09-05 [Manchester & Liverpool]


ジャケット画像

Rainbow Records [01/2]
Manchester 5 September 1976
Disc 2-11 : Liverpool 5 November 1977

Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Kill The King
  3. Mistreated
  4. 16th Century Greensleeves
  5. Catch The Rainbow
  6. Band Introduction
  7. Man On The Silver Mountain

Disc 2

  1. Blues
  2. Man On The Silver Mountain
  3. MC
  4. Keyboard Solo
  5. Stargazer
  6. Still I’m Sad
  7. Keyboard Solo
  8. Drum Solo
  9. 1812 Overture
  10. Still I’m Sad (Reprise)
  11. Do You Close Your Eyes
  12. Over The Rainbow
  13. Long Live Rock’n’Roll

"Rainbow Records"を名乗るレーベルの第1弾となるリリース。メインは同系列の[Live In England]で使用されている1976年9月5日のマンチェスターでのステージを収録したとされているオーディエンス音源。コピー盤ではなく、異なるマスタリングが施されています。ツッコミ系といいますか、再生環境でいろいろといじるのがままならないモバイル環境で聴くのには向いている音。良いイヤホンだとかなり良い感じで聴けるんじゃないでしょうか。とは言っても、もともとの音源の持つ特性まで良くなるわけではないので、あの周期的に変化するトーンカーブが苦手だったという人にはあまりアピールしないかもしれません。

ボーナスとして、翌1977年のヨーロッパ・ツアーより、11月5日のリバプール公演とされるオーディエンス音源から、"Long Live Rock’n’Roll"を収録しています。この年、リバプールでは2公演行っていて、11月4日の公演は[Mark 2]というアナログ盤で登場していました。あまり良質のプロデュースではなかったので聴きづらく、盤起こしでCDになっていますが、テープソースからのCD化はいまだに実現していません。当盤に収録されている5日の分はかつてCD-Rが出回りましたが、当盤で聴ける音質はCD-Rに使用されている同じ音源とは思えない迫力で聴けます。世代がかなり低い、マスターに近いソースを使用しているとみて良いでしょう。このリバプール公演は両日ともエンパイア・シアターという会場で行われていますが、5日のステージではリッチーがバルコニーに登ってそこでギター・クラッシュをキメたため、会場から出禁をくらったというハプニングがありました。ハプニングの多い1977年ツアーらしいステージだったわけですが、ここまで良質の音で聴けるのなら全編が聴いてみたいステージです。


10-04 [Den Haag 1977]


ジャケット画像

Rising Arrow [049]
Den Haag 4 October 1977

Disc 1

  1. Intro.
  2. Over The Rainbow
  3. Kill The King
  4. Mistreated
  5. 16th Century Greensleeves
  6. Catch The Rainbow

Disc 2

  1. MC
  2. Long Live Rock’n’Roll
  3. Lazy
  4. Man On The Silver Mountain
  5. Blues
  6. Vocal Improvisation
  7. Man On The Silver Mountain(Reprise)
  8. Keyboard Intro.
  9. Still I’m Sad
  10. Beethoven 9th
  11. Keyboard Solo
  12. Drum Solo incl. 1812 Overture
  13. Still I’m Sad(Reprise)

1977年秋に行われたヨーロッパ・ツアーから、オランダはハーグで行われたステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。かつて[Kill The King]というタイトルのアナログ盤で初登場して以来、盤起こしの[Kill The King]や、テープ・ソースで初CD化された[The Hague 1977](おっと、レビューをサボっているではないか。後でこっそり書いておこう(^^;)などで聴かれてきた定番音源の一つです。[The Hague 1977]をリリースしたメーカーから、よりマスターに近いグレードのテープを使用しての再リリースという触れ込みでの登場。

冒頭、SEが流れる前の数十秒が新たに収録されています。音の濁りが最小限に抑えられていた[The Hague 1977]より、さらに濁りは軽減されており、たしかにマスターに近い雰囲気を感じます。最近になってデジタル・トランスファーされたようで、テープの経年劣化が[The Hague 1977]使用マスターよりも進んでいるように感じる箇所もないわけではありませんが、全体的な聴きやすさは[The Hague 1977]に劣りません。ギターの音の良さはしっかりと受け継がれているので、未聴の方はこれを機会に、どのディスクでも良いのでとっとと聴いてください(笑)


10-27 [Guillotine]


ジャケット画像

Rising Arrow [045]
Paris 27 October 1977

Disc 1

  1. Intro.
  2. Over The Rainbow
  3. Kill The King
  4. Mistreated
  5. 16th Century Greensleeves
  6. Catch The Rainbow
  7. Long Live Rock’n’Roll

Disc 2

  1. Lazy Intro
  2. Man On The Silver Mountain
  3. Blues
  4. Starstruck
  5. Man On The Silver Mountain (reprise)
  6. Keyboard Intro.
  7. Still I’m Sad
  8. Beethoven 9th
  9. Keyboard Solo
  10. Drum Solo feat. 1812 Overture
  11. Still I’m Sad (Reprise)
  12. Guitar Intro.
  13. Do You Close Your Eyes
  14. Over The Rainbow

Disc 3
(They are taken from the different tapes which were recorded on the same day)

  1. Intro.
  2. Over The Rainbow
  3. Kill The King
  4. Mistreated
  5. 16th Century Greensleeves
  6. Catch The Rainbow
  7. Long Live Rock’n’Roll

Disc 4

  1. Lazy Intro
  2. Man On The Silver Mountain
  3. Blues
  4. Starstruck
  5. Man On The Silver Mountain (reprise)
  6. Keyboard Intro.
  7. Still I’m Sad
  8. Beethoven 9th
  9. Keyboard Solo
  10. Drum Solo feat. 1812 Overture
  11. Still I’m Sad (Reprise)
  12. Guitar Intro.
  13. Do You Close Your Eyes
  14. Over The Rainbow

1977年に行われたヨーロッパ・ツアーから、10月27日のパリ公演を収録したとされるオーディエンス音源を二種類カップリングした、4枚組プレスCD。[Parisian Night]以来、久々のプレスCDでの登場となります。内容の詳細は[Parisian Night]を参照してください。プロモーターの宙づり事件ですが、DVD[Live In Munich 1977]でも何人かが語っていたり、メンバーやスタッフの回想等でも触れられているところですが、吊るされた本人の言質が何もないので、はたして仲間内のからかいで済んだハナシなのか、トラブルによる制裁だったのか、はたまたイジメだったのか、まだなんとも言えないんじゃなかろうかと思う次第です。後世のワタクシたちに残されているのは、クレーンで宙づりにされた男の下でギターを弾いているリッチーの写真が全てなわけで、そして、それで十分かもしれません。

前半のディスク1と2は、新発見とされるテープを基本とし、欠落部分は[Parisian Night]で使用されていた音源を用いて補完されています。ややリッチーのギターが大きめのバランスですが、演奏のディティールは十分に伝わってきます。ベースの輪郭がややはっきりしないのが弱点ですが、ロニーのヴォーカルとリッチーのギターの迫力がこれだけ伝わってくれば文句無しだと思います。歪みは少しありますが、濁りはほとんどありません。

後半のディスク3と4は、[Parisian Night]で使用されていた音源で、しばらく前に少量のCD-Rが別タイトルで出回っていました。[Parisian Night]より、ほんの少し耳に馴染む感じになってはいますが、基本的な音像に変化はありません。また、前半部に使用されている音源よりも録音レベルは低めとはいえ、歪み方はこちらの方が少なめかもしれません。どちらも聴きやすい音源だと思います。[Parisian Night]をお持ちの方がアップグレードをした方が良いかどうかは微妙ですが、久しぶりのリリースなので、未聴の方は四の五の言わずにとっとと聴くべし(^^;


10-04 [The Hague 1977]


ジャケット画像
Rising Arrow 030
The Hague 4 October 1977

Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Kill The King
  3. Mistreated
  4. 16th Century Greensleeves
  5. Catch The Rainbow

Disc 2

  1. Long Live Rock’n’Roll
  2. Lazy – Man On The Silver Mountain
  3. Blues – Man On TheSilver Mountain (Reprise)
  4. Keyboard Intro.
  5. Still I’m Sad
  6. Beethoven 9th – Keyboard Solo
  7. Drum Solo
  8. Still I’m Sad (Reprise)

コメント未作成


11-14 [Rainbow 1977]


ジャケット画像
Rising Arrow [020]
London 14 November 1977

Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Kill The King
  3. Mistreated
  4. Greensleeves
  5. 16th Century Greensleeves
  6. Catch The Rainbow

Disc 2

  1. Long Live Rock’n’Roll
  2. Lazy / Man On The Silver Mountain
  3. Blues
  4. Man On The Silver Mountain incl. Starstruck
  5. Keyboard Intro.
  6. Still I’m Sad
  7. Beethoven 9th
  8. David Stone Solo
  9. Cozy Powell Solo feat. 1812 Overture
  10. Still I’m Sad (Reprise)

1977年秋に行なわれたヨーロッパ・ツアー、終盤のイギリス公演から、四日連続で行なわれたロンドン、レインボー・シアターでのコンサート最終日、11月14日の演奏とされる音源です。イギリス公演のテープはあまり音盤化されておらず、CDではアナログ復刻で出回ったリバプールのものくらいしかありません。CD-Rではそこそこ出てるみたいです。

レインボー・シアターの会場規模が良くわからんのですが、音の遠さからすると二階席あたりで録ったような感じなのに、ホールエコーはあまりなく、デッドな感じという、よくわからん音像です。音の濁りはあまり感じませんので、使われているテープはダビングはそれほど経ていないような様子。リズム隊がいまいちなバランス、とくにドラムがあまり良い感じではありません。低域は出ているのでバスドラやベースはそこそこですが、低域にスネアなどの他の音が消されてしまい気味。ロニーのヴォーカルとリッチーのギターは良く入ってます。ギターの音は良い感じ。私が好きなアナログ盤、"Kill The King"で聴ける音と近いかも。全体の印象としては悪くないオーディエンス録音ですが、普通にこのツアーの演奏を聴くのは"Live In Munich 1977"で十分かと。

普通じゃない視点でこの音源を眺めるのならば、先にも書いたように現時点で音盤化されている1977年のイギリス公演は少なく、アナログの復刻ではない新盤として出てくるのは意外にもこのCDが初めてです。価値を見い出すとしたらその辺りかなと。演奏も悪くないです。とくに後半の流れはバンドの力量が十分に出てると思います。"Still I’m Sad"の導入にあたるデヴィッドのソロがカットになってます。そのあとのリフの入り方がカッコいい(いつもみたいにいきなり全開で「ダカダカダッ」ではなく、音量を徐々に上げて来る感じ)だけにもったいない。"Catch The Rainbow"のエンディング、"Still I’m Sad"のエンディングが収録されずにフェイド・アウトしてるのももったいない。

観客のノリも良いです。"Catch The Rainbow"のあたりかな?。曲間の観客の会話で、「この次にロング・リヴ・ロックンロールやるよ !」「ホントー ?!」みたいなのが聴こえてくるのも楽しい(笑)


11-18 [Difinitive Stafford]


ジャケット画像
Rising Arrow [022]
Stafford 18 November 1977

Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Kill The King
  3. Mistreated
  4. 16th Century Greensleeves
  5. Catch The Rainbow
  6. Long Live Rock’n’Roll

Disc 2

  1. Man On The Silver Mountain
  2. Blues
  3. Main On The Silver Mountain (Reprise)
  4. Keyboard Intro.
  5. Still I’m Sad
  6. Keyboard Solo
  7. Drum Solo
  8. Still I’m Sad (Reprise)
  9. Guitar Solo
  10. Do You Close Your Eyes incl. Guitar Crash
  11. Over The Rainbow

1977年11月18日、イギリスはスタッフォードで行なわれたコンサートを収録したという触れ込みのタイトルです。1977年のヨーロッパ・ツアー、最終日程となったイギリス公演の中でも、終盤に近付いた頃のモノで、この後、マンチェスターで2公演、カーディフで最終公演を行ない、この年のツアーは終了しています。現時点で、このCDは、1977年ツアーのもっとも遅い日付のものになります。今回が初登場でもあります。

この年のライヴ音源はミュンヘンのビデオ記録を除くと、サウンドボードで記録されているものは皆無に近く、このCDもやはりオーディエンス録音です。バランスはそれほど悪くありませんが、音が遠く、臨場感を期待するとハズすかも。ただ、ホールでコンサートを聴いてる感覚はかなり伝わって来ます。音の濁りもそれほど感じないので、ダビングはそれほど経ていないように思います。音質的に見劣りするこの年のテープの中では、音の良い方だと言って良いと思いますが、いわゆる「高音質」という言葉に過度の期待をすると、ヤケドするでしょう(笑)

演奏は、うーん、なんと言えばいーか……。リッチーの調子、前半があまり良くありません。ギターのチューニングがなかなか決まらないせいか、プレイ全体に冴えが感じられません。ただ、後半になって"Man On The Silver Mountain"あたりから、調子が上がって来ます。この日の"Blues"はかなり聴き応えありです。"Still I’m Sad"も、かなり出来の良い演奏をしている日になってますし、アンコールではギター・クラッシュもしていますから、全体を通して聴いてみれば、好印象の残るライヴだと思います。名演かと聞かれると微妙ですが(^^;。


09-25 [Long Live Triumvirate]


ジャケット画像
DE – 012 -13
Stockholm 25 September 1977
Disc 1

  1. Introduction
  2. Over The Rainbow
  3. Kill The King
  4. Mistreated
  5. 16th Century Greensleeves
  6. Catch The Rainbow
  7. Long Live Rock’n’Roll

Disc 2

  1. Lazy – Man On The Silver Mountain (Incl. Blues – Starstruck)
  2. Keyboard Solo – Still I’m Sad (Incl. Beethoven 9th – Keyboard Solo)
  3. – Drum Solo "1812"
  4. – Still I’m Sad (Replised)
  5. Guitar Solo – Do You Close Your Eyes
  6. Over The Rainbow

1977年9月はじめに予定されていたアメリカ、イギリスでのコンサートがキャンセルになり、結局この年のツアーは9月下旬から始まったヨーロッパ・ツアーで幕をあけることになりました。このCDはツアー初日、9月25日にストックホルムで行われたステージを収録したとされている、オーディエンス録音です。

この時代の平均的なオーディエンス録音という感じで、ヒスノイズが目立ち、割れ気味ではありますが、迫力のある録音です。マイクを隠したりするせいか、時々かなりこもり気味になる個所があるのが惜しい。音の濁りもなく、クリアなテープです。バランスも、この程度でしたらまあまあといえるでしょう。全体的に中低域がもう少し出ていれば、もっと聴きやすくなると思います。

ツアー開始前にイギリスのスタジオで一週間のリハーサルをしたようです。この日は初日のせいか、かなり粗い個所もありますが、演奏そのもののテンションは1976年同様素晴しいです。

このツアーから"Stargazer"、"A Light In The Black"がセットリストから落され、かわってニュー・アルバムから先行する形で"Long Live Rock’n’Roll"がプレイされました。そのほかの曲は1976年のツアーとかわりませんが、曲の導入や曲間でプレイされる遊びに変化が見えます。"16th Century Greensleeves"の前にプレイしていた"Greensleeves"も、この時期が1番原曲に近くプレイされています。そして、のちに"Since You Been Gone"の導入で軽やかにプレイされることになる「ブランデンブルグ協奏曲」も、この時期からプレイし始めています。そして、ベートーヴェンの交響曲第九番「合唱」から、第四楽章の主題をプレイするようになったのもこの時期からで、考えてみればこのメロディーをかれこれ20年プレイしてきたことになります。

"Long Live Rock’n’Roll"のステージ初演が聴けるこの音源は、資料的にも価値のある音源だと思います。