12-13 [They’ll Be The Masters]


ジャケット画像
BON 217/218
Freiburg, Germany 22 February, 1991
Disc 2 7-9 : Red Fox In Vermont, USA 13 December 1989 (Without Jon Lord)
Disc 1

  1. Introduction
  2. Burn
  3. Black Night
  4. Truth Hurts
  5. The Cut Runs Deep
  6. Perfect Strangers
  7. Fire In The Basement
  8. King Of Dreams
  9. Love Conquers All

Disc 2

  1. Difficult To Cure
  2. Knockin’ At Your Back Door
  3. Hey Joe – Blues
  4. Highway Star
  5. Smoke On The Water
  6. Outroduction
  7. Going Down
  8. That’ll Be The Day
  9. Smoke On The Water

このCD、現時点でDeep Purpleの1989年の音源としては唯一のものが収められています。2枚目の7曲目以降がその音源で、ジョーが加入してから初のライヴ・パフォーマンスとされる、1989年12月にヴァーモントのライヴ・ハウスで行なわれたギグを収録したとされるものです。ヴァーモントで曲作り、もしくはレコーディングを行なっている最中のパフォーマンスで、ジョン・ロードをのぞいた四人で演奏されています。オーディエンス録音で、バランスがややギターよりですが、なかなか良い音質で録音されています。この日の録音としてファンの間で出回っているテープはこの部分のみで、このコンサートがはたして長時間にわたって行なわれたのかどうかは不明です。雰囲気としてはアンコールの部分とか、他のアーティストのコンサートの後、突然ステージに現れてこの3曲をサッとプレイして終えたとか、そんな感じの漂うテープです。しかし、リッチーのプレイはのびのびとしていて素晴らしく、紆余曲折があったとはいえ、新しいヴォーカリストを向かえてリラックスしている様子がうかがえます。なかでも"Smoke On The Water"のプレイは素晴らしく、このギグを観ることができたオーディエンスは幸運だと思います。