06-18 [Bietigheim-Bissingen 2016 (Black Box)]


ジャケット画像

Black Box [004]
Bietigheim-Bissingen 18 June 2016

Disc 1 (Recorder 1)

  1. Land Of Hope And Glory
  2. Over The Rainbow
  3. Highway Star
  4. Spotlight Kid
  5. Mistreated
  6. 16th Century Greensleeves
  7. Since You Been Gone
  8. Man On The Silver Mountain
  9. Difficult To Cure

Disc 2 (Recorder 1)

  1. Band Introduction
  2. Catch The Rainbow
  3. Perfect Strangers
  4. Stargazer
  5. Long Live Rock’n’Roll
  6. Child In Time
  7. Black Night
  8. Smoke On The Water

Disc 3 (Recorder 2)

  1. Land Of Hope And Glory
  2. Over The Rainbow
  3. Highway Star
  4. Spotlight Kid
  5. Mistreated
  6. 16th Century Greensleeves
  7. Since You Been Gone
  8. Man On The Silver Mountain
  9. Difficult To Cure

Disc 4 (Recorder 2)

  1. Band Introduction
  2. Catch The Rainbow
  3. Perfect Strangers
  4. Stargazer
  5. Long Live Rock’n’Roll
  6. Child In Time
  7. Black Night
  8. Smoke On The Water

Disc 3 & 4 are taken from the different tapes which were recorded on the same day

ローレライ公演の翌日に行われた"Monsters Of Rock"2日目、ビーティッヒハイム=ビッシンゲン公演(ホントにこー読むのか?これ?)を収録したとされるオーディエンス音源2種類をソースとした4枚組プレスCD。この日のポイントは"16th Century Greensleeves"を演っていることですが、まずは聴いてみませう。

Disc 1と2に収録されている音源は[Loreley 2016 (Black Box)]と同様、かなり近い音場で録音されています。さほどステレオ感を感じない音像ではありますが、それでも一つ一つの楽器の音がちゃんと聴き取れるものになっており、聴きやすい録音だと思います。オーディエンス・ノイズはそれなりにありますが、邪魔になる感じはしません。初日よりも流れのあるステージングになってきた2日目を味わうには十分な録音と言えるでしょう。

Disc 3と4に収録されている音源もかなり近い音場で録音されています。これ以上クリップしたら聴きづらいというギリギリの線で録音されているので音の存在感は前半のソースよりもありますが、やはりクリップ気味なピークとともにシンバル類が耳障りに感じられるところもあり、好みの分かれる録音だと思います。個人的にはこのくらいの状態のほうが当ラインナップの演奏にハードロック然とした佇まいが出てくるように感じるところもあり、捨てがたいと思っています。

"16th Century Greensleeves"を男声ヴォーカルで演奏するのはロニー脱退以来となりますから(1995年のロンドンでチラッとドゥギーが歌っていますがあれは演ったうちには入れたくない)、注目の演奏ではありますが、Blackmore’s Nightでアコースティック、エレクトリック、双方のフォームでずっと演ってきているナンバーなだけにBlackmore’s Nightのフォームとしての演奏となっています。同じことは他のナンバーからも感じられ、今回の3公演は、リッチーがノスタルジアを感じるのはあくまでも曲そのものであり、Deep PurpleやRainbowのフォームではなかったということが伺えるパフォーマンスだったと思います。