[1976 Tour Rehearsals]


ジャケット画像

Shakuntala STCD 137/38
USA Tour Rehearsal

Disc 1

  1. Mistreated Take 1
  2. Mistreated Take 2
  3. Mistreated Take 3
  4. Mistreated Take 4
  5. Mistreated Take 5
  6. Mistreated Take 6
  7. Mistreated Take 7
  8. Mistreated Take 8
  9. Mistreated Take 9
  10. Kill The King Take 1
  11. Kill The King Take 2
  12. Kill The King Take 3
  13. Kill The King Take 4
  14. Kill The King Take 5
  15. Kill The King Take 6
  16. Kill The King Take 7

Disc 2

  1. Man On The Silver Mountain
  2. Keyboard Solo
  3. Stargazer Take 1
  4. Stargazer Take 2
  5. Stargazer Take 3
  6. Stargazer Take 4
  7. A Light In The Black
  8. Still I’m Sad
  9. Drums Solo

1976年、"Rising"ツアーの開始に先立って行われたリハーサルを収録したとされる音源をソースとしたプレスCD。かつて[Tower Of Babel]というタイトルで登場していましたが、それ以来のリリースとなりました。

他の音源との混載で3枚組となっていた[Tower Of Babel]とはトラック分けが少々異なっていて、分かりやすい構成になっていると思います。使用されているソースの状態は両者でそれほど差は無いように思いますが、イコライジングの違いが少し感じられます。今回のリリースの方が演奏の合間に聞こえてくるメンバーの会話の内容が「わかるかもしれない」という気になりますが、もともと英語の聞き取りは出来ないのであまり意味のある比較ではありません(笑)

1枚目のディスク、"Mistreated"の完奏テイクは3テイク目、"Kill The King"は7テイク目が"Over The Rainbow"からの完奏テイクですが、それ以外の構成の変わり目やアレンジの部分をリハーサルしているテイクの方も興味深いです。リッチーと思しき声が色々と指示を出していたり、ロニーとジミー・ベインがコーラスの練習をしていたりなど、現場の絵が浮かんでくるような録音です。

2枚目のディスクはトニー・カレイのキーボードから"Stargazer"を完奏し、その後、各部分の確認をしているようです。"Stargazer"の4テイク目はそのまま"A Light In The Black"へとつながるメドレーとなっています。"Kill The King"やこの2曲のメドレーをリハーサルしていることから、このリハーサルはやはり1976年のアメリカ・ツアー開始前の時期に行われたということになると思います。