UK Pye 7N 15634 : [The Puppets / Baby Don’t Cry]


ジャケット画像

1964年5月にリリースされたシングル。The Puppetsはランカシャーで結成されたグループで、The Outlawsと同様、ジョー・ミークのハウス・バンドとして数々のアーティストのバックを務めていました。彼ら自身のレコードは1963年から1964年にかけての3枚のシングルしか存在しません。これは、ラスト・シングルとされる[Baby Don’t Cry]のプロモーション盤となります。で、このシングルのバックをThe Outlawsが務めているとされているのですが、「他のアーティストのバックをやってた彼らが自身のレコーディングで他のバンドにトラを任せるなんてあるのか」という疑問もあります。でも「ジョー・ミークが決めたら文句言えんわな」とも思えるので、とりあえず参加してる前提で。

ジャケット画像

A面収録曲、"Baby Don’t Cry"のレーベル。作曲はTony Hiller & Perry Fordで、The Holliesが同年1月にリリースしたファースト・アルバムで演奏していたナンバーです。The Holliesの演奏とあまり変わらないイメージに仕上がっています。バックの演奏は大人しめですが印象に残るフレーズを繰り出すギターはやはりリッチーなのかどうなのか。リッチーだと思うことにしよう、うん。

ジャケット画像

B面収録曲、"Shake With Me"のレーベル。ジョー・ミークが変名で作曲したロックンロール。同時期にThe Outlawsでも録音し、それを最後にリッチーはThe Outlawsを脱退していますが、そちらでのプレイの方が数段凄まじい印象を残しています。おそらく、こちらのThe Puppetsの録音をした後、ジョー・ミークが自身のよりはっきりした考えをThe Outlawsに伝えたからこその録音だったのだと思います。