04-24 [Ultimate Danish Yodel]


ジャケット画像

Bondage BON 167-168
Denmark 24 April 1971

Disc 1

  1. Soundcheck
  2. Yodel
  3. Drums Solo
  4. Speed King
  5. Strange Kind Of Woman
  6. Into The Fire
  7. Child In Time
  8. Beware

Disc 2

  1. Wring That Neck
  2. Mandrake Root
  3. Black Night
  4. Lucille

1971年4月に北欧で行われた4公演から、デンマークで行われたステージを収録したとされるCDです。こちらの"Ultimate Danish Yodel"では、1971年4月23日となっています。4月の公演であることは確かだと思うのですが、はたして23日なのかどうかは、まだ確証が持てないところです。この北欧公演はスエーデン、デンマーク、公演地が不明な2ケ所、計4ケ所ののツアーデイトが確認できますが、23日の公演場所はとりあえず現時点では不明です。この演奏がデンマークだとすれば、場所がはっきりしているのは4月24日の公演ですが、4月21日のスウェーデンのテープも音質の良いものが現在出回っているようなので、もしかしたらこちらの可能性が高いかもしれません。

音源自体は"Danish Yodel"と同じものであるようです。"Into The Fire"がギターソロ前からカットインしてくるあたりも同じです。しかし、音質自体は遥かに"Ultimate Danish Yodel"のほうがよいです。"Danish Yodel"とくらべて、というよりも、この1971年のオーディエンス録音のライヴCDの中でトップクラスの音質を誇っています。ヌケもよく、各楽器のバランスもなかなかですし、ピッチもほとんど正常です。リッチーのギターがオフぎみですが、録音場所がオルガンよりだったのかも知れません。また、"Ultimate Danish Yodel"は演奏開始前のサウンド・チェックから収録されていて、時間的にも長いので、これから探す方はこちらをゲットされた方がいいでしょう。これまでなかなか良いものが出てこなかった1971年のオーディエンス音源の現時点での決定版と言えます。"Danish Yodel"は初登場音源ということで貴重なものではありましたが、これほど状態の良い音源が出てくるとは思いませんでした。まだまだDeep Purpleの音源もネタは尽きていないといった感があります。この調子でどんどんいいものが出てきてくれることを望みます。

オープニングの"Yodel"はこれまで音質の良いテイクがなかっただけに"Ultimate Danish Yodel"のテイクは最高のものと言えます。これでコピーもしやすくなりますし(笑)。通常は"Yodel"をやってからすぐに"Speed King"のイントロに突入するのですが、なにかトラブルがあったようですぐにスタート出来ず、観客の失笑を買っています (^^;)。しかし、ここからすぐさまペイスのドラム・ソロで場を繋ぎ、観客をしらけさせずにしているあたりはさすがです。"Danish Yodel"ではここの部分がカットされています。この音源で惜しいのは、先ほども書きましたが"Into The Fire"の収録が中途はんばなことです。しかし、演奏は、この時期ならではの即興中心の凄まじいもので、 Disc 1の5から Disc
2の2までの3曲が特に素晴しいです。"Wring That Neck"のフリー・ソロで、ジョン・ロードは The Beatlesの"Hey Jude"を導入しています。"Mandrake Root"も、かなりソロがパターン化してきている傾向がありますが、後半のリッチーのうねるようなギターは聴きものです。CDのクレジットでははこのへんの曲順が間違って掲載されています。正しくは、ここへ載せた曲順となっています。