USA Tetragrammaton T 102 : [Shades Of Deep Purple] (Factory No Number)


ジャケット画像

Deep Purpleのアメリカ盤テトラグラマトン・レーベルは、ヴァリアントが多い上、カウンターフィットの存在も指摘されているなど、あまりハマりたくない要素が多いのですが、現時点で確認しているヴァリアントを掲載していきます。

この"Hush"をプッシュしたステッカーが貼られているジャケット。シュリンクの上に貼られているので、コレクター心としてついつい手を出してしまうパターンのジャケですが、果たしてその正体は。

ジャケット画像

これを見ていただくと、会社の住所や製造国表示の付近に表示されているはずのファクトリー・ナンバーが見当たりません。うーん、どうしたものだろう。

ジャケット画像
ジャケット画像

若干白味の強いシルバー・レーベルで、レーベル外周クレジットは従来どおりの「A DIVISION OF …」です。レーベルの字体はファクトリー・ナンバー「4」の盤と同じですが、ラン・アウト・グルーヴの刻印は手書きで原盤番号とLL-DCTという記号が刻まれているものです。プレス工場を示す記号刻印は点が三角形の形に三つ打たれているもので、どこの工場だったかド忘れしてしまっています(汗

シングルをプッシュするステッカーから推測すると、初期プレスではないのかなと思ったりしますが、1968年6月に発売された[Hush]のチャート・インは本作のリリースと時を同じくした7月ごろとされていますので、ここは考え方次第かなと。ヒット曲が入ってることを餌に本作の購入者を釣る(これが一番ありありな感じですが)のなら、このステッカーは初期プレスというよりヒットが確定した時期以降のプレスと考えられますが、ヒットの兆しが見えたシングルの煽りが目的であればステッカーは初期から存在したということになります。個人的にはシングル・ヒット後のプレスとしたいところですが、うーん。

あ、"Hey Joe"のエンディング、SEはちゃんと入っています。

ジャケット画像