05-15 [Death Alley Rock Fever]


ジャケット画像

Black Box [016]
Kalamazoo 15 May 1982

  1. Land Of Hope And Glory
  2. Over The Rainbow
  3. Death Alley Driver
  4. Miss Mistreated
  5. I Surrender
  6. Can’t Happen Here
  7. Tearin’ Out My Heart
  8. Man On The Silver Mountain
  9. Rock Fever
  10. Lazy
  11. Stone Cold
  12. Power
  13. Difficult To Cure
  14. Keyboard Solo
  15. Difficult To Cure(reprise)
  16. Drums Solo
  17. Long Live Rock’n’Roll
  18. Smoke On The Water
  19. Maybe Next Time

1982年、[Straight Between The Eyes]リリース後にスタートしたアメリカ・ツアーから、序盤の5月15日に行われたミシガンはカラマズーでのステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD。かなり以前から知られていた音源で、初登場は[Super Sonic Sound Machine]でした。すぐ後に、初出時のこもり気味の音質を改善した[Satisfaction Guaranteed]が出ましたが、それ以来、長らくプレス盤の登場はありません。CD-Rが数タイトル登場していましたが、当盤はCD-R[Death Alley Rock Fever]をプレス盤としてリリースしたものとなります。マスターに近い低世代のテープをソースとしており、オープニングの「威風堂々」が長く収録されています。ステージからさほど近い音場ではありませんが、音の濁り、歪みは少なく、こもりも解消されているので、音楽のディティールを伺うのに支障はないと思います。

"Death Alley Driver"をオープニングとし、同じく初期のみのレパートリーだった"Rock Fever"を堪能できる、ライヴCDならではの魅力に溢れた一枚だと思います。