03-01 [King Of The Road]


ジャケット画像
DE-040/041
Harpos, Detroit 1 March 1997
Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Spotlight Kid
  3. Long Live Rock’n’Roll
  4. Mistreated
  5. Wolf To The Moon
  6. Difficult To Cure
  7. Keyboard Solo
  8. Still I’m Sad
  9. Man On The Silver Mountain

Disc 2

  1. Temple Of The King
  2. Black Masquerade
  3. Ariel
  4. Blues
  5. Since You Been Gone
  6. Perfect Strangers
  7. Hey Joe
  8. Burn
  9. Smoke On The Water
  10. Over The Rainbow

コメント未作成


03-02 [The Next Generation 1]


ジャケット画像
R-3297-1/2
Chicago 2 March 1997
Disc 2 9-15 : Toronto February 1997
Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Spotlight Kid
  3. Long Live Rock’n’Roll
  4. Mistreated
  5. Wolf To The Moon
  6. Difficult To Cure
  7. Keyboard Solo
  8. Still I’m Sad – Bass And Drum Solo
  9. Man On The Silver Mountain
  10. Temple Of The King
  11. Black Masquerade

Disc 2

  1. Ariel
  2. Since You Been Gone
  3. Perfect Strangers
  4. Woman From Tokyo
  5. Smoking In The Shadow
  6. Burn
  7. Smoke On The Water
  8. Over The Rainbow
  9. Over The Rainbow
  10. Spotlight Kid
  11. Long Live Rock’n’Roll
  12. Mistreated
  13. Wolf To The Moon
  14. Difficult To Cure
  15. Keyboard Solo

「スタートレック」からタイトルをパクッたと思われる、シカゴでのステージを収録したCDです。なかなかバランスのよいオーディエンス録音です。しかし、これもピッチが半音程度低い感じです。濁り、歪みはなく、クリアーにとれていますし、会場の雰囲気もいい感じで入っています。

演奏も、2月のギグに比べるとだいぶタイトにまとまってきています。"Mistreated"のエンディングの畳み掛ける感じは第3期Deep Purpleを思い起こさせます。遊びもいろいろと楽しめるものが聴けます。ドゥギーもここまででは一番調子がいいと思います。Disc 2の5曲目、"Smoking In The Shadow"は、Deep Purple時代からときどきアドリブでやっているナンバーですが、不勉強のため誰の曲か知りません。

ボーナスには、ビデオも出ている2月24日、カナダはトロントでのステージが収録されています。ビデオは観ていないので音声を落して来たものかどうかはわかりませんが、ここに収録されているものはあまり音質はよくありません。ステージからかなり遠いようで、音像が小さくまとまっていますし、少しこもり気味です。CDのクレジットによると、"Keyboard Solo"以後は"To Be Continued"だそうです (笑)。続きは、"The Next Generation 2"でね、ということでしょうか。


03-07 [Doogie’s Birthday Party]


ジャケット画像

Bondage BON 119/120
Minneapolis 7 March 1997
Disc 2-8 : Chicago 2 1997

Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Spotlight Kid
  3. Long Live Rock’n’Roll (Incl. Black Night)
  4. Birthday Blues
  5. Mistreated
  6. Wolf To The Moon
  7. Difficult To Cure
  8. Keyboard Solo
  9. Still I’m Sad – Bass Solo – Drum Solo
  10. Man On The Silver Mountain

Disc 2

  1. Temple Of The King
  2. Black Masquerade
  3. Ariel
  4. Lazy – Since You Been Gone
  5. Perfect Strangers
  6. Woman From Tokyo
  7. Burn
  8. Smoke On The Water

タイトルどおり、ドゥギーのバースデイに行われたギグを収録しているようです。やはりピッチが少し (半音まではいきません)低いものの、かなりクリアーかつバランスよくとられているオーディエンス録音です。ベースが少し引っ込んでいるかな ? "The Next Generation 1"と遜色ない音質です。

"Spotlight Kid"のあとのMcで、「スペシャル・パーティへようこそ ! 今日は俺の誕生日だ !」と言っております。"Long Live Rock’n’Roll"の中のアドリヴ・ソングでも、バースデイにちなんだことを歌っているようです。この日のドゥギーは少し高音が辛い様ですが、気合いが充実していてけっこう聴かせてくれます。"Birthday Blues"はいつものパターンのブルーズではなく、ドゥギーがアドリヴで少し何か歌ったあと、"Happy Birthday To You"を演奏しています。

こういったスペシャルな日のリッチーは大抵素晴しい演奏を聴かせてくれますが、この日も例外ではなく"Mistreated"は圧巻の一言ですし、随所で素晴しいフレーズが連発されています。バンドとしても大変まとまった演奏を展開しています。

"Smoke On The Water"のみ、"The Next Generation 1"にも収録されていたシカゴでの演奏ですが、テープは違うようです。こちらに収録されているもののほうがピッチは正常に近いですが、音の迫力は"The Next Generation 1"の方があるように思います。


03-13 [Tempe Of The King]


ジャケット画像

Bondage BON106/107
Arizona 13 March 1997

Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Spotlight Kid
  3. Long Live Rock’n’Roll
  4. Mistreated
  5. Wolf To The Moon
  6. Difficult To Cure
  7. Keyboards Solo
  8. Still I’m Sad – Drums Solo
  9. Man On The Silver Mountain
  10. Temple Of The King

Disc 2

  1. Black Masquerade
  2. Blues
  3. Ariel
  4. Street Of Dreams
  5. Lazy
  6. Since You Been Gone
  7. Perfect Strangers
  8. Maybe Next Time
  9. Woman From Tokyo
  10. Burn

こちらも"Doogie’s Birthday Party"に劣らず音質がいいです。若干遠い感じはしますが、場内のエコーも捉えられており、臨場感溢れる録音になっています。歪みも少なく、バランスもまあまあです。惜しむらくは、やはりピッチが半音ほど低くなっていて、ダルな演奏に聞こえてしまうことです。

"Man On The Silver Mountain"は、このツアーからかなり雰囲気が変わっています。かなりファンキーな遊びが導入されるイントロで始まり、演奏も1995年、1996年と比べると長くなっています。

このほかのコンサートの音源も、いくつかCD-Rで出回っているようです。しかし、1枚1枚焼きこむCD-Rは原盤からプレスするCDとは性格がことなり、やや一般性に欠ける面があると考えますので、私としてはプライヴェート・レコーディングとして、このHomepageではCD-Rは取り上げないことにしています。たしかに素晴しい音質のものもありますし、いくつかのショップで流通したりしているものも存在しますが、今やCD-Rドライヴが個人でも買え、手軽に焼きこめるようになっている現在、作ろうと思えばいくらでも人為的なレア・アイテムが誕生する可能性があり、そういったものまで取り上げるとキリがないということがあります。個人で録音したものを焼きこんで、思い出の1枚を作るというようなことは素晴しいと思いますが、それで商売をするというのはいささか疑問が残るということです。CD-Rは、プライヴェート・テープの延長という考えで、ライヴCDには含めない、という事にさせていただきます。

他にもいくつか、海外のコレクターがプレスしたCDが存在するようですが、入手できなかったため紹介できません。

このアメリカ・ツアー終了後、リッチーはかねてからの念願だった中世音楽をフィーチュアしたプロジェクト、 Blackmore’s Nightのアルバム、"Shadow Of The Moon"をリリースします。そのあと、デンマークのフェスティバルに出演しますが、結局これがこのラインナップによる Rainbowのラスト・ステージとなってしまいました。このステージもCD-Rが出回っているようですが、きちんとしたCDでのリリースを望みます。

デンマークのフェスティヴァルのあと、ヨーロッパ・ツアーが予定されていた様ですが、契約の段階でトラブルがあったようでメンバー全員がいなくなってしまい、ツアーは行われていません。