09-26 [Battle Master]


ジャケット画像

Darker Than Blue [113/14]
Milan 26 September 1993

Disc 1

  1. Intro.
  2. Highway Star
  3. Black Night
  4. Talk About Love
  5. A Twist In The Tale
  6. Perfect Strangers
  7. Difficult To Cure
  8. Keyboard Solo
  9. Knocking At Your Back Door

Disc 2

  1. Anyone’s Daughter
  2. Child In Time
  3. Anya
  4. The Battle Rages On
  5. Lazy
  6. Drum Solo
  7. Space Truckin’
  8. Woman From Tokyo
  9. Paint It Black
  10. Smoke On The Water

数年前に同レーベルからリリースされた[Lost Milan Tape 1993]の再登場盤となる2枚組プレスCD。ツアー序盤、9月26日にイタリア、ミラノにて行われたステージを収録したとされるサウンド・ボード音源をソースとしています。

基本的な音像は[Lost Milan Tape 1993]と同様ですが、やや低域が強調されたイコライズにより、ドラム、ベースの輪郭が[Lost Milan Tape 1993]よりもはっきりしています。今回の音を好む人もいれば、前回のすっきりとした低域の方が良いという人もいると思いますが、音源の印象がガラッと変わるようなものではないですし、"Smoke On The Water"がフェイド・アウトせずに収録されているとはいえ、ギター・ソロ突入あたりで切れているテープ・エンドまでの収録には変わりがないので、[Lost Milan Tape 1993]を持っている人がアップグレードをするべきかどうかは、微妙なところかもしれません。まだ聴いたことのない方は、ツアー序盤の好調なプレイが楽しめる音源なので、一度は体験してみてほしいです。


09-26 [Lost Milan Tape 1993]


ジャケット画像
Darker Than Blue 010-011
Milan, Italy 26 September 1993

Disc 1

  1. Opening
  2. Highway Star
  3. Black Night
  4. Talk About Love
  5. A Twist In The Tale
  6. Perfect Strangers
  7. Difficult To Cure
  8. Jon Load Keyboard Solo
  9. Knocking At Your Back Door

Disc 2

  1. Anyone’s Daughter
  2. Child In Time
  3. Anya
  4. The Battle Rages On
  5. Lazy
  6. Ian Paice Drum Solo
  7. Space Truckin’
  8. Woman From Tokyo
  9. Paint It Black
  10. Smoke On The Water

結成25周年記念ツアー、スタート直後のイタリア公演から、開始3日目のミラノ公演をサウンドボード音源で収録した2枚組プレスCD。"Live Cassette Analysis"には、オーディエンス音源の記述とともに、1時間程度のビデオ映像の存在が言及されていますが、サウンドボード音源に関しては記述がありません。1987年のミラノ公演とともに登場してきた音源です。両方ともミラノでのサウンドボードというところに共通点がありますが、どんな裏事情があるのか興味津々ですね(笑)

濁りのない良質なテープで、歪みやこもりもなく、良好なバランスのサウンドボード音源。モニター・ミックスではなさそうなので、聴きやすいCDとなっています。リズム隊のサウンドがもう少し固まっていればオフィシャルでもイケるかなという感じ。

サウンドボードということで、各楽器やヴォーカル・パートのアラが目立つ場合もあるわけですが、当音源ではさほど気になる部分はありません。ツアー序盤ということで、基本的なラインに沿った進行が聴け、ギランとリッチーの確執もまだ大々的に表面化していない頃なので、好調なプレイを楽しめます。ただ、バンド演奏全体がタイトかどうかというと、ちと微妙な雰囲気が……。アンコールが"Smoke On The Water"だけで終わっている(テープでは途中でフェイド・アウトします)あたりからも、当夜のバンドが必ずしも絶好調ではなかったことが伺われます。ただ、オーディエンス音源の記述を読むと、"Smoke On The Water"の前に、"Speed King"をやっているようです。イタリアで行なわれた各公演では、アンコールで"Strange Kind Of Woman"を演奏していることが多いのですが、このミラノ公演ではプレイされませんでした。


10-16 [Naked Thunder Rage]


ジャケット画像
DPCD 05/06
Stuttgart 16 October 1993
Disc 2-9 : Studio Take
Disc 1

  1. Highway Star
  2. Black Night
  3. Talk About Love
  4. A Twist In The Tale
  5. Perfect Strangers
  6. Difficult To Cure
  7. Knocking At Your Back Door
  8. Anyone’s Daughter
  9. Child In Time

Disc 2

  1. Anya
  2. The Battle Rages On
  3. Lazy
  4. Space Truckin’
  5. Paint It Black
  6. Speed King
  7. Hush
  8. Smoke On The Water
  9. Not Responsible

"The 25th Anniversary Tour"と銘打たれたこのヨーロッパ・ツアーは、9月24日のローマからスタートしました。リッチーが脱退するヘルシンキまで、テープやビデオ、なんらかの形でオーディエンス記録が残されています。このCDは、序盤のドイツ公演から、10月16日のシュツットガルトを収録しています。この日は、リッチー脱退後に発表されたライヴアルバム"Come Hell Or High Water"に何曲か収録されています。このツアーのベスト・パフォーマンスが聴かれた日とされていて、コンプリートで聴くことが出来るのはありがたいことです。私としては、プライヴェートビデオが出回っているフランクフルトでのステージの方が出来はいいと思いますが、この辺は各人の好みという事になるかな……

音質は、"In Your Trousers"に比べるといま一つといったところですが、まあまあ満足できるオーディエンス録音です。オルガンがちょっと引っ込みすぎの感がありますが、クリアーにとれています。この日のセットリストからオフィシャル・ライヴ・アルバムに収録された曲は次のとおりです。

  • Highway Star
  • Black Night
  • A Twist In The Tale
  • Perfect Strangers
  • Child In Time
  • Anya
  • Speed King
  • Smoke On The Water

10-19 [Battle – Cries]


ジャケット画像
OHM 33 A/B
Paris 19 Oct. 1993
Disc 1

  1. Highway Star
  2. Black Night
  3. Talk About Love
  4. A Twist In The Tale
  5. Perfect Strangers
  6. Jon Lord’s Medley
  7. Knocking At Your Back Door
  8. Anyone’s Daughter
  9. Child In Time

Disc 2

  1. Anya
  2. The Battle Rages On
  3. Lazy
  4. Woman From Tokyo
  5. Paint It Black
  6. Hush
  7. Speed King
  8. Smoke On The Water

このリッチー最後のツアーを収録したライヴCDのなかで、もっとも早くリリースされていたのが、この2枚組です。ジャケットにはなんのクレジットもありませんが、1993年10月19日に行なわれたパリ公演を収録したとされています。このパリ公演のテープは何種類か出回っているようで、このCDに収録された音源が一番クォリティが高いとされています。

ジャケットにはDAT録音であることを謳っています。それなりに聴けるオーディエンス録音ですが、もう少し低域に迫力が欲しいところです。バランスはまあまあ、特に片寄ることもありませんが、歓声が少し大きめかもしれません。音像が小さくまとまっているような印象で、ステージからかなり遠いところで録音したような感じです。

"Jon Lord’s Medley"というのは、"Difficult To Cure"から始まるジョンのキーボード・ソロのことです。"Space Truckin’"の名前が見当たりませんが、ちゃんと"Woman From Tokyo"のチャプターに収録されています。

シュツットガルトとさほど時間が離れていないので、演奏の雰囲気はほとんど同じと言っていいと思います。11月3日までヨーロッパ大陸をツアーしたDeep Purpleは、11月5日からイギリスをツアーしますが、このイギリス・ツアーはオフィシャル・ビデオでリリースされているバーミンガムでのショウで幕を閉じます。ヨーロッパ大陸のツアー終盤からこのバーミンガムに至る間に、リッチーの脱退は決定的になったようです。


10-19 [Paris Battle]


ジャケット画像
Darker Than Blue 027-028
Paris 19 Oct. 1993

Disc 1

  1. Opening
  2. Highway Star
  3. Black Night
  4. Talk About Love
  5. A Twist In The Tale
  6. Perfect Strangers
  7. Difficult To Cure
  8. Jon Lord Keyboard Solo
  9. Knocking At Your Back Door
  10. Anyone’s Daughter

Disc 2

  1. Child In Time
  2. Anya
  3. The Battle Rages On
  4. Blues
  5. Lazy
  6. Ian Paice Drum Solo
  7. Space Truckin’
  8. Woman From Tokyo
  9. Paint It Black
  10. Hush
  11. Speed King
  12. Smoke On The Water

当ヨーロッパ・ツアー中、最多のステージを行なったドイツ公演の直後に訪れたフランスでは二回の公演を行なっていますが、当CDは[Battle – Cries]としてオーディエンス音源がリリースされている、二日目にあたるパリでのステージを、サウンドボード音源で収録した2枚組です。

濁りのない音で、バランスも良好なので、安心して聴けますが、冒頭から"Highway Star"のギター・ソロ前あたりまで、ややテープの不良を思わせる、こもり気味の音になっています。"Anyone’s Daughter"が途中でカットされている他は、コンサート本編はほぼ全曲聴くことが出来ます。どの機材から出ているかわかりませんが、ガリノイズが結構多いです。聴いた感じだと、ギターのシールドか、ボリュームっていう雰囲気ですが……。

ドイツ公演の好調を引き継いだような勢いのあるステージが聴けるパリ公演ですが、残念なことにアンコールが欠けており、その部分はオーディエンス音源で補完されています。おそらく[Battle – Cries]で使用されている音源だと思いますが、マスタリングで多少聴きやすくなっているように思います。


11-13 [In Your Trousers]


ジャケット画像
CC 336-37
Stockholm, Sweden 13. November 1993
Disc 2 11-13 : Copenhagen, Denmark 12. November 1993
Disc 1

  1. Intro
  2. Highway Star
  3. Black Night
  4. Talk About Love
  5. A Twist In The Tale
  6. Perfect Strangers
  7. Difficult To Cure
  8. Keyboard Improv.
  9. Knocking At Your Back Door
  10. Anyone’s Daughter
  11. Child In Time

Disc 2

  1. Guitar Improv.
  2. Anya
  3. The Battle Rages On
  4. Lazy
  5. Drums Improv.
  6. Space Truckin’
  7. Woman From Tokyo
  8. Paint It Black
  9. Hush
  10. Smoke On The Water
  11. Speed King
  12. Intro.Guitar
  13. Smoke On The Water

Deep Purpleのオーディエンス録音の音源のなかで、現在のところもっとも音の良いものの一つが、これです。2001年にリリースされたオフィシャル・ブートレッグ・ボックスに収録されたことからも、その音質の良さを伺うことができます。ヨーロッパ・ツアーも終盤にさしかかった11月13日のスウェーデンのステージを収録しています。これは、もうリッチーが脱退を決定し、メンバーもそれを知っている頃のものですが、オフィシャルビデオで観られるような殺伐とした演奏ではなく、むしろ程よい緊張感がいい方向にいっている感じで、なかなかまとまった演奏を聴かせてくれます。

このツアーで演奏されるようになった"Anyone’s Daughter"は、"Fireball"発表時のライヴ音源でたまに聴くことが出来ます。アレンジはそれとほとんど変りません。この日の聴きものは"Child In Time"、"Anya"のメドレーでしょう。リッチーのソロはこのツアーの中でも出色の出来です。

ボーナスとして、前日のコペンハーゲンでのコンサートからアンコール部分が収録されています。こちらもかなり良好なオーディエンス録音です。


11-15 [Ritchie Last Gig]


ジャケット画像
No Number (Ritchie’s Box)
Oslo 15 November 1993
Disc 2 7-10 : Finland 17 November 1993
Disc 1

  1. Highway Star
  2. Black Night
  3. Talk About Love
  4. A Twist In The Tale
  5. Perfect Strangers
  6. Difficult To Cure
  7. Knocking At Your Back Door
  8. Anyone’s Daughter
  9. Child In Time
  10. Anya

Disc 2

  1. The Battle Rages On
  2. Lazy
  3. Space Truckin’
  4. Hush
  5. Speed King
  6. Smoke On The Water
  7. Anya
  8. Hush
  9. Speed King
  10. Smoke On The Water

プライベート・ビデオが日本のショップにも出回っている、11月15日、オスロでのコンサートを収録したCDです。"Ritchie’s Box"の一枚としてリリースされ、バラ売りはされませんでした。タイトルに反し、ラスト・ギグの音源はボーナス・トラックの4曲のみとなっています。音質はなかなか良好です。こもりや濁りもなく、最近のDAT録音の標準と言って良いと思います。ラストのギター・クラッシュはあまり迫力がありません。この部分はビデオを観た方が良いかもしれません。

ボーナスで収録されているヘルシンキの音源はややこもり気味、音の解像度の鮮明さに欠けます。次に掲載した"Finish In Finland"の方が良質の録音と言えます。この日で出来の良い"Anya"を収録しているのはいいとして、ホントの聴きどころであるイントロを収録していないのは減点。タイトル負けしているライヴCDと言えましょう。なんでこんなもんをボックス・オンリーでリリースしたのか、謎です(笑)。