11-17 [Finish In Finland (Ritchie’s Last)]


ジャケット画像
HW 013/14
Finland 17 November 1993
(Mark 7 Last Show)
Disc 1

  1. Intro
  2. Highway Star
  3. Black Night
  4. Talk About Love
  5. A Twist In The Tale
  6. Perfect Strangers
  7. Difficult To Cure
  8. Knocking At Your Back Door
  9. Anyone’s Daughter

Disc 2

  1. Child In Time
  2. Anya
  3. The Battle Rages On
  4. Lazy
  5. Space Truckin’
  6. Woman From Tokyo – Paint It Black
  7. Hush
  8. Speed King
  9. Smoke On The Water
  10. Outro

ヨーロッパツアー最終日の音源です。このあと、リッチーは2度目のDeep Purple脱退をするわけですが、ヨーロッパ・ツアーのあとに予定されていた日本公演をドタキャンした形になったため、彼の行動に非難が集まりました。2年後にRitchie Blackmore’s Rainbowとしての最初のステージが、このDeep Purple最期のステージとなった同じヘルシンキからスタートしたのは、なにか因縁めいています。コンサート自体はリッチーのプレイも含めてなかなか良い出来で、"Anya"や"Smoke On The Water"などのイントロでプレイされるギターソロの素晴らしさは、Deep Purple最後のプレイに相応しいものとなっていると思います。

前の"In Your Trousers"に比べると、こもり気味で、バランスもあまり良いとは言えませんが、そこそこ聴けるオーディエンス録音です。このヘルシンキはオーディエンス・ショットのビデオも存在しますが、アングルが良くない上に途中までの収録のため、現時点で「Deep Purple最後のリッチー」を体験するアイテムとしては、このCDに収録されている音源がベストだと思います。

Deep Purpleを脱退したあと、しばらくのあいだリッチーは沈黙を守ります。ニュー・プロジェクトのメンバーが見え始めたのが1994年の後半、バンド名も二転三転して伝わってきましたが、結局Ritchie Blackmore’s Rainbowとして、活動を再開することになります。


11-17 [Ritchie’s Last]


ジャケット画像
Darker Than Blue 002
Finland 17 November 1993
(Mark 7 Last Show)

  1. Speed King
  2. Ritchie Solo
  3. Smoke On The Water

リッチーのDeep Purple最後のステージ、1993年11月17日のヘルシンキ公演を、なんとサウンドボードで収録したアイテム。といっても、残念ながらアンコール中途からの十数分のみの収録ですが、それでも、このステージの演奏をサウンドボードで聴けるというのはありがたいことです。このステージの全貌は、[Finish In Finland]にてオーディエンス音源が聴けます。

濁りやこもりのない、しっかりした音で収録されていて、バランスも良好なので、安心して聴けます。たった2曲とはいうものの、この日の"Smoke On The Water"は、そのイントロを含めて、当ツアーのベスト・ヴァージョンとも言われているものなので、機会があれば一聴の価値はあると思います。この音質で、当コンサートの全編が登場してくれれば、いうことはないのですが。