06-25 [BIrmingham 2016 (Black Box)]


ジャケット画像

Black Box [005]
BIrmingham 25 June 2016

Disc 1

  1. Land Of Hope And Glory
  2. Over The Rainbow
  3. Highway Star
  4. Spotlight Kid
  5. Mistreated
  6. Since You Been Gone
  7. Man On The Silver Mountain
  8. Soldier Of Fortune
  9. Difficult To Cure

Disc 2

  1. Catch The Rainbow
  2. Perfect Strangers
  3. Long Live Rock’n’Roll
  4. Child In Time
  5. Stargazer
  6. Black Night
  7. Burn
  8. Smoke On The Water

2016年に行われたリッチーの一連のハードロック演奏会のラストを飾るイギリス公演、6月25日のバーミンガムでのステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。この日の内容的なポイントは"Soldier of Fortune"と"Burn"が聴けることですが、まずは全体を聴いてみませう。

野外ステージだったドイツでの2公演と異なり屋内でのパフォーマンスとなるので会場のエコーが自然に感じられるオン気味の音場で録音されています。バランス的にはギターとヴォーカルのバランスがやや大きい感じはありますが、オーディエンス・ノイズもさほど目立たず、全体的には聴きやすい録音と言えると思います。

演奏も3日間の中で一番こなれた雰囲気で進行していきます。リッチーはイギリスでのステージとなるとパフォーマンスにムラが出やすい面がありますが、この日も序盤はぎこちなさがやや感じられるものの、"Soldier of Fortune"以降は現在のスタイルの本領を発揮し始め、"Catch The Rainbow"や"Child In Time"、"Stargazer"では素晴らしいクライマックスを披露してくれます。この序盤からの起伏があってこその"Burn"だったのではと思います。公式映像として残すなら条件に左右されやすい野外よりもこちらのバーミンガムではなかったかと思ったりしますが、ドイツで好パフォーマンスを残すことも確かに多い人なので、公式の方針も無理ないなーと。どうせなら全部残すくらいの気合いはなかったのかお前ら、とか思っちゃうのはひみつだ(・∀・)