08-18 [King Mountain Rainbow Hour]


ジャケット画像

Tarantura TCDRAINBOW 39
San Antonio 18 August 1982

  1. Introduction – Over The Rainbow
  2. Spotlight Kid
  3. Miss Mistreated
  4. Tearin’ Out My Heart
  5. Lazy
  6. Woman From Tokyo
  7. All Night Long
  8. Keyboard Solo
  9. Stone Cold
  10. Power
  11. Blues
  12. Difficult To Cure
  13. Guitar and Drum Solo
  14. Smoke On The Water

[Live Between The Eyes]でお馴染みの1982年8月18日にサン・アントニオで行われたステージを収録したとされるサウンドボード音源をソースとしたプレスCD。このステージは映像記録がMTVで、音源がラジオ番組"King Biscuit Flower Hour"で、それぞれ放送された後でビデオ化されているわけですが、MTV、ラジオ、VHS、LDと、それぞれ微妙に違う編集で世に出ているため、いざ向かい合うと意外と深い穴だったりします。その中で当盤は"King Biscuit Flower Hour"での放送用に配布されたトランスクリプション・ディスクを使用して製作されています。当トランスクリプション・ディスクを使用したアイテムはCD-Rで何度か出回ったことがありますが、今回が初のプレス盤での登場となります。

CMがカットされている他はトランスクリプション・ディスクそのままの盤起こしのようです。このレーベルならではのパワフルな印象を与えるマスタリングは好き嫌いが分かれるところかもしれませんが、この編集の音源がプレス盤で出てくれたのはありがたいところです。後は、アナログ盤でしか出ていないMTV放送版と思われる編集の映像をなんとかしてくれないかなと(威風堂々から聴けるのってこれだけなのだな)。


10-12 [Osaka 1982 1st Night]


ジャケット画像

Black Box [012]
Osaka 12 October 1982

Disc 1

  1. Land Of Hope And Glory
  2. Over The Rainbow
  3. Spotlight Kid
  4. Miss Mistreated
  5. I Surrender
  6. Can’t Happen Here
  7. Tearin’ Out My Heart
  8. Lazy – Woman From Tokyo – All Night Long
  9. Stone Cold

Disc 2

  1. Power
  2. Blues
  3. Difficult To Cure incl. Keyboard Solo
  4. Guitar Solo
  5. Drum Solo
  6. Long Live Rock’n’Roll incl. Hey Joe
  7. Maybe Next Time
  8. Smoke On The Water
  9. Over The Rainbow

1982年10月に行われた来日公演より、公演初日となる10月12日、大阪フェスティバル・ホールにおけるステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。かつて出回ったアナログ盤、[Stone Cold]で使用されていたテープをマスターとして製作されているそうです。[Stone Cold]自体もCDで盤起こし復刻されていますがおすすめしません。

レコードではヌケを良くしようとしたのか高域にシャリシャリ感を感じるトーン・カーブでしたが、今回はそのような傾向は抑えられており、レコードよりも聴きやすい音像が現れます。別ソースを使用してリリースされたプレス盤[Stone Cold Night](おっと、レビューをサボっているではないか。後でこっそり書いておこう(^^;)は当音源よりオン気味な音像とは言え、こもり気味の音場のため聴き手を選ぶ音源となっているため、とっつきのよい当盤が登場したのは朗報です。

演奏内容はさほど突出したものではありませんが、今では考えられないほどの人気を保っていたRainbowの雰囲気を感じたい人は耳にして置いて良い音源だと思います。


11-30 [Child In Time]


ジャケット画像

Tarantura TCDRAINBOW 31
Barcelona 30 November 1982

Disc 1

  1. Pomp And Circumstance
  2. Over The Rainbow
  3. Start
  4. Spotlight Kid
  5. Miss Mistreated
  6. I Surrender
  7. Blues
  8. Can’t Happen Here
  9. Tearin’ Out My Heart
  10. Ritchie Blackmore Guitar Solo
  11. Tearin’ Out My Heart (Reprise)
  12. Lazy
  13. All Night Long

Disc 2

  1. Child In Time – Keyboard Solo
  2. Stone Cold
  3. Woman From Tokyo – Guitar Solo
  4. Power
  5. Difficult To Cure
  6. Bass Solo (incl. Black Night)
  7. Keyboard Solo
  8. Difficult To Cure
  9. Guitar and Drum Jam
  10. Drum Solo
  11. Long Live Rock’n’Roll

1982年、[Straight Between The Eyes]アルバムのプロモーションとして行われたワールド・ツアーのラストとなったヨーロッパ・ツアーより、最終日程となったスペインでの2連続公演の初日、バルセロナ公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。翌日のマドリード公演をもってこの年のツアーは終わりを告げます。ツアー終了後に脱退したボブ・ロンディネリにとってはラス前となるステージ。プレスCD初登場であり、この年のヨーロッパ・ツアーの模様を捉えた音源の登場がまだまだ多くない中、興味深いアイテムとなっています。

一般的な隠し撮りの音像で、濁りはないものの歪みは少なからずあり、またトーンカーブにクセがあるため、若干とっつきにくい録音となっている印象。ただ、バランスは悪くありません。開始直後はPAの出音によると思われるバランスの偏りがありますが、ステージが進行するに従って改善されていきます。

この時期の一般的なセットリストで進行するステージはスペシャルなものを感じさせてくれる瞬間はあまり多くないですが、かっちりとプレイしている印象でヨーロッパ・ツアーでのスタンダードな状態を知る上では外せない音源と思います。ラストの"Long Live Rock’n’Roll"は途中でテープが終わってしまいますが、機会があれば耳にしておいて良いかと。


10-14 [Searching In The Darkness]


ジャケット画像

Darker Than Blue [173/76]
Osaka 14 October 1982

Disc 1

  1. Land Of Hope And Glory
  2. Over The Rainbow
  3. Spotlight Kid
  4. Miss Mistreated
  5. I Surrender
  6. Can’t Happen Here
  7. Tearin’ Out My Heart
  8. Woman From Tokyo
  9. All Night Long
  10. Child In Time
  11. Stone Cold
  12. Power

Disc 2

  1. Difficult To Cure
  2. Keyboard Solo
  3. Difficult To Cure (Reprise)
  4. Guitar Solo
  5. Drum Solo
  6. Long Live Rock’n’Roll
  7. Hey Joe
  8. Long Live Rock’n’Roll (Reprise)
  9. Maybe Next Time
  10. SInce You Been Gone
  11. Smoke On The Water
  12. Kill The King
  13. Long Live Rock’n’Roll (Reprise)
  14. Over The Rainbow

Disc 3

  1. Land Of Hope And Glory
  2. Over The Rainbow
  3. Spotlight Kid
  4. Miss Mistreated
  5. I Surrender
  6. Can’t Happen Here
  7. Tearin’ Out My Heart
  8. Woman From Tokyo
  9. All Night Long
  10. Child In Time
  11. Stone Cold
  12. Power

Disc 4

  1. Difficult To Cure
  2. Keyboard Solo
  3. Difficult To Cure (Reprise)
  4. Guitar Solo
  5. Drum Solo
  6. Long Live Rock’n’Roll
  7. Hey Joe
  8. Long Live Rock’n’Roll (Reprise)
  9. Maybe Next Time
  10. SInce You Been Gone
  11. Smoke On The Water
  12. Kill The King
  13. Long Live Rock’n’Roll (Reprise)
  14. Over The Rainbow

[Straight Between The Eyes]発表後の日本公演より、序盤に行われた大阪三連続公演の最終日となった、10月14日のステージを収録したとされるオーディエンス音源2種をカップリングした4枚組プレスCD。この日付の音源はCD-Rでは登場していましたがプレスCDでは初登場です。

前半の2枚はCD-Rでも出回っていた音源だそうですが私は未聴のため比較できまへん。音は近からず遠からず、分離度はそれほど高くないものの各パートの動きがわからないほどではないので聴いていてそれほどストレスはたまらない音像だと思います。右チャンネルにバンドの音が寄っている印象もあるので録っていた位置はそれほど条件は良くなかったんじゃなかろうかと思うものの、当日の雰囲気が偲ばれる音場で聴くことができます。ダビングによる音の濁りはさほど感じません。

後半の2枚は今回初登場だそうですが確認の術はありまへん。濁りのない低世代のテープがソースとなっているようです。聴き始めのとっつきはこちらの方が良いかもしれません。前半で使用されていたソースよりも近い音で録れているような印象。ステージの音がどちらかに偏るようなこともなく、こちらも良好な音場だと思います。もう少しベースやバスドラなどの足元の音が見えてくるとノレるんですが、固まり気味の出音と合わせてPA処理がこういう感じだったのかもしれません。オーディエンスのざわめきというかつぶやきというか掛け声というか会話というかはこちらの方がリアルです。約1名、「なめとんのか」とか「ハゲ」「アホ」とかを連呼するにーちゃんがうざい(笑)とくに「なめとんのか」を何回も叫ぶのは大阪人のツッコミとしてはセンスないんじゃねーかと信州人のワタクシめは思うのですが、そのへんどーでしょう?大阪の方々(笑)

この年はジョーが風邪ひいてたらしくパフォーマンスに前年のような躍動感を感じる瞬間が少ないのですが、この日もフェイクが多くてですね、辛さというかやりにくさが伝わっちゃうわけで。バンドの演奏もジョーを盛り立てる方向にいってるようには感じない……ベースも太鼓も音は聞こえるけど音楽として聞こえてこないっつーかなんつーかなので、そのあたりがもどかしい感じです。I Surrenderの後半のギター・ソロパートとかでもリズムがダサく聴こえちゃうのでギターのフレーズが生きてこない……やっぱPAがよくないんじゃねーかなー、これ。

オフィシャル映像[Live Between The Eyes]では見せ場になっていたので、このツアーではどこでもギター・クラッシュをやってたようなイメージがありますが、実際はそれほど頻繁に見せていたわけではなく、ディスク化された音源ではだいたい5割程度、というところなので、ここで見せているギター・クラッシュは「最も充実したライヴ」と言われる傍証の一つとなっています。それでも、なおかつ、個人的な印象を述べさせていただくならば、この年のセットリストに見られる過渡期的な部分にノレるかノレないかで評価が分かれるライヴではなかろうかと。まぁ、どのみち聴かなきゃ話は始まらないわけですが(笑)


05-15 [Satisfaction Guaranteed]


ジャケット画像

Bondage BON 091
Kalamazoo 15 May 1982

  1. Over The Rainbow
  2. Death Alley Driver
  3. Miss Misterated
  4. I Surrender
  5. Can’t Happen Here
  6. Tearin’ Out My Heart
  7. Man On The Silver Mountain
  8. Rock Fever
  9. Lazy
  10. Stone Cold
  11. Power
  12. Difficult To Cure – Keyboard Solo
  13. Drum Solo
  14. Long Live Rock’n’Roll
  15. Smoke On The Water
  16. Maybe Next Time

コメント未作成


10-22 [Tokyo 2 Nights]


ジャケット画像
Dirty 13 003/4SP
Disc 1 & 2 : Tokyo 21 October 1982
Disc 3 & 4 : Tokyo 22 October 1982

Disc 1,2は省略

Disc 3

  1. Intro
  2. Over The Rainbow – Spotlight Kid
  3. Miss Mistreated
  4. I Surrender
  5. Blues – Can’t Happen Here
  6. Tearin’ Out My Heart
  7. Lazy – All Night Long
  8. Child In Time – Stone Cold
  9. Power

Disc 4

  1. Difficult To Cure
  2. Drum Solo
  3. Long Live Rock’n’Roll
  4. Catch The Rainbow
  5. Long Live Rock’n’Roll
  6. Man On The Silver Mountain
  7. Maybe Next Time
  8. Since You Been Gone
  9. Smoke On The Water
  10. Kill The King
  11. Long Live Rock’n’Roll
  12. Over The Rainbow

日本公演の最終日程となった東京、日本武道館の2日間をコンプリート収録した4枚組です。1日づつのバラでも出回っています。アナログ時代に両方とも出回っていましたが、コンプリート収録でなかったり、MCをカットして海外の公演に見せかけたりしたもので、あまり質は良くありませんでした。今回は、文字どおりのコンプリート収録です。当サイトでは日付ごとに掲載します。

2日目も、元になっているテープはアナログ時代の物と変わらない様です。このアナログ盤"Dortmund Januar 1983"は、Mcをカットしたりして、海外公演に見せかけていたものです。こちらは、21日よりも音質は良いです。このツアーでの演奏はこの日でしか聴けない"Catch The Rainbow"など、聴き所は多く、バラで入手するとしたらこちらの方がいいでしょう。

日本公演終了後、10月30日から12月1日までヨーロッパをツアーしていますが、この時期の音源は少なく、アナログ盤"Brain Storm"のコピーが、1981年のボストンの放送用音源を収録した"Coloured Rainbow"に収録されているのみです。これは1982年11月6日、ストックホルムの音源といわれているものです。このヨーロッパ・ツアーが、このラインナップでの最終ツアーとなります。


11-06 [Coloured Rainbow]


ジャケット画像
BON 023/24
Disc 2 2-14 : Stockholm 6. November 1982

Disc 1は省略

Disc 2

  1. Lazy – Woman From Tokyo – Smoke On The Water
  2. Miss Mistreated
  3. I Surrender
  4. Can’t Happen Here
  5. Tearing Out My Heart
  6. Lazy – All Night Long
  7. Child In Time – Stone Cold
  8. Blues
  9. Power
  10. Long Live Rock’n’Roll – Hey Joe
  11. Maybe Next Time
  12. Since You Been Gone
  13. Smoke On The Water
  14. Kill The King – Guitar Crush – Long Live Rock’n’Roll

ジョーがヴォーカルをとっているコンサート音源で比較的音質の良いソースをカップリングした2枚組。当サイトでは日付ごとに掲載します。Disc 1については、[Coloured Rainbow]を参照してください。

Disc 2に収録されている1982年のストックホルムでのライヴは、アナログ盤"Brain Storm"に収録されていた物のコピーです。ジャケットのセンスの悪さと対照的に音の良かったこのアナログ盤は、今では結構な金額で取り引きされているので、こうして手軽に聴くことが出来るのはありがたいことです。テープスピードが若干怪しくなるところもありますが、全体的にはかなり良好なオーディエンス録音です。テープからCD化されればいうこと無しですが、現時点では未登場。CD-Rは……あるのかな?