Germany Polydor NH 52 331 : [Tanya Day / His Lips Get In The Way]


Tanya Dayは1944年生まれ、イギリス中西部の街ウォルソール出身で、1960年代に入ってイギリス市場への参入に積極的だったドイツ・ポリドールが契約した新人シンガーでした。詳しい経歴は調べてません(汗 契約当時、ハンブルグで歌っていたそうです。

ジャケット画像

A面収録曲、"His Lips Get In The Way"のレーベル。気だるげな彼女のヴォーカルが楽しめるとはいうものの楽曲自体はさほどフックのないポップ・ナンバー。リッチーはこちらの曲には参加していないとされています。

ジャケット画像

B面収録曲、"I Get So Lonely"のレーベル。A面とは打って変わったロックンロール。彼女の歌い方もこちらの方が合っているような気はしますが、聴いてて引っかかるポイントがないというかなんというか。バックで聴こえているリッチーのギターの方が印象に残る出来というか。この曲、イギリスのタレント、Kenny Everettが1977年に放送したラジオ番組、「史上最悪のレコード30」で見事10位に輝きました……このワースト30、リッチーがバックを務めたミュージシャンが他にも名を連ねていますが(汗