USA Fontana F 1544 : [The Harbour Lites / Run For Your Life]


ジャケット画像

1966年3月にリリースされたシングル。このバンド、The Harbour Litesに関する情報は少なく、このシングルの前年にHMVから2枚のシングルをリリースしていることくらいしか、書くことができません。デレク・ローレンスの一連のアメリカ向けシングル制作の一枚。

ジャケット画像

A面収録曲、"Run For Your Life"のレーベル。言うまでもなく、The Beatles、「浮気娘」のカヴァー。原曲リリースからさほど時を置かずしてのリリース。しかし、このシングルが発売された頃にはすでにThe Beatlesは"Revolver"の制作を開始しておりました(閑話休題)。

このシングルにリッチーが参加してるんじゃね?と言い出したのはサイモン・ロビンソン。2013年に自身のブログで言及しています。確かめてみるべぇ、ということで入手したのがこれ。音はネットで聴けます。YouTubeはリンク切れが心配なのでリンクしませんが、検索してみると釣れると思います。

ファズギンギンのギターと、普通にドライブしたギター、二つのギター・サウンドがホーン・セクションとうまくミックスされ、3人のコーラスが印象に残るアレンジ。サイケまではイキきれてない惜しいサウンド。で、リッチーかどうかというと、リッチーだと思います、うん。ソロ・パートも彼らしいフレーズの連発。

ジャケット画像

B面収録曲、"Lonely Journey"のレーベル。こちらもコーラスと鍵盤がサイケっぽさを醸し出しているものの、A面よりも後退してしまったサウンドの吹っ切れ度が今ひとつ。こちらはギターが聴こえないのでリッチーの関与度が高いか低いかというと限りなく低いわけで、参加してないと言っちゃっていいかもしれません。