11-07 [Osaka 1997]


ジャケット画像

Black Box [002]
Osaka 7 November 1997

Disc 1

  1. Intro
  2. Shadow Of The Moon
  3. Be Mine Tonight
  4. Play Minstrel Play
  5. St.Teresa
  6. Minstrel Hall
  7. Under A Violet Moon
  8. Temple Of The King
  9. 16th Century Greensleeves
  10. Memmingen
  11. Greensleeves
  12. Renaissansce Faire

disc 2

  1. Mond Tanz
  2. No Second Chance
  3. Ariel
  4. Member Introduction
  5. The Clock Ticks On
  6. Still I’m Sad
  7. Difficult To Cure
  8. Bass Solo
  9. Keyboard Solo
  10. Writing On The Wall
  11. Man On The Silver Mountain
  12. Spirit Of The Sea
  13. Street Of Dreams

今世紀に入ってから一枚もリリースされていなかった、「Blackmore’s NightのライブCD」がようやく登場です。[Kobe 1997]とともに、新レーベル、Black Boxのリリース第一弾となるアルバム。このレーベルはリッチーが再結成Deep Purpleを脱退した後、現在に至るまでの20年以上にわたる足跡を追うためのレーベル……と、勝手に期待していますがこの先どうなりますやら(笑)

1997年5月にリリースされたBlackmore’s Night(この時はまだプロジェクトだと思っていたことは前にも書いたような気がしますが)のアルバム、[Shadow Of The Moon]のリリースに伴い行われた日本ツアー、5日目となる大阪公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。Blackmore’s Nightにとって初の公式なコンサート・ツアーであり、その五回目のステージということで、現在のBlackmore’s Nightの姿とはまた違う、試行錯誤の数々がうかがえる内容となっています。来日当時は有名だったレーベルから[Passe Et Medio – West 2 -]というCDが登場し、ほぼ同時に[Violet Moon]というアイテムも出ましたが、その後プレスCDによる登場は皆無で、最初に述べたとおり今世紀初のプレスCDアイテムとして再登場しました。

上にあげた3種のCDとも異なるソースを使用しています。今回のソースを耳にして音圧が物足りないと感じられる方は旧作の方が良いかもしれませんが、今回のソースはダイナミック・レンジやSN比に優れており、この公演に足を運んだ私が感じた当時の会場のムードをそのまま感じさせる音場、音像となっているように思います。この時の印象はこちらに記してあります。キャンディスがほとんどMCをせず、淡々と歌い進めていく姿が記憶に残っています。……しかし、昔の自分の文章はわりとあっさりしてるよな……歳取るごとにクドくなってくる気がする(笑)

Blackmore’s Nightの久々のプレスCDが登場したことは喜びですが、現在に至るまで、来日公演以外にも名演と呼びたい演奏が多数残されているわけで、それらはすべて(と言ってもいいでしょう)トレードやCD-Rといった刹那的な手段での流通しかしていません。多数の名演がプレスCDとして残されることを期待しています。


11-04 [Kobe 1997]


ジャケット画像

Black Box [001]
Kobe 4 November 1997

Disc 1

  1. Intro.
  2. Shadow Of The Moon
  3. Be Mine Tonight
  4. Play Minstrel Play
  5. St. Teresa
  6. Minstrel Hall
  7. Under A Violet Moon
  8. Temple Of The King

Disc 2

  1. 16th Century Greensleeves
  2. Renaissance Faire
  3. Mond Tanz
  4. Ariel
  5. The Clock Ticks On
  6. Still I’m Sad
  7. Difficult To Cure
  8. Bass Solo
  9. Keyboard Solo
  10. Writing On The Wall

今世紀に入ってから一枚もリリースされていなかった、「Blackmore’s NightのライブCD」がようやく登場です。新レーベル、Black Boxのリリース第一弾となるアルバム。このレーベルはリッチーが再結成Deep Purpleを脱退した後、現在に至るまでの20年以上にわたる足跡を追うためのレーベル……と、勝手に期待していますがこの先どうなりますやら(笑)

1997年5月にリリースされたBlackmore’s Night(この時はまだプロジェクトだと思っていたことは前にも書いたような気がしますが)のアルバム、[Shadow Of The Moon]のリリースに伴い行われた日本ツアー、3日目となる神戸公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。Blackmore’s Nightにとって初の公式なコンサート・ツアーであり、その三回目のステージということで、現在のBlackmore’s Nightの姿とはまた違う、試行錯誤の数々がうかがえる内容となっています。来日当時は有名だったレーベルから[Passe Et Medio – West 1 -]というCDが登場しましたが、その後プレスCDによる登場は皆無で、最初に述べたとおり今世紀初のプレスCDアイテムとして再登場しました。

[Passe Et Medio – West 1 -]とは別の音源を使用しています。このころから長年にわたってオープニングSEだったDes Geyers Schwarzer Haufenのナンバー、Susatissimoの冒頭から録音が始まっています。SEの終了後、オフマイクでリッチーの気合の掛け声があり、コンサートの開始となります。音圧を高めて厚みを出そうとしていた[Passe Et Medio – West 1 -]とは対照的に各楽器のトーンを殺さないようなマスタリングがされているディスクで、こちらの方が当時の雰囲気を感じさせる仕上がりだと思います。

客前で歌う経験がまだまだ少ないキャンディスのパフォーマンスの危うさや、ヴァイオリンや専任コーラスのない、従来のリッチーのロック・バンドのフォームをまだ引きずっていた演奏スタイル(リッチーもアコースティックは黒のクラシカル・シンラインのテレキャスターでほぼ全編を通していた記憶があります。現在のように曲に応じた楽器を持ち替えながらのスタイルではありませんでした)など、過渡期を思わせる内容は1997年ならではのものです。レコーディング前の新曲を披露するあたりのやり方は1970年代のDeep PurpleやRainbowを思わせる、リッチーなりのやり方(新しいバンドに対する聴き手の反応を伺う)を踏襲したものです。しかし、翌年になってそういった新曲を増やしたステージが多数非公式盤として流通してしまったため、これ以後新曲をリリース前に披露することは極端に少なくなっていきます(カヴァー曲を除く)。この来日公演で披露された"Under A Violet Moon"はスタジオ・テイクとは違うキーでの演奏となっており、貴重です。この神戸公演は翌日の広島公演のスケジュールの影響で短めの演奏時間で終わっていますが、演奏内容は素晴らしく、プレイヤーと聴き手の双方が新しい音楽にどうやって接していこうかという手探り感が愛おしい印象を残すものとなっています。

Blackmore’s Nightの久々のプレスCDが登場したことは喜びですが、現在に至るまで、来日公演以外にも名演と呼びたい演奏が多数残されているわけで、それらはすべて(と言ってもいいでしょう)トレードやCD-Rといった刹那的な手段での流通しかしていません。多数の名演がプレスCDとして残されることを期待しています。


11-02 [Passe Et Medio – East 1 -]


ジャケット画像
WV-24E1-1/2
Tokyo 2 November 1997
Disc 1

  1. Shadow Of The Moon
  2. Be Mine Tonight
  3. Play Minstrel Play
  4. St. Teresa
  5. Minstrel Hall
  6. Magical World
  7. Under A Violet Moon
  8. Temple Of The King
  9. 16th Century Greensleeves
  10. Memmingen
  11. No Second Chance

Disc 2

  1. Mond Tanz
  2. Renaissance Faire
  3. Ariel
  4. Greensleeves
  5. The Clock Ticks On
  6. Still I’m Sad
  7. Difficult To Cure
  8. Keyboard Solo
  9. Writing On The Wall
  10. Spilit Of The Sea

日本ツアー初日、中野サンプラザ公演をコンプリート収録した2枚組です。バランスも良く、DAT録音と思われるクリアーな音質で、とても聴きやすい1枚です。各楽器の音がかなり近い感じで録音されており、生々しい音を味わうことが出来ます。もう少し低域が出てくれれば、という欲はありますが。ワイバーンがリリースした4公演の内の1枚です。

このレーベルではもう仕方がありませんが、オープニングで流れていた Des Geyers Schwarzer Haufenの曲、"Susatissimo"が、ここでは全然収録されず、いきなり"Shadow Of The Moon"が始まります。録音しきれなかったのかもしれませんが、この曲からすでにコンサートは始まっているわけで、やはり収録しておいて欲しかったと思います。しかし、この日が初日でしたから、どのように始まるかがわからなかったという事情も、あるでしょう。

初日ということで、各メンバー緊張していたのか、前半はあまりmcも入ることなく淡々と曲が演奏されていきます。その緊張感が観客にも伝わったのか、客席も妙に静かです。入りが悪かった ( 2階席はガラガラだったとか ) のせいも、あるかも ( 笑 )。そのせいでしょうか、この日を録音したテープを聴くと、どのテープもなかなかいい音で録音されているようです。同じ東京でも、8日の国際フォーラムは会場が大きかったのが災いしたのか、中野ほどいい音のテープは少ないようです。

この初日のセットリストで目をひくのは、この日しかプレイされなかった"Magical World"でしょう。「スローすぎる」ということで以後のセットからは落されてしまったようで、この曲が大好きな私としては大変残念でした。同様の理由で"Ocean Gypsy"も演奏されなかったようですが、この曲目当てに会場に足を運んだ人も少なからずいるだけに、やはりプレイして欲しかったです。ここで聴ける"Magical World"は、サビの部分のアレンジがスタジオと異なり、バックの演奏が一瞬止まる、印象深いアレンジになっています。

"Renaissance Faire"の冒頭で演奏されたマンドリンとリコーダーは、この日はミスってやり直しをしています。この日はこのアンサンブルはこれ1曲ですが、日を追うにしたがって"The Clock Ticks On"でもやるようになっていきます。で、この"The Clock Ticks On"ですが、リッチーはこの日ギターシンセサイザーを使用してプレイしています。広島、大阪あたりからは使用しなくなったようです。

アンコールのエレクトリック・セットになると、観客も総立ち状態だったようで、録音者の近くの拍手や歓声が多少耳につき始めます ( マイクを持ち替えたようなこもりあり ) が、バランスは殆ど変わりません。この初日はエレクトリック・セットは2曲のみ ("Spirit Of The Sea"は、エレアコでのプレイのようです ) でしたが、コンサート終了後、楽屋でいろいろな曲をリハーサルしたようで、これ以後の日になるとだんだん曲が増えていくようになります。


11-03 [Minstrel Night]


ジャケット画像
BNN 01/02
Nagoya 3 November 1997
Disc 2 6-8 :Tokyo8 November 1997
Disc 2 9 :Osaka7 November 1997

Disc 1

  1. Openning S.E.
  2. Shadow Of The Moon
  3. Be Mine Tonight
  4. Play Minstrel Play
  5. St. Teresa
  6. Minstrel Hall
  7. Under A Violet Moon
  8. Temple Of The King
  9. Greensleeves – 16th Century Greensleeves
  10. Memmingen
  11. Renaissance Faire
  12. Mont Danz
  13. Ariel
  14. Greensleeves

Disc 2

  1. The Clock Ticks On
  2. Still I’m Sad – Difficult To Cure – Keyboard Solo
  3. Writing On The Wall
  4. Man On The Silver Mountain
  5. Smoke On The Water
  6. Man On The Silver Mountain
  7. Street Of Dreams
  8. Wish You Were Here
  9. Spirit Of The Sea




日本公演2日目、名古屋で行われたコンサートをコンプリート収録した2枚組です。裏ジャケのクレジットには"First Night Show"とありますが、すでにご承知のとおり、この日は初日ではありません。当初は初日でしたが、追加で11月2日の中野サンプラザが出たため、この日は2日目です。おそらく追加が出る前からジャケットを作っていたのかもしれません (^^;)

Datと思われるクリアーな音質、バランスもまあまあでいいと思いますが、定位がやや左に片寄るようです。録音レベルもやや小さめかもしれません。しかし、なかなか楽しめる録音だと思います。アンコールのエレクトリック・セットでも、観客の手拍子などはじゃまになりません。最初の方はpaが良くなく、ハウリングがあったり、いきなり音量が変化したりします。

まだ2日目ということで、全体的に演奏が硬い感じがしますし、キャンディスが歌の入りをミスるなど、不備もありますが、会場と一体となった暖かい雰囲気が感じられ、なかなかいいと思います。このCDでは、オープニングのSe、"Susatissimo"がきちんと頭から収録されています。このバンド、 Des Geyers Schwarzer Haufenのアルバムは自主制作で、彼らの本国ドイツでも彼らのコンサート会場でないと入手は難しいものだそうですが、最近東京のレコード店に入荷したので、入手可能です。2ndアルバムには、"Play Minstrel Play"の原曲となったメロディが使われている曲もあります。

本編は"Magical World"、"No Second Chance"がカットされたほかは前日とあまり変更はありませんが、この日からアンコールで"Man On The Silver Mountain"が登場します。前日のコンサート終了後、楽屋でいろいろな曲をリハーサルしていたようで、その成果でしょう。この日はこれ以降にやった日と比べると、アレンジが多少違います。そして、メドレーで"Smoke On The Water"が始まります。ジョーとやっていた頃の様に、最初静かに始まるパターンですが、リフが入ってきてもそれほどヘヴィにはなりません。この曲をやったこと自体は賛否両論ありますが、いずれにせよこの日しか聴けないことになり、貴重なものになってしまいました。


11-04 [Passe Et Medio – West 1 -]


ジャケット画像
WV-24W1-1/2
Kobe4 November 1997
Disc 2 7-10 :Nagoya3 November 1997

Disc 1

  1. Shadow Of The Moon
  2. Be Mine Tonight
  3. Play Minstrel Play
  4. St. Teresa
  5. Minstrel Hall
  6. Under A Violet Moon
  7. Temple Of The King
  8. 16th Century Greensleeves
  9. Renaissance Faire
  10. Mond Tanz

Disc 2

  1. Ariel
  2. The Clock Ticks On
  3. Still I’m Sad
  4. Difficult To Cure
  5. Bass &Keyboard Solo
  6. Writing On The Wall
  7. Memmingen
  8. Greensleeves
  9. Man On The Silver Mountain
  10. Smoke On The Water

ツアー3日目の神戸公演を収録しています。この日は終了後にすぐ次の公演地、広島に向かうスケジュールになっていたため、新幹線の時刻に間に合わせる必要があり、他の日と比べると短縮されたコンサートとなっています。しかし、内容自体はかなり密度が濃いものとなっています。ベースがあまり聞こえないので低域がもうちょっと欲しくなる感じがしますが、それ以外は大変良好なバランス、音質のオーディエンス録音だと思います。このライヴCDのタイトルになっている"Passe Et Medio"とは、リッチーが愛聴しているルネッサンス時代の作曲家、ティルマン・スサートの作曲した"Dansereye"の2曲目となっている曲のタイトルで、"Mond Tanz"のイントロで、そのメロディーの一端を耳にすることが出来ます。

雰囲気は、さすが日程が近いだけあって中野や名古屋とほとんど変わりませんが、"Shadow Of The Moon"のギターソロが、他の日よりも長くプレイされているような気がします。キャンディスのMcも、まだまだ硬い印象を受けます。この日の"Under A Violet Moon"は、他の日に比べると、気持ち「あとノリ」で演奏されているような気がして、ちょっと雰囲気が違っているように聞こえます。"16th Century Greensleeves"のエンディングで聴けるリッチーのカッティングは、他の日とちょっと違っていて面白いです。"Greensleeves"、"Memmingen"、"No Second Chance"はなしで、ラスト・ナンバーである"The Clock Ticks On"をプレイして本編終了です。

アンコールも名古屋でプレイしていた"Man On The Silver Mountain"も"Smoke On The Water"もなく、あっさりと終わっています。途中、"Still I’m Sad"では、この神戸と広島、大阪でしかやらなかったベース・ソロが聴けます。このアンコール部の音質は、本編より少し落ちます。Paが良くなかったのかもしれませんが、ノイズが耳につく個所があります。

ボーナス・トラックは、11月3日の名古屋公演からです。この神戸公演でプレイされなかった曲をセレクトしているようですが、だったら"No Second Chance"も入れて欲しかった ( 笑 )。音質は、"Minstrel Night"よりも臨場感があって、私は好きです。


11-07 [Violet Moon]


ジャケット画像
UWF 002
Osaka 7 November 1997
Disc 2 8-11 :Kobe4 November 1997

Disc 1

  1. S.E.
  2. Shadow Of The Moon
  3. Be Mine Tonight
  4. Play Minstrel Play
  5. St.Teresa
  6. Minstrel Hall
  7. Under A Violet Moon
  8. Temple Of The King
  9. 16th Century Greensleeves
  10. Memmingen
  11. Greensleeves
  12. Renaissance Faire
  13. Mond Tanz
  14. No Second Chance

Disc 2

  1. Ariel
  2. The Clock Ticks On
  3. Still I’m Sad – Difficult To Cure – Bass & Keyboard Solo
  4. Writing On The Wall
  5. Man On The Silver Mountain
  6. Spirit Of The Sea
  7. Street Of Dreams
  8. Temple Of The King
  9. 16th Century Greensleeves
  10. The Clock Ticks On
  11. Still I’m Sad – Difficult To Cure

神戸のあと、広島をはさんでツアー5日目、大阪フェスティヴァル・ホールのステージを収録した2枚組です。録音レベルが少し小さい様な気がしますが、なかなかクリアーなオーディエンス録音です。各楽器の音も生々しく、バランスもまあまあですが、ところどころマイクを隠したようなコモりがあります。回りの観客がおとなしいのか、手拍子などは目立たない録音になっています。全体的に中高域を強調した様なイコライジングで、アンコールのエレクトリック・セットでは少し物足りなく感じますが、本編は素晴しい音質で楽しめます。

演奏内容については、"Concert Files"をご覧になっていただけば大体の雰囲気はお解りいただけるかと思いますが ( 解んないっすよね、あの文章じゃ (^^;;) )、前日から加わった"Street Of Dreams"、中野と違ってストラトで演奏された"Spirit Of The Sea"など、やはりセットリストにはバラエティがみられます。


11-07 [Passe Et Medio – West 2 -]


ジャケット画像
WV 24W2-1/2
Osaka 7 November 1997

Disc 1

  1. Shadow Of The Moon
  2. Be Mine Tonight
  3. Play Minstrel Play
  4. St. Teresa
  5. Minstrel Hall
  6. Under A Violet Moon
  7. Temple Of The King
  8. 16th Century Greensleeves
  9. Memmingen
  10. Greensleeves
  11. Renaissance Faire

Disc 2

  1. Mond Tanz
  2. No Second Chance
  3. Ariel
  4. The Clock Ticks On
  5. Still I’m Sad
  6. Difficult To Cure
  7. Bass &Keyboard Solo
  8. Writing On The Wall
  9. Man On The Silver Mountain
  10. Spirit Of The Sea
  11. Street Of Dreams

神戸のあと、広島をはさんでツアー5日目、大阪フェスティヴァル・ホールのステージを収録した2枚組で、ワイバーンがリリースしたシリーズの1枚です。

初めてフェスティヴァル・ホールに行った私は、その音響の良さに驚いたのですが、ここで聴ける音もなかなか良好だと思います。ステージから遠いようで、あまり生々しい音ではありませんが、会場のホール・トーンが結構心地よく響いているので、あの日あの場所にいた人にはあの雰囲気が思い出されて、いい録音ではないでしょうか。ただ、やはり低域が迫力不足な感じはします。ギターとヴォーカルは良く取れているので、楽しめます。"Violet Moon"とどちらをとるか、というのは難しいですが、観客の歓声が気にならない方は、こちらのワイバーンでもいいと思います。この日のフェスティヴァル・ホールはかなりの入りで、観客のノリも良く、その辺もこのライヴCDは良く伝えてくれます。