出されていますが、今回はテープ・ソースではなく、かつて、[Stargazer]のタイトルでリリースされていた2枚組LP(ショップの告知では3枚組になってますが)をソースとしているようです。

ソースがなんであろうと、まぁ聴ければそれで良いわけですが、肝心なのは元のアナログ盤にはどこにも「1983年9月17日、ロンドン」のクレジットがないこと。ショップの告知ではさも確定してるように書かれていましたが、アナログ盤のみを対象とした検証ではまだ日付を特定する確定的な証拠はないはずで、私が以前に掲載した上記の[Stargazer]の記事以降に、日付を特定するに足る新事実や論拠が出てきたのならばぜひ知りたいところです。

音の印象は[Stargazer]の記事に書いてあるものとほぼ同様です。小さめだったカッティング・レベルを持ち上げているようではありますが、不自然な底上げの印象はありませんので聴きやすい音像になっていると思います。1983年のツアー音源は[Prince Of Wales][Definitive Cardiff 1983]で聴けるRKOが配布した放送用音源が幅を利かせていますが、オーディエンス音源で味わいたいという際には探してみられると良いでしょう。


09-15 [Definitive Cardiff 1983]


ジャケット画像

Darker Than Blue [169/72]
Cardiff 15 September 1983

Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Spotlight Kid
  3. Miss Mistreated
  4. Fool For The Night
  5. I Surrender
  6. Can’t Happen Here
  7. Catch The Rainbow
  8. Lazy Intro.
  9. Drinking With The Devil
  10. Difficult To Cure
  11. Bass Solo
  12. Keyboard Solo
  13. Difficult To Cure (Reprise)
  14. Guitar Solo
  15. Drum Solo

Disc 2

  1. Power
  2. Blues
  3. Stargazer
  4. Stranded
  5. Death Alley Driver
  6. Fire Dance
  7. Rule Britannia
  8. All Night Long
  9. Maybe Next Time
  10. Since You Been Gone
  11. Woman From Tokyo & Smoke On The Water Intro.
  12. Long Live Rock’n’Roll
  13. Hey Joe
  14. Long Live Rock’n’Roll (Reprise)

Disc 3

  1. Over The Rainbow
  2. Spotlight Kid
  3. Miss Mistreated
  4. Fool For The Night
  5. I Surrender
  6. Can’t Happen Here
  7. Catch The Rainbow
  8. Lazy Intro.
  9. Drinking With The Devil
  10. Difficult To Cure
  11. Bass Solo
  12. Keyboard Solo
  13. Difficult To Cure (Reprise)
  14. Guitar Solo
  15. Drum Solo

Disc 4

  1. Power
  2. Blues
  3. Stargazer
  4. Stranded
  5. Death Alley Driver
  6. Fire Dance
  7. Rule Britannia
  8. All Night Long
  9. Maybe Next Time
  10. Since You Been Gone
  11. Woman From Tokyo & Smoke On The Water Intro.
  12. Long Live Rock’n’Roll
  13. Hey Joe
  14. Long Live Rock’n’Roll (Reprise)

1983年秋に行われたイギリス・ツアーで残されている定番のサウンドボード音源、[Captured Live!]が収録された公演であるカーディフでのステージを、オーディエンス音源とサウンドボード音源の2種類で収録した4枚組プレスCD。この日のオーディエンス音源がディスク化されるのは初めての事になります。

従来、このサウンドボード音源が収録された日付に関しては、「9月14日」というのが定説でした。カーディフでは14日と15日の二日間に渡ってコンサートが開かれており、サウンドボード音源の中では日時、場所を特定出来るMCなどは収録されていないため、録音されたのが14日か15日かの根拠となっていたのは、長らくの間、サイモン・ロビンソンが編んだ[The Deep Purple Discography Volume 2]をはじめとする海外の資料でした。[The Deep Purple Discography Volume 2]では、オリジナルのラジオ・ショウ・ディスクや当時出回っていた[Cardiff 1983]など、全てのディスクのクレジットで「9月14日」となっています。これ以降、当サウンドボード音源に関しては、「9月14日」という日付が一般的となっていきました。そして、「もうひとつのカーディフ」という触れ込みで出回っていたオーディエンス音源も存在します。かつて[Britanian David]というタイトルのCD-Rも出回った事がありますが、そちらのクレジットも「9月14日」となっていて混乱したものです。また、サウンドボード音源の方も曲順が当時のその他の場所でのオーダーとかなり異なっていた事も、混乱に拍車をかけ、とどめとばかりに当時リリースされた12インチ・シングルに収録されていたライヴ・テイクに「カーディフ」とクレジットされているものの、演奏内容が当サウンドボード音源と異なる、という、全く謎の多い音源であり、演奏であったわけです。

今回登場した、当日の模様を収録したオーディエンス音源には、サウンドボード音源では聴けなかったMCが収録されており、そこでジョーが「カーディフでの二日目の夜だ」と言っています。したがって、長らく「9月14日」とされてきたこの日の演奏、9月15日である、という可能性が出てきました。そのため、とりあえず当サイトで従来掲載してきた記事の記述もすべて、こっそりと修正してあります(笑) みんなサイモンの所為だ(ばきっ★)んじゃ、[Britanian David]の日付は初日の9月14日で良いのか?てなことになりますが、場所や日付を特定出来るMCが収録されている様子がない(喋ってるかもしれないけど私の英語ヒアリングでは聞き取り不可でした(T_T))ので、確証はありません。ありませんが、こっちを変えてあっちを変えないというのも矛盾するので、あっちも暫定的に「9月14日」としておきます。

オーディエンス音源の音質ですが、残念ながらあまり良好とは言えません。それでも、今回のディスク化にあたり、かなりマスタリングに苦労した後は残っています。レベル・オーバーに起因すると思われる歪みがかなりあったと思われるものの、それを補正するようなマスタリングが施されています。そのためか、多少音がのっぺりしているようにも思いますが、原音を聴くよりも取っ付きやすく仕上げられているのではなかろうかと思います。バランスはまあまあなので、音割れをスルーするスキルと、歪みを迫力と捉えられる心の豊かさ(笑)があれば、なかなか楽しめるディスクになっていると思われます。

従来出回っていたサウンドボード音源の曲順([Captured Live][Prince Of Wales]を参照の事)は、ソースとなっているラジオ・ショウ・ディスクに収められている曲順でありまして、2枚組2セットの前半1セットが"Death Alley Driver"で終わっています。おそらく、2回に渡った放送になったか、番組を前半と後半に区切ったか、等々の事情で、前半部の締めくくりとして"Death Alley Driver"を持ってきたのではないでしょうか。今回のディスクでは、サウンドボード音源も、オーディエンス音源と同じ曲順に並べ替えられ、カットされていたMCや、"Fire Dance"をオーディエンス音源で補完した編集で収録されたものがCD2枚に渡って収められています。こういう補完ものは聴く人によって価値が大幅に異なるため、善し悪しに関して一概に言えないところではありますが、従来の編集と聴き較べてみるのも良いでしょう。オーディエンス音源に興味をお持ちであれば、一聴の価値はあるディスクだと思います。


09-15 [Prince Of Wales]


ジャケット画像

Darker Than Blue [104/05]
Cardiff 15 September 1983

Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Spotlight Kid
  3. Miss Mistreated
  4. Fool For The Night
  5. I Surrender
  6. Can’t Happen Here
  7. Difficult To Cure
  8. Bass Solo
  9. Keyboard Solo
  10. Difficult To Cure (reprise)
  11. Guitar Solo
  12. Drum Solo

Disc 2

  1. Death Alley Driver
  2. Catch The Rainbow
  3. Lazy Intro
  4. Drinking With The Devil
  5. Power
  6. Blues
  7. Stargazer
  8. Stranded
  9. All Night Long
  10. Maybe Next Time
  11. Since You Been Gone
  12. Woman From Tokyo & Smoke On The Water Intro
  13. Long Live Rock ‘n’ Roll incl. Hey Joe

1983年秋に行われたヨーロッパ・ツアーの代表的なサウンド・ボード音源である、9月15日にイギリスのカーディフにて行われたステージを放送用に収録した音源をソースとした2枚組プレスCD。アナログ盤で一部の曲はリリースされていましたが、全長版は[Captured Live]で登場したものの、前半部の音像がいま一つでした(プレスミスだったという話もありますが、修正盤の存在は未確認です)。その後、何度かリリースされていますがすべてCD-Rだったので、十数年ぶりのプレスCDでのリリースとなります。バランス、音質とも[Captured Live]よりも聴きやすい音像となっており、プレスCDにこだわる方は当ディスクへのアップグレードを検討しても良いかもしれません。

ほとんどプロモーションの体を成していなかった1983年のツアーですが、内容そのものは1982年ツアーよりも充実していたのではないかと思っています。「後半に長編成の曲をプレイして盛り上げる」という展開が、Deep Purpleの頃からのリッチーのコンサート・スタイルだったわけですが、そういった編成に囚われずに各曲をプレイするようになっていったのがこの1982年から1983年にかけてで、1982年には今ひとつ噛み合っていなかったその新しいコンサート・スタイルが、だんだんとしっくりしはじめたのが、当ヨーロッパ・ツアーだったのではないかと思います。当時の最新アルバム、[Bent Out Of Shape]収録曲もコンサート映えする曲が選ばれており、セットリストのバラエティが1982年より増しているのも一因でしょう。一連の流れとしてコンサート丸ごとが聴き手に向かってくるそのスタイルは、一曲一曲に集中してインパクトを与えていた1976年や1980年のコンサート・スタイルに勝るとも劣らない魅力があるように思うのは私だけではないと思います。


09-06 [Fade To The Mersey]


ジャケット画像
DE-003/4
Liverpool 6 September,1983
Disc 1

  1. Land Of Hope And Groly – Over The Rainbow
  2. Spotlght Kid
  3. Miss Mistreated
  4. Fool For The Night
  5. I Surrender
  6. Can’t Happen Here
  7. Catch The Rainbow
  8. Drinking With The Devil
  9. Difficult To Cure
  10. Drum Solo

Disc 2

  1. Power
  2. Blues
  3. Stargazer
  4. Stranded
  5. Death Alley Driver
  6. Fire Dance
  7. All Night Long
  8. Maybe Next Time
  9. Since You Been Gone
  10. Long Live Rock’n’Roll
  11. Over The Rainbow

イギリス・ツアー初日であり、この"Bent Out Of Shape"ツアー初日でもある、9月6日に行われたリバプール公演からの音源です。このツアーはリタ・フォードをサポートとして行われたようです。アルバム・タイトルはおそらく公演地であるリバプールにひっかけて、某グループのヒット曲をもじってつけられたものだと推察しております。

良好なオーディエンス録音です。オープニングから2曲目位まではこもり気味ですが、"Miss Mistreated"の途中あたりから抜けの良い音になります。バランスは低音がきつい割にリズム隊が聞き取りにくいですが、良好な部類です。ただ、会場の大きさというか、空気感があまり感じられません。

演奏の方は、リッチーはかなりしっかりと弾いているのですが、ジョーの喉の調子があまり良くありません。2枚目のほうはもうすっかりガラガラ声になってしまっています。初日なので張り切り過ぎたのか、スタミナが持たなかったのか……

この頃のツアーの特徴の一つに、"Stranded"の導入として、"Stargazer"が復活したことがあります。日本公演のみ、この曲をやりませんでしたが、なんでかな ? せっかく弦楽合奏と共演したのだから、この曲をストリングスつきフルバージョンでやれば、もっとすごいことになっていたのに…と思います。

あと、アンコールが多い、というのも特徴かと…"Death Alley Driver"が、一応のラスト・ナンバーですが、そのあとのアンコール曲の多さは、楽しみの一つです。この日は"Smoke On The Water"は出てきませんが、"All Night Long"の導入でちらっと弾いています。これが大受けなのです。たぶんそれでリッチーが「今日はやめよう」というイタズラ心をおこしたのかもしれません。"Long Live Rock’n’Roll"では、途中で"Hey Joe"がでてきます。

全体的に見れば、まあまあの出来だと思います。特色を見つけるのが難しいブツではありますが、リッチーのソロは破天荒さに磨きがかかっているので、その辺が聴き所でしょう。


09-15 [Ritchie Blackmore’s Rainbow]


ジャケット画像
541
Cardiff 15 September 1983

  1. Catch The Rainbow
  2. Drinking With The Devil
  3. Power
  4. Blues
  5. Stargazer – Stranded
  6. Rule Britannia
  7. All Night Long
  8. Maybe Next Time
  9. Since You Been Gone
  10. Long Live Rock’n’Roll

9月15日にカーディフで行われたコンサートを、RKO ( アメリカの配給会社じゃなかったかなぁ。戦前の白黒版「キングコング」とかを配給していた会社がRkoだったような記憶が…… ) がラジオショー用に収録してアメリカでオン・エアされた音源です。音質、バランスとも安心して聴けると思います。12インチ・シングル、"Can’t Let You Go"のB面に、この日の録音として、"Stranded"と"All Night Long"が収録されていますが、印象がかなり異なります。"Rainbow Rinsing"によれば、これとは別に、バンド側でもイギリス・ツアーのいくつかの会場で録音をしていたという話が伝えられており、12インチ・シングルの方はバンド側が録音した別会場のテープをソースにしている可能性もあります。

演奏は、ジョーの調子が少しよくないかもしれません。シャウトがギリギリという感じで、聴いていてちょっとツラくなるところもあります。リッチーのプレイも他の日に比べて際立っているかと言われると難しいかも。ただ、"Rule Britania"をやったりしていて、ノッてはいるようなので、だらだらしているわけではありません。良くも悪くも、このツアーの平均点的なパフォーマンスが収められています。

"Ritchie Blackmore’s Rainbow"はCDとして最初にリリースされましたが、なぜかコンサート後半部だけの収録でした。"Captured Live"の方は、初回プレスの1枚目のディスクにプレスミスがあり、音が片方によっていて、音飛びする個所があります。セカンドプレスでは直っているという話ですが、私は持っていない為確認していません。また、その後出回った、同タイトルでジャケットが違うものは、このプレスミスのある初回プレスのディスクがそのまま使われているので、要注意です。


09-15 [Captured Live]


ジャケット画像
RBW 3412/3
Cardiff 15 September 1983
Disc 1

  1. Spotlight Kid
  2. Miss Mistreated
  3. Fool For The Night
  4. I Surrender
  5. Can’t Happen Here
  6. Difficult To Cure

Disc 2

  1. Death Alley Driver
  2. Catch The Rainbow
  3. Drinking With The Devil
  4. Power
  5. Blues
  6. Stargazer
  7. Stranded
  8. All Night Long
  9. Maybe Next Time
  10. Since You Been Gone
  11. Long Live Rock’n’Roll

9月15日にカーディフで行われたコンサートを、RKO ( アメリカの配給会社じゃなかったかなぁ。戦前の白黒版「キングコング」とかを配給していた会社がRkoだったような記憶が…… ) がラジオショー用に収録してアメリカでオン・エアされた音源です。音質、バランスとも安心して聴けると思います。12インチ・シングル、"Can’t Let You Go"のB面に、この日の録音として、"Stranded"と"All Night Long"が収録されていますが、印象がかなり異なります。"Rainbow Rinsing"によれば、これとは別に、バンド側でもイギリス・ツアーのいくつかの会場で録音をしていたという話が伝えられており、12インチ・シングルの方はバンド側が録音した別会場のテープをソースにしている可能性もあります。

演奏は、ジョーの調子が少しよくないかもしれません。シャウトがギリギリという感じで、聴いていてちょっとツラくなるところもあります。リッチーのプレイも他の日に比べて際立っているかと言われると難しいかも。ただ、"Rule Britania"をやったりしていて、ノッてはいるようなので、だらだらしているわけではありません。良くも悪くも、このツアーの平均点的なパフォーマンスが収められています。

"Ritchie Blackmore’s Rainbow"はCDとして最初にリリースされましたが、なぜかコンサート後半部だけの収録でした。"Captured Live"の方は、初回プレスの1枚目のディスクにプレスミスがあり、音が片方によっていて、音飛びする個所があります。セカンドプレスでは直っているという話ですが、私は持っていない為確認していません。また、その後出回った、同タイトルでジャケットが違うものは、このプレスミスのある初回プレスのディスクがそのまま使われているので、要注意です。


09-19 [Stargazer]


ジャケット画像
No Number (Ritchie’s Box)
1-8 : Saint Austell 19. Septrmber 1983
9-13 : Gottenborg 30. September 1983
14,15 : New York 19. June 1982
16,17 : Fairfax 22. February 1981

  1. Fool For The Night
  2. Drinking With The Devil
  3. Power
  4. Blues
  5. Stargazer
  6. Stranded
  7. Death Alley Driver
  8. Fire Dance
  9. Maybe Next Time
  10. Since You Been Gone
  11. Long Live Rock’n’Roll
  12. Hey Joe
  13. Long Live Rock’n’Roll
  14. Stone Cold
  15. Jealous Lover
  16. No Relrease
  17. Can’t Happen Here

アナログ時代にリリースされたアルバムで、ジャケットを含めてコピーしてあるものです。全体的に、音質には悲しいものがあります。すべてオーディエンス録音で、かなりこもり気味、バランスもいま一つ良くありません。アナログ時代はこの60分以上あるものをLP枚に収めていたため、カッティングレベルも高くなく、かなり小さい音で収録されていました。余談ですが、アナログ盤がリリースされた当時、レコードの裏ジャケの曲目を見て、「ホントにこれだけ入っているのかな」と、かなり疑惑に駆られました。んだもんで、某店に出てた中古盤 ( もちろん、レコード )を、サービス券貯めてタダでゲットした記憶があります。

メインの音源は、9月19日のライヴという事になります。オーディエンス録音で、オリジナル盤であるアナログでもそれほど聴きやすいものではなかったのですが、盤起こしであるこのディスクでは、聴きづらさに一層の拍車がかかっています ( 笑 ) 現在プレスCDで聴く事ができる、イギリス・ツアー最後期の音源という事になりますが、普通にこのツアーの音源を求めるのであれば、他のアイテムを捜す方がいいでしょう。

このアルバムは、一緒に収録されているほかのトラックに、なかなか貴重な音源があります。まず15で"Jealous Lover"を聴くことが出来ます。他では日程的に非常に近い、6月21日の物でしか聴くことの出来ない曲です。16の"No Relrease"もフル・バージョンではありませんが、これ以外だと1981年のロッテルダムのライヴでイントロをやっているのが聴けるだけです。日付が正しいとすれば、現在出回っている1981年の音源のなかでも最初期のライヴという事になります。このFairfaxの音源については、CD-Rでもリリースされたようですが、私が入手したテープのセットリストを"Concert Files"に掲載してありますので、ご覧ください。

9月23日でイギリス・ツアーを終えたRainbowはすぐに北欧ツアーを開始します。