USA Tetragrammaton T 107 : [The Book Of Taliesyn] (Subsidiary)


ジャケット画像

Deep Purpleのアメリカ盤テトラグラマトン・レーベルは、ヴァリアントが多い上、カウンターフィットの存在も指摘されているなど、あまりハマりたくない要素が多いのですが、現時点で確認しているヴァリアントを掲載していきます。

さて、一番事情がややこしそうなプレスで、出来ればスルーしたいヴァリアントがこのレコード。表ジャケットは別にどうということはありませんが、盤のレーベルを見るとですね……。

ジャケット画像

ご覧のとおり、レーベル外周の会社名表示の部分が「A DIVISION OF …」ではなく、「A SUBSIDIARY OF」になっています。組織変更に伴い、子会社が部門化されたのか、部門が子会社として切り離されたのか、時系列的なことも含めて、謎の多いクレジットになっています。そして、このクレジットがあるレコードは「A DIVISION OF …」クレジットのレコードと比較すると遭遇率がかなり低いです。このSUBSIDIARYクレジット盤を初期プレスとする意見もありますが、初期プレスとするとこの遭遇率の低さが気になります。個人的には初期プレス説に賛同できかねる次第です。

ジャケット画像
ジャケット画像

レーベル全体はこのような画像になります。ギラギラ度が低いので白レーベルにも見えますが、一応シルバー・レーベルです。字体はファクトリー・ナンバー「4」のジャケットに入っている盤と同一となります。刻印は小さなしっかりした文字の手書きで丁寧に刻印されていますが、DCTなどの記号は入っていません。

ジャケット画像

裏ジャケットのファクトリー・ナンバー部分。面白いことに数字ではありません。「S」に見えるのは私だけでせうか?不思議なことに、本作のテトラグラマトン盤では、[Shades Of Deep Purple]に存在したようなファクトリー・ナンバーのないジャケットを見かけたことがありません。なんでこーいうことになっているのかは良くわかりません。

ジャケット画像

これは、裏ジャケット左側下部のレーベル名クレジット部分のアップ。「A DIVISION OF…」ではなく、「A SUBSIDIARY OF」になっています。レーベル・クレジットが変わったのでこちらも変更になった、と思いたいところですが、このクレジットは初期プレスと思しきファクトリー・ナンバー「5」のジャケットにも掲載されており、この部分が「A DIVISION OF…」となっているジャケットは見たことがありません。SUBSIDIARYクレジットの盤を初期プレスとする論拠にこのクレジットをあげる時もありますが、やはり遭遇率の低さが気に(以下略。

ここまで何枚かのヴァリアントを掲載してきましたが、本作ヴァリアントのプレス時期について、現時点で私個人が推定しているのは以下のとおりとなります。ただ、ファクトリー・ナンバーのないジャケットが存在するのですが、未だに入手しておりませんので、今後、この推定は変わってくると思います。

  1. 初期、中期プレス:裏ジャケットにファクトリー・ナンバー「5」並びにファクトリー・ナンバー「4」、レーベルに「A DIVISION OF …」クレジット
  2. 後期プレス:レーベルに「A SUBSIDIARY OF」クレジット