USA Decca [32831] : [Green Bullfrog / My Baby Left Me]


ジャケット画像

[Green Bullfrog]からカットされたプロモーション・シングル。販売用のレコードがリリースされたかどうかは未確認です。つーか、このシングル、プロモしか見かけたことがないんですけど?リリース時期も不明ですが、おそらく1971年だと思います。

ジャケット画像

A面収録曲、"My Baby Left Me"のレーベル。スタンダード・ナンバーで、リッチーはこれ以前にもニール・クリスチャンのシングルでこの曲をレコーディングしています。聴き比べるとノリやアレンジがずいぶんと違ってます。ギター・ソロはリッチーだとは思いますが、B面で聴かれる彼のプレイと思われるフレーズと比べるとかなりおとなしめのサウンド。

ジャケット画像

B面収録曲、"Lovin’ You Is Good For Me Baby"のレーベル。プロデューサーのデレク・ローレンスのオリジナルで、ビッグ・ジム・サリヴァンがデモを録音したということです。デレクの好みそうなリズム&ブルース。リッチーと思われるギターはかなりディストーションがかかったサウンドでこの頃のクセが良く出ているアーミング・プレイが聴かれます。


UK Connoisseur NSP LP 503 : [Green Bullfrog / Green Bullfrog Sessions]


ジャケット画像

Side A

  1. Ain’t Nobody Home
  2. Bullfrog
  3. Walk A Mile In My Shoes
  4. My Baby Left Me
  5. Makin’ Time

Side B

  1. Lawdy Miss Clawdy
  2. I’m A Free Man
  3. Lovin’ You Is Good For Me Baby
  4. I Want You
  5. Louisiana Man
  6. Who Do You Love

1991年に再発されたアナログ盤。マルチ・マスターからデレク・ローレンスがリミックスし、未発表だったトラックを加え、曲順も構成し直してあります。同時にCDでもリリースされました。裏ジャケットにはこのセッションの詳細な解説が掲載されています。グリーンのクリア・ヴィニールでプレスされています。

ジャケット画像

ジャケット画像


UK MCA MKPS 2021 : [Green Bullfrog / Same Title]


ジャケット画像

アメリカでのリリースから約1年遅れて登場したイギリス盤。当時デレクが関わっていたMCAレーベルからのリリースとなりました。Wishbone Ashのプロデュースをしていたわけですが、彼にWishbone Ashを紹介したのはリッチーだったようです。

アメリカ盤とほぼ同様のジャケット・デザイン。アメリカ盤よりも真っ黒度は強いですかね。ただ、真っ黒なだけに折れ目、しわ等が非常に目立ちやすいです。「ブラック・ナイト – リッチー・ブラックモア伝」によれば、当MCA盤のリリース後、デレクが受け取った印税計算書に記載されていた売上枚数は500枚以下だったらしく、意外に見つけづらいレコードでもあります。

ジャケット画像

Side A

  1. My Baby Left Me
  2. Makin’ Time
  3. Lawdy Miss Clawdy
  4. Bullfrog

ジャケット画像

Side B

  1. I Want You
  2. I’m A Free Man
  3. Walk A Mile In My Shoes
  4. Lovin’ You Is Good For Me Baby

デレク・ローレンスが、リッチーとアルバート・リーを顔合わせさせてみたくて企画したような面があるセッション。ビッグ・ジム・サリヴァンも顔を見せていて、リッチーが尊敬していた二人とも揃っているところが興味深い点です。てことでベスト・トラックはやはり3人のソロが聴かせどころである"Bullfrog"だと思います。

ジャケット画像


USA Decca DL 75269 : [Green Bullfrog / Same Title]


ジャケット画像

1971年に発売された、オリジナル・リリースとなるアメリカ盤。裏ジャケットのパーソネルは全員ニックネーム。リッチーは"BOOTS"らしい(^^;。こんな正体不明なレコードがどれだけ売れたものやら見当がつきませんが、掲載したのはプロモーション盤になります。もっと真っ黒なジャケットを想像してましたが、退色したのか元からそうなのか、真っ黒というより濃い灰色の背景に、カエルが一匹。左上に獲物として狙われているのか、ちょこんと虫がいたりします。

ジャケット画像

Side A

  1. My Baby Left Me
  2. Makin’ Time
  3. Lawdy Miss Clawdy
  4. Bullfrog

Side B

  1. I Want You
  2. I’m A Free Man
  3. Walk A Mile In My Shoes
  4. Lovin’ You Is Good For Me Baby

デレク・ローレンスが、リッチーとアルバート・リーを顔合わせさせてみたくて企画したような面があるセッション。ビッグ・ジム・サリヴァンも顔を見せていて、リッチーが尊敬していた二人とも揃っているところが興味深い点です。てことでベスト・トラックはやはり3人のソロが聴かせどころである"Bullfrog"だと思います。

ジャケット画像


UK Connoisseur NSP CD 503 : [Green Bullfrog / Green Bullfrog Sessions]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Ain’t Nobody Home
  2. Bullfrog
  3. Walk A Mile In My Shoes
  4. My Baby Left Me
  5. Makin’ Time
  6. Lawdy Miss Clawdy
  7. I’m A Free Man
  8. Lovin’ You Is Good For Me Baby
  9. I Want You
  10. Louisiana Man
  11. Who Do You Love

第1期Deep Purpleのアルバムをプロデュースしていたデレク・ローレンスがトニー・アシュトンとともに企画し、1970年の4月頃に2日間のセッションが行われました。参加メンバーは、リッチー、トニー・アシュトンの他に、イアン・ペイス、ビッグ・ジム・サリヴァン、アルバート・リー、マシュー・フィッシャー、チャス・ホッジズなど、豪華な顔合わせでした。しかし、それぞれ異なるレーベルで契約を結んでいたため、セッションが行なわれてからしばらくの間、このテープは発表されていません。

オリジナルのアナログ盤は、1971年3月19日に、このCDに収録されている2曲目から9曲目までの全8曲が4,5,6,2,9,7,3,8の順に収録されてリリースされています。イギリスで行なわれたレコーディング・セッションにもかかわらず、このオリジナル・リリースはアメリカのデッカ・レコードからとなっており、ゲリラ的なリリースだったニュアンスを伺わせます。そのためか、当時は正式なメンバーがクレジットされず、皆ニックネームでの登場となっています。セッションが行なわれた当時、音楽誌にこのセッションの事が報じられたので、参加メンバーについてはリリース当時からある程度の情報はあったようですが、それでもはっきりと特定されていなかったため、ジェフ・ベックがこのアルバムに参加しているという噂もたちました。しかし、この噂はデレクによる「ジェフとは会った事もない」という言葉とともに否定されています。

このCDはプロデューサーだったデレク・ローレンスが、4チャンネル・マスター・テープからリミックスを施し、オリジナル・アルバムに未収録だった3曲を加えて、アンソロジーのような形で1991年にリリースされたものです。この時はCDだけでなく、同じ構成のアナログ盤もリリースされています。この1991年盤は前述のとおり曲順が異なるので、聴いた印象がオリジナルのアナログ盤とは微妙に異なります。オリジナルを持っていなくてCDを持っている方は、一度オリジナル・アナログの曲順でプログラムして聴いてみられると面白いかもしれません。リッチーのセッション収録オムニバス・アルバムに収録された"Bullfrog"は、当時Deep Purpleでリハーサルされていたリフが元になったハードなインストです。この他の収録曲はこの曲にくらべるともっとリズム & ブルーズ寄りのアプローチで、トニー・アシュトンのコクのあるボーカルや、参加メンバーの素晴らしいプレイが堪能できるアルバムです。とくに、ジム・サリヴァンやアルバート・リーのギターを聴くと、リッチーが彼らから受けた影響が垣間見られたりして、興味深いです。そして、イアン・ペイスのドラミングはこのセッションを大変引き締めています。リッチーのギターも、ストラトのアーミングを強烈に使うプレイが多く、スタジオ録音としては"In Rock"アルバムにつぐ、アーミング使用の好プレイを随所で聴かせてくれています。


USA ECY Street ECY 16 : [Green Bullfrog / Natural Magic]


ジャケット画像

アメリカで80年代になってリリースされた再発盤。オリジナル盤のミステリアスなムードから一変し、グロテスクかつユーモラスなイラストのジャケットになっています。そして、リッチーのコメントとされる一文があしらわれています 。

ジャケット画像

Side A

  1. My Baby Left Me
  2. Makin’ Time
  3. Lawdy Miss Clawdy
  4. Bullfrog

Side B

  1. I Want You
  2. I’m A Free Man
  3. Walk A Mile In My Shoes
  4. Lovin’ You Is Good For Me Baby

ジャケット画像