[First Clean Up Live (1st Press)]


ジャケット画像

No Label Credit
ED 129

SIde A

  1. Ricochet (from BBC Studio Session)
  2. Mumblin’ Thing Blues (Koln 4 April 1970)
  3. Joddle – Speed King (Offenbach 10 April 1971)
  4. Maybe I’m A Leo ("Sound Of The Seventies" 9 March 1972)

Side B

  1. No No No (from Beat Club Performance)
  2. Fireball (Shefield 5 October 1971)
  3. Mary Long (Wien 14 March 1973)
  4. What’s Going On Here (Gothenburg 11 December 1973)

ヨーロッパ・プレス、シングル・ジャケットのアナログ盤。表ジャケットはタイトルのみ。活字の部分が凹んでいるので、もし印刷だとしたらエンボス加工をしたということになりますが、んな金はかけてないだろな(笑)。おそらくスタンプ、もしくはタイプ打ちと推測します。ちなみに"Hot Wax"にはTitle embossed in blackとの記載があります。裏ジャケットは中央に3ケタのナンバーがあるだけ。プレスは500枚だそうなので、シリアル・ナンバーのつもりでしょうか。レコードはご覧のとおりレッドのクリア・ヴィニールでプレスされており、曲目などのクレジットはレーベルにのみ施されています。

とことん無愛想な作りのレコードですが、中身は当時としては最高にマニアックな構成。"Fireball"や"Mary Long"、"What’s Going On Here"などのライヴ・テイクは、当時このアナログ盤でしか聴くことが出来ませんでした。個人的な推測ですが、当時、この収録曲の形で出回っていたアンダー・グラウンド・テープが存在していて、それをソースにしてプレスされたのではないかなぁ、と思ってます。もし業者がこれらの収録曲の出典元となる各音源のテープを全て持っていたのだとしたら、各音源をそれぞれ単独のアイテムとしてリリースした方が、ブートレガーとしては美味しい思いができるんじゃないかな、と。わざわざ手間をかけてこんなオムニバス形式にするやつは、コレクターくらいしかいないでしょう。トレード向けに編集したテープがブートレガーに渡ったんじゃないかな、というのが私の邪推でございます。

ソースごとにばらつきはあるものの、比較的クリアな音で収録されていて、聴きやすいレコードです。ただ、カッティング・レベルが少々低い感じで、聴く時はヴォリュームをやや大きめにしておく必要があります。

ジャケット画像