05-31 [Burn Like A Candle]


ジャケット画像

Boleskine House BHRCD 2
Esbjerg Festpladsen 31 May 1997

Disc 1

  1. SE
  2. Over The Rainbow
  3. Spotlight Kid
  4. Long Live Rock’n’Roll
  5. Black Night
  6. Long Live Rock’n’Roll
  7. Mistreated
  8. Wolf To The Moon
  9. Difficult To Cure
  10. Keyboard Solo
  11. Still I’m Sad
  12. Bass Solo
  13. Drum Solo
  14. Band Introduction
  15. Man On The Silver Mountain

Disc 2

  1. Temple Of The King
  2. Black Masquerade
  3. Ariel
  4. Blues
  5. Since You Been Gone
  6. Perfect Strangers
  7. Band Introduction
    encore
  8. Inprovisation
  9. Burn
  10. Maybe Next Time
  11. Festival Ending MC

現時点における、再編成Rainbow最後のステージとなっている、1997年5月31日にデンマークで行なわれたフェスティバルでの演奏とを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。Taranturaの系列と思われるレーベルから、300枚限定の2枚組として登場しました。音源そのものはフェスティバルの直後からトレードされていましたが、なかなか音盤としての登場はなく、最近になって立て続けに二つのレーベルからCD-Rが登場していました。この年代の音源は、最近でも内容的には面白いリリースが多いのですが、すべてCD-Rなのがやはり物足りないところ。特に当音源は現時点で「ハード・ロックをプレイしているリッチー」のステージを体験出来る最後の音源であるので、やはりこうしてプレスしてくれたのはありがたいです。

濁りやこもりはほとんどなく、バランスもまあまあで、聴きやすい音源です。さきにも触れたように、最近になって2種類のCD-Rがリリースされましたが、すべて元音源は同じと思われます。ただ、テープの世代とか、マスタリング、イコライジングで、聴いた感じがどれも異なります。どれをチョイスするかは好みとか、その場の状況で、どれでもかまわないと思いますが、私のように病的にプレスにこだわる変態であれば迷わず当ディスクをチョイスすべし(笑)。ただ、音圧でいえば、当CDが一番大きな音で再生されるように思われ、当CDを聴きやすいと感じる人も多いのではないかと思います。

内容的には当フェスティバルに先立って行なわれていたアメリカ・ツアーのセット・リストが基本になっています。オープニングで"We must be over the Rainbow…"が流れず、いきなり演奏が始まったり、エンディングの"Over The Rainbow"などのSE部分でテープが流れないのに戸惑います。フェスティバルの事情がなにか絡んでいたのでしょうか。それとも、単にスタッフのミステイクだったのか?

ドラマーのジョン・ミッチェリですが、アメリカ・ツアーの時点にくらべれば、バンドに馴染んだプレイを聴かせてくれているように思います。ツアー終了後、やや間が開いた時点でのステージではありますが、ドゥギーはインターバルを置いたせいか、声に張りもありますし、全体的にはタイトな演奏になっているんじゃなかろうかと。リッチーのプレイも、"Mistreated"や"Temple Of The King"、"Ariel"等でのソロ・パートは一聴の価値ありです。……ただ、オーディエンスで終始浮かれているおっちゃんがおりまして、静かなところでもノッているところでもかまわず「ヘッヘッヘェ〜〜」と、ギランのような(ばきっ☆)奇声を発しておるのが気になったりもします。楽しんでるのは別に良いんですけど(^^;、やはり私の半径5メートル以内にこのおっちゃんがいたら迅速かつ確実に殲滅……できるかな?祖先はバイキングだからなー(^^;

アンコールでは"Smoke On The Water"をプレイしていませんが、本来はやる予定でした。このフェスティバルには、ピーター・グリーンのバンドでコージー・パウエルも参加しており、前夜に十数年ぶりの再会をした両者は、Rainbowのステージのアンコールでコージーが"Smoke On The Water"をプレイするという話でまとまっていたということです。しかし、フェスティバル全体の時間が押してしまったことで、"Maybe Next Time"の終了直後に当音源の最後に収録されている、フェスティバルの終了アナウンスが流れてしまい、この共演は残念ながらお流れになり、幻となってしまいました。ただ、これをきっかけとして、ロニーを含めた"Rising"録音時のラインナップでの再編の話がスタートしたとも言えます。結局、一年あまり後には、再編自体も不可能になってしまったわけですが……。また、当フェスティバルへの出演を巡って、バンドのメンバーとの対立もあったとも伝えられており、さまざまな意味で、当フェスティバルはリッチーのハード・ロックに対するスタンスに影響を与えたイベントとなっていると思います。

ということで、リッチーはこのフェスティバルを境に、ライヴ・パフォーマンスでもBlackmore’s Nightとしてのツアーに傾注していくこととなります。……だから、Blackmore’s NightのライヴもCD-Rばっか出さないで、プレスCDをもっと聴かせれ(ばく)


02-28 [Final Chapter]


ジャケット画像
Power Gate [201]
Ohio 28 February 1997

Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Spotlight Kid
  3. Long Live Rock’n’Roll
  4. Mistreated
  5. Wolf To The Moon
  6. Difficult To Cure
  7. Keyboard Solo
  8. Still I’m Sad
  9. Drums Solo

Disc 2

  1. Member Introduction
  2. Man On The Silver Mountain
  3. Temple Of The King
  4. Black Masquerade
  5. Ariel
  6. Lazy / Since You Been Gone
  7. Perfect Strangers
  8. Woman From Tokyo
  9. Burn
  10. Over The Rainbow
  11. Soundcheck #1
  12. Soundcheck #2
  13. Soundcheck #3
  14. Soundcheck #4
  15. Soundcheck #5

もう10年以上前の出来事となる、再編成Rainbowの最終ツアーとなった1997年アメリカ・ツアーから、序盤のオハイオ2公演のうち、二日目のステージをオーディエンス録音で収録したCDです。当時、"Ritchie Adlibs Blues"というタイトルでも出てた事がありますが、久々の再登場。おそらく同じソースです。聴きくらべる時間がないんであてずっぽですが(^^;

今回の方が、音の割れもなく、聴きやすくなってます。音像そのものは、バランスが今一つ、かつ、左右の広がりに欠ける感じで、右側に音が固まります。こう書くとあまり良くなさそうですが、リッチーのギターの音がかなり良く入ってるのがポイント。細かなディティールがはっきり伺えるようになってます。この年のアメリカ・ツアーはライヴハウスなどの小規模の会場が多いので、ホールトーンも過度にならず、聴きやすい音源が多いのですが、その中でも聴きやすい方に入ると思います。

演奏の方は、いかにもアメリカって感じのライヴ(何の事やら)。んで、このツアーからドラムが交代してます。ジョン・ミッチェリという人で、当時から馴染めなかったですが、今回改めて聴いても、やっぱこの人のドラムは私にはダメです(^^;。これは人それぞれ好みがあると思いますので、一概にダメポイントではありませんが、それを差し引いても、このツアー序盤の時期は、他のメンバーもあまり出来が良くありません。やる気が微妙に見えないっつーか(^^;。グレッグ・スミスはそれでもなかなかなパフォーマンスに感じますが。

んで、曲目クレジット、この記事では修正してありますが、"Wolf To The Moon"が、なんで"Stranger In Us All"にならなきゃならんのだ(笑)。ブートレガー、ぢつはこの時期のRainbowはロクに聴いちゃいないということでファイナルアンサー(爆)

終わりに収録されているのは、この音源が初めてリリースされた時にも入っていた、この日のサウンド・チェック。サウンド・チェック音源というと、会場の外で、中から洩れてくる音を拾ったようなモノが多いですが、これはわりとディティールを捉えられる、なかなかな音質で録られています。聴きモノは10分にわたって展開されるブルース・ジャム。これは一聴の価値、ありますです。中途半端に終わるとこが惜しいけど(^^;


02-21 [Moon Walker]


ジャケット画像
R-22197-1/2
The Strand 21 February 1997
Disc 2 6-10 : Birh Hill 21 February 1997 (Soundcheck)
Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Spotlight Kid
  3. Long Live Rock’n’Roll
  4. Mistreated
  5. Wolf To The Moon
  6. Difficult To Cure
  7. Keyboard Solo
  8. Still I’m Sad – Bass And Drum Solo
  9. Oh ! Jane
  10. Man On The Silver Mountain
  11. Temple Of The King
  12. Black Masquerade
  13. Ariel

Disc 2

  1. Since You Been Gone
  2. Perfect Strangers
  3. Burn
  4. Smoke On The Water
  5. Over The Rainbow
  6. Spotlight Kid
  7. Long Live Rock’n’Roll (Incl. Black Night)
  8. Mistreated
  9. Ariel
  10. Black Masquerade

ツアー開始2日目のライヴを収録しています。ボーナス部分ではサウンドチェックを聴くことが出来ます。

かなりステージから遠いところでとったようで、音が固まってしまっていますが、それなりにクリアーなオーディエンス録音です。。特に1曲目はPaが決まっていないせいか、バランスも不安定で、聴きづらいですが、それ以降はだんだんとよくなってきます。多少ハイ上がりなイコライジングで、こもりはそれほどありませんが、少し歪みが気になります。

"Spotlight Kid"で始まるセットで、"Mistreated"のフルヴァージョンをプレイするのは意外にもこのツアーが最初です。この日の"Mistreated"でのソロは、ギターシンセらしきエフェクトがかなりエキサイティングです。

ツアー序盤の演奏のせいか、全体的に遊びもおとなしめですし、ドゥギーがあまり本調子でないようです。Disc 1の9曲目"Oh ! Jane"とあるのは、例によって"Hey Joe"の替え歌です。けっこう長めにプレイしてます。"Black Masquerade"では、エンディングがどたばたしてしまい、強引に終わらせているなど、こなれていない個所も見受けられます。この日はアンコールで"Smoke On The Water"が聴けますが、現在出回っているこのツアーのライヴ音源では、プレイしている日は多くありません。ツアー全体では多くプレイしていたかもしれませんが、ライヴCDでは貴重な演奏になっています。

ボーナスのサウンドチェックは、どうも次に上げている"Ohio First Night"に収録されているものと同じテイクの様です。となると、日付に矛盾が出て来ますが、どちらが正しいかは、ツアー日程の正確なものを持っていないので私は分かりません。


02-22 [The Jaxx]


ジャケット画像
R – 2.22.97
Springfield 22 February 1997
Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Spotlight Kid
  3. Long Live Rock’n’Roll
  4. Mistreated
  5. Wolf To The Moon
  6. Difficult To Cure
  7. Keyboard Solo
  8. Still I’m Sad – Bass And Drum Solo
  9. Man On The Silver Mountain
  10. Temple Of The King
  11. Black Masquerade

Disc 2

  1. Ariel
  2. Blues
  3. Perfect Strangers
  4. Hall Of The Mountain King
  5. Woman From Tokyo
  6. Burn
  7. Oh Jane !
  8. Smoke On The Water

"Moon Walker"の翌日、2月22日のライヴを収録しています。半音ほどピッチが低くなっていて、あまり締まりのある演奏には聞こえませんが、なかなか良好なオーディエンス録音です。ベースが引っ込みすぎの感があるので、あまりノリのある演奏に聞こえません。それ以外のバランスは、かなり良好です。

前日に続いてのライヴということで、演奏の雰囲気は"Moon Walker"とほとんど変わりません。やはり新加入のドラマーはまだ馴染んでいないような感じです。

このツアーの基本的な本編終了曲は"Perfect Strangers"で、アンコールに"Burn"、リッチーの気が乗れば"Smoke On The Water"が聴ける、というのが通常ですが、この日は本編終了曲に"Hall Of The Mountain King"をプレイしています。リズムのノリがいま一つですし、ドゥギーの声もちょっといただけませんが (ピッチが低いことも原因か)、リッチーは結構気合いを入れてプレイしているようです。しかし、結局うまくいかなかったのでしょう、これ以後の音源では今のところこの曲をプレイしていません。

この日はアンコールも多く、メンバーもノッてプレイしていたようで、ピッチの低さとバランスに目をつぶれば、非常に楽しめるものとなっています。


02-27 [Ohio First Night]


ジャケット画像
H-009/10
Ohio 27 February 1997
Disc 2 / 7 – 11 : New Jersey 20 February 1997 (Rehearsal)
Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Spotlight Kid
  3. Long Live Rock’n’Roll
  4. Mistreated
  5. Wolf To The Moon
  6. Difficult To Cure
  7. Still I’m Sad
  8. Man On The Silver Mountain
  9. Adlib Song
  10. Temple Of The King
  11. Black Masquerade

Disc 2

  1. Ariel
  2. Since You Been Gone
  3. Perfect Strangers
  4. Hey Joe
  5. Woman From Tokyo
  6. Burn – Over The Rainbow
  7. Spotlight Kid
  8. Long Live Rock’n’Roll
  9. Mistreated
  10. Ariel
  11. Black Masquerade

オハイオでのギグは2日間ともライヴCDが出回っています。どちらも同じレーベルからのリリースの様で、こちらは初日のギグを収録しています。ギターとベースがイマイチ引っ込んだバランスで、音自体も若干ではありますが、割れ気味です。ドゥギーも少し疲れているような歌い方で、あまり出来がよくありません。

セットリストは、オープニングに"Spotlight Kid"が復活し、本編終了曲が"Perfect Strangers"になったほかは、1996年のヨーロッパ・ツアーと同じ感じです。新しいドラマーは、所どころのキメの叩き方、リズムのとり方がチャックとかなり違い、聴いていて戸惑う部分があります。

あと、全体的にアメリカの観客の反応がヨーロッパ、日本とかなり違うのが興味深い所です。一番端的なのは、トラッドソングをプレイした時です。アメリカの観客は殆ど歌ったりしません。日本でも歌う人は少なかったですが、それなりに手拍子なんかしたりして、好意的な反応をしていたと思うのですが、アメリカでは手拍子なんてものも殆ど聞こえてきません。メンバーはさぞやりにくいだろうな、などと思ってしまうのですが……

Disc 2の7曲目以降は、ツアー初日のサウンドチェックを収録しています。あくまでリハーサルということで、殆ど緊張感の感じられない演奏です。音自体も、会場の外から漏れてくる音をとったような感じで、こもり気味です。バランス自体は悪くありませんが、話声がわずらわしく感じる所もあります。


02-28 [Ritchie Adlibs Blues]


ジャケット画像
HERITAGE-007/8
Ohio 28 February 1997
Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Spotlight Kid
  3. Long Live Rock’n’Roll
  4. Mistreated
  5. Wolf To The Moon
  6. Difficult To Cure
  7. Keyboards Solo
  8. Still I’m Sad
  9. Man On The Silver Mountain
  10. Temple Of The King
  11. Black Masquerade

Disc 2

  1. Ariel
  2. Lazy – Since You Been Gone
  3. Perfect Strangers
  4. Woman From Tokyo
  5. Burn
  6. Over The Rainbow
  7. Soundcheck

こちらは、オハイオの2日目を収録していますが、リリース順としては、こちらの方が先でした。かなり臨場感のある録音で、バランスもまあまあですが、やはり若干音が割れ気味になります。演奏の方は、初日よりも出来はいい感じです。曲中や、導入部で聴かせる遊びも、こちらの方が面白いことをいろいろやっています。

Disc 2に収録されている"Soundcheck"は、この日のものです。"Ohio First Night"に収録されている物と比べると、音はましなほうですが、かなり遠い感じの録音になっています。この日は、まとまった曲をやっている訳ではなく、10分以上に渡ってブルーズ・ジャムを聴かせています。やはり、リハーサル物というのは、かなりのファンでないと退屈してしまうでしょう。とはいえ、前半で聴かせるスライドでのプレイ、後半での叫びあげるようなプレイは、なかなかなものです。


03-01 [King Of The Road]


ジャケット画像
DE-040/041
Harpos, Detroit 1 March 1997
Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Spotlight Kid
  3. Long Live Rock’n’Roll
  4. Mistreated
  5. Wolf To The Moon
  6. Difficult To Cure
  7. Keyboard Solo
  8. Still I’m Sad
  9. Man On The Silver Mountain

Disc 2

  1. Temple Of The King
  2. Black Masquerade
  3. Ariel
  4. Blues
  5. Since You Been Gone
  6. Perfect Strangers
  7. Hey Joe
  8. Burn
  9. Smoke On The Water
  10. Over The Rainbow

コメント未作成