11-07 [Osaka 1997]


ジャケット画像

Black Box [002]
Osaka 7 November 1997

Disc 1

  1. Intro
  2. Shadow Of The Moon
  3. Be Mine Tonight
  4. Play Minstrel Play
  5. St.Teresa
  6. Minstrel Hall
  7. Under A Violet Moon
  8. Temple Of The King
  9. 16th Century Greensleeves
  10. Memmingen
  11. Greensleeves
  12. Renaissansce Faire

disc 2

  1. Mond Tanz
  2. No Second Chance
  3. Ariel
  4. Member Introduction
  5. The Clock Ticks On
  6. Still I’m Sad
  7. Difficult To Cure
  8. Bass Solo
  9. Keyboard Solo
  10. Writing On The Wall
  11. Man On The Silver Mountain
  12. Spirit Of The Sea
  13. Street Of Dreams

今世紀に入ってから一枚もリリースされていなかった、「Blackmore’s NightのライブCD」がようやく登場です。[Kobe 1997]とともに、新レーベル、Black Boxのリリース第一弾となるアルバム。このレーベルはリッチーが再結成Deep Purpleを脱退した後、現在に至るまでの20年以上にわたる足跡を追うためのレーベル……と、勝手に期待していますがこの先どうなりますやら(笑)

1997年5月にリリースされたBlackmore’s Night(この時はまだプロジェクトだと思っていたことは前にも書いたような気がしますが)のアルバム、[Shadow Of The Moon]のリリースに伴い行われた日本ツアー、5日目となる大阪公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。Blackmore’s Nightにとって初の公式なコンサート・ツアーであり、その五回目のステージということで、現在のBlackmore’s Nightの姿とはまた違う、試行錯誤の数々がうかがえる内容となっています。来日当時は有名だったレーベルから[Passe Et Medio – West 2 -]というCDが登場し、ほぼ同時に[Violet Moon]というアイテムも出ましたが、その後プレスCDによる登場は皆無で、最初に述べたとおり今世紀初のプレスCDアイテムとして再登場しました。

上にあげた3種のCDとも異なるソースを使用しています。今回のソースを耳にして音圧が物足りないと感じられる方は旧作の方が良いかもしれませんが、今回のソースはダイナミック・レンジやSN比に優れており、この公演に足を運んだ私が感じた当時の会場のムードをそのまま感じさせる音場、音像となっているように思います。この時の印象はこちらに記してあります。キャンディスがほとんどMCをせず、淡々と歌い進めていく姿が記憶に残っています。……しかし、昔の自分の文章はわりとあっさりしてるよな……歳取るごとにクドくなってくる気がする(笑)

Blackmore’s Nightの久々のプレスCDが登場したことは喜びですが、現在に至るまで、来日公演以外にも名演と呼びたい演奏が多数残されているわけで、それらはすべて(と言ってもいいでしょう)トレードやCD-Rといった刹那的な手段での流通しかしていません。多数の名演がプレスCDとして残されることを期待しています。