11-04 [Fablous Five 1977]


ジャケット画像

Shakuntala STCD 103/04
Liverpool 4 November 1977

Disc 1

  1. Kill The King
  2. Mistreated
  3. 16th Century Greensleeves
  4. Catch The Rainbow
  5. Long Live Rock’n’Roll

Disc 2

  1. Lazy
  2. Man On The Silver Mountain
  3. Ritchie’s Blues
  4. Starstruck
  5. Night People
  6. Man On The Silver Mountain [Reprise]
  7. Keyboards Intro
  8. Still I’m Sad
  9. Beethoven 9th
  10. Keyboards Solo
  11. Drum Solo
  12. Overture 1812
  13. Still I’m Sad [Reprise]

1977年ヨーロッパ・ツアーの終盤レグとなったイギリス公演、4回目のステージとなった11月4日のリバプール初日を収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。かつて[Mark 2]というアナログ盤で初登場し、その後、[Mark 2]の盤起こしのCDが登場していましたが、それ以来の登場となった音源です。

使用されている音源は[Mark 2]と同じものですが、[Mark 2]のマスタリングは決して褒められたものではなく、聴きづらいレコードでした。その盤起こしだった[Mark 2]もアナログ盤の傾向を踏襲していましたから、テープからきっちりとしたディスクを製作してほしい音源の一つでした。本作は丁寧なマスタリングでソースの特性をしっかりとCD化しており、待ち望んでいた一枚となりました。

翌日のリバプール2日目は破天荒なエピソードの多い1977年ヨーロッパ・ツアーらしいステージで、リッチーはアンコールでバルコニー席からギター破壊を行なうなどの大暴れをしたため、会場となったエンパイア・シアターより出禁をくらっています。