05-15 [Wonderful Wizard Of Oz]


ジャケット画像 ジャケット画像

Tarantura TCDRAINBOW 34
Disc 1-4は省略
Disc 5-6 : Osaka 15 May 1980

ジャケット画像

Disc 5

  1. The Land Of Hope And Glory
  2. Count Down
  3. Over The Rainbow
  4. Eyes Of The World
  5. Guitar Solo
  6. Eyes Of The World
  7. Love’s No Friend
  8. Guitar Solo
  9. Since You been Gone
  10. Over The Rainbow
  11. Man On The Silver Mountain
  12. Catch The Rainbow
  13. Band Introduction

Disc 6

  1. Keyboard Solo
  2. Lost In Hollywood
  3. Guitar Solo
  4. Lost In Hollywood
  5. A Light In The Black
  6. Guitar Solo
  7. Beethoven No. 9
  8. Keyboard Solo
  9. Cozy Solo
  10. 1812 Overture
  11. Lost In Hollywood
  12. Guitar Solo
  13. Lazy
  14. All Night Long (includes ; Smoke On The Water)
  15. Ritchie’s Blues
  16. Will You Still Love Me Tomorrow
  17. Long Live Rock’n’Roll
  18. Kill The King
  19. Long Live Rock’n’Roll
  20. Over The Rainbow

1980年の来日公演より、大阪フェスティバル・ホールで行われた連続3公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとした6枚組プレスCD。各日付ごとに違うジャケットに納められ、クラムシェルのボックスにポスター同梱で収納されています。ボックス自体もリッチーのフォトを使用したものとコージーのフォトを使用したもの、2種類が作られました。当サイトでは日付ごとに紹介します。

大阪最終日(そして、この年の日本公演最終日)となる5月15日は、[Over The Edge]というタイトルで初登場、程なくして[Chase After The Rainbow]というタイトルも登場しました(おっと、レビューをサボっているではないか、後でこっそり書いておこう(^^;)。最終公演というハプニングを期待できる日付、実際に当時はプレイしていなかった"Smoke On The Water"のリフをリッチーが一瞬プレイしているということもあり、以前から人気のある日付だったことは伺えます。その後、今回同様に大阪3連続公演をセットにした6枚組[The Hidden Fortress]として再登場(おっと、レビューをサボっているではないか、後でこっそり書いておこう(^^;)した後、しばらくリリースがありませんでした([The Hidden Fortress]の再発などは何回かありましたし、おそらくCD-Rも登場していると思いますがそちらはスルーするとして)。今回は久々の登場ということになります。

今回登場したソースは[Over The Edge]、[Chase After The Rainbow]で使用されていた録音です。[The Hidden Fortress]よりもホールトーンが少なめ、周囲のオーディエンスノイズはやや目立ち気味(かといってうるさくはない)、極端にオンマイクな録音ではないものの、バランスは良好で以前から聴きやすい音源の一つでしたが、今回もその印象は変わりません。重厚な印象を残すマスタリングで以前のアイテムとの差異をつけているように思います。