11-30 [Highway Stars]


ジャケット画像
No Number (Ritchie’s Box)
Adelade 30. November 1984
Disc 1

  1. Highway Star
  2. Nobody’s Home
  3. Strange Kind Of Woman
  4. A Gypsy’s Kiss
  5. Perfect Stragers
  6. Under The Gun
  7. Knocking At Your Back Door
  8. Lazy – Drum Solo

Disc 2

  1. Child In Time
  2. Beethoven
  3. Organ Solo
  4. Space Truckin’
  5. Organ Solo
  6. Guitar Solo
  7. Space Truckin’
  8. Black Night
  9. Speed King
  10. Smoke On The Water

再結成Deep Purpleの1984年オーストラリアツアーの音源は、現在の所CDではアナログ盤のコピーしか出回っていません。これは、アナログ盤でもツアーの一番初期の音源だった、1984年11月30日、アデレードでのステージを収録したものです。"Richie’s Box"と題されたボックス・セットに含まれているものですが、バラでもリリースされていました。2001年になって、ボックス・セット"The Bootleg Series 1984-2000"の一枚として、オフィシャル・リリースされています。

演奏の方は、ツアー序盤ということで、あまりこなれていない印象を受けますが、再結成Deep Purpleの場合、こういった時期の方が各人の即興は面白いものがあります。

再結成後の"Strange Kind Of Woman"でのリッチーとギランの掛け合いで、ギランが70年にオリジナル・キャスト盤に参加した"Jesus Christ Superstar"の一節が聴けますが、どうもこの日からやり始めたような感じです。この"Jesus Christ Superstar"のオリジナル・キャスト盤は、MCAD2-11542として、アメリカ盤のCDが入手可能です。

この日はロジャーの誕生日で、"Strange Kind Of Woman"の前でリッチーがバースデイソングを弾きます。Deep Purple、Rainbowの音源ではこのほかに、1973年6月29日、第2期Deep Purpleの最終公演でジョンがイアン・ペイスに向けてプレイしたもの、1979年11月30日の、これまたロジャーの誕生日にグラハムが歌ったものが主なバースディソングとして残っています。

音質は、盤起こしということを考えれば、まあまあという所でしょう。オーディエンス録音です。この年のツアーの、ライン収録の音源は出回っていません。

この再結成Deep Purpleのライヴで、いつも聴きものなのは"Perfect Stragers"と"Speed King"だと思います。"Perfect Stragers"は、きっちりとしたソロパートなどはないのですが、各メンバーとも毎回違った色を見せてくれて、聴く度に新しい発見がありますし、"Speed King"では、1970年にタイムスリップしたかのようなジョンとリッチーのコール & レスポンスが素晴しいです。日本ではとうとう"Speed King"はプレイしないままリッチーは再結成Deep Purpleから脱退してしまいますが、1度は観てみたかったものです。この日のステージでも、この2曲のパワーは他の曲を圧倒しています。


12-13 [Reborn]


ジャケット画像
BLUE SKY 95001-2
Sydney 13 December 1984
Disc 1

  1. Highway Star
  2. Nobody’s Home
  3. A Gypsy’s Kiss
  4. Perfect Strangers
  5. Under The Gun
  6. Knocking At Your Back Door
  7. Lazy

Disc 2

  1. Child In Time
  2. Black Night
  3. Speed King
  4. Space Truckin’
  5. Smoke On The Water

これも同名のアナログ盤のコピーです。まあまあのバランスですが、音質はアデレードよりも落ちます。そして、エンディングでフェイド・アウトする曲が何曲かあります。

この日のステージには、ジョージ・ハリスンが飛び入りしています。このCDには"Speed King"に参加しているというクレジットがありますが、聴いた限りではそのような印象はありません。ここには収録されていませんが、この日は"Lucille"も演奏しており、こちらには参加しています。このシドニーで行なわれたステージは、3日間ともオーディエンス・ショットのビデオが存在し、また、公式でもカメラが回されており、ビデオ・クリップなどにも使われたりしていますから、シドニーの演奏を聴いてみたいとお考えの方は、映像を探してみてください。画質は当時のオーディエンス・ショットの標準レベルのものが多いですが、なるべくマスターに近いものを見つけないと、鑑賞にはツラいかもしれません。

12月18日でオーストラリア・ニュージーランドツアーを終えた彼らは、翌年1月からアメリカツアーを開始します。