USA Cleopatra CLP 4799 : [William Shatner / Seeking Major Tom]


ジャケット画像 ジャケット画像

Disc1

  1. Major Tom (Coming Home) – Featuring Nick Valensi
  2. Space Oddity – Featuring Richie Blackmore & Candice Night
  3. In A Little While – Featuring Lyle Lovett
  4. Space Cowboy – Featuring Brad Paisley & Steve Miller
  5. Space Truckin’ – Featuring Ian Paice & Johnny Winter
  6. Rocket Man – Featuring Steve Hillage
  7. She Blinded Me With Science – Featuring Bootsy Collins & Patrick Moraz
  8. Walking On The Moon – Featuring Toots Hibbert
  9. Spirit In The Sky – Featuring Peter Frampton
  10. Bohemian Rhapsody – Featuring John Wetton
  11. Silver Machine – Featuring Wayne Kramer & Carmine Appice
  12. Mrs. Major Tom – Featuring Sheryl Crow

Disc 2

  1. Empty Glass – Featuring Michael Schenker
  2. Lost In The Stars – Featuring Ernie Watts
  3. Learning To Fly – Featuring Edgar Froese
  4. Mr. Spaceman – Featuring Dave Davies
  5. Twilight Zone – Featuring Warren Haynes
  6. Struggle – Featuring Adam Hamilton
  7. Iron Man – Featuring Zakk Wylde & Mike Inez
  8. Planet Earth – Featuring Steve Howe

スター・トレックのカーク船長役でお馴染みのウィリアム・シャトナーが2011年にリリースしたアルバム。デヴィッド・ボウイのアルバム[Space Oddity]にシャトナーがインスパイアされて制作したもので、作中に登場する宇宙冒険家トム少佐を探し出すというストーリーを、宇宙をテーマとした楽曲を使って構成したコンセプト・アルバムとなっています。シャトナーのパフォーマンス自体は歌というよりシェイクスピアのセリフを口にするかのような役者然としたもので、好みを分けそうなところもありますが、クレジットをご覧いただくとお分かりのように、参加アーティストの陣容が尋常ではなく、その演奏を耳にするだけでも楽しめる作品。

リッチーはキャンディスとともに2曲目の"Space Oddity"に参加。アルバム制作のきっかけとなったボウイの作品で、シャトナーの語りの後ろで奏でられるギター・サウンドが素晴らしい。ところどころで鳴り響くKing CrimsonのEpitaphエンディングのような寂寥感を感じる表現がツボに入ります。リリース当初はあまり馴染めなかったアルバムですが、何度か聴くうちに妙にハマる作品。

……ボヘミアン・ラプソディーって宇宙を歌ってるのか?と一瞬思いましたがまぁ、ガリレオ出てくるからいいかなと(ヲイ)