USA Mercury PRO 404 1 : [Bad Girl]


ジャケット画像

正確な配布時期は不明ですが、おそらく[Finyl Vinyl]のリリース時にプロモーション用として配布されたアメリカ盤12インチ・シングル。ジャケットはポリグラムのカンパニー・スリーブになっていますが、この状態で配布されていたかどうかも不明です。

ジャケット画像

A面収録曲"Bad Girl"のレーベル。このシングルは両サイドとも"Side 1"で"Bad Girl"が収録されています。発売国やリリース時期によって"Bad Girls"になってたりするややこしい曲ですが、いちおう"Bad Girl"が正式タイトル。33 1/3回転でのカッティングですが、高めの音圧で迫力ある音が聴けます。


Germany Polydor [8839701] : [Bad Girl]


ジャケット画像

1986年にリリースされた12インチ・シングル。アルバム[Finyl Vinyl]からのカットとなりますが、ドイツ・プレスのみとなっているようです。

ジャケット画像

裏ジャケット。A面に"Bad Girl"と"Spotlight Kid"、B面に"Man On The Silver Mountain"を収録。どれも[Finyl Vinyl]収録のテイクと同様となります。ロニー、グラハム、ジョーのそれぞれがヴォーカルを取っているナンバーを一曲づつ収録した形となっています。

ジャケット画像

インナー・スリーヴの表(かどうかはわかりませんが(^^;)。UK盤初回プレスについていたファミリー・ツリーが掲載されています。

ジャケット画像

インナー・スリーヴの裏(だからこっちが表かもしれないし(^^;)。ロジャーによる[Finyl Vinyl]やRainbowについての短い文章が掲載されており、ベスト・アルバムを含む全アルバムのジャケットも見ることが出来ます。


USA Mercury PRO 242 1 : [Stranded]


ジャケット画像

1983年に配布されたと思われる、アメリカ盤プロモーション12インチ・シングル。スタジオ盤の"Stranded"を両面に33 1/3回転でカッティングしています。モノラルなどのヴァリエーションはありません。アルバムよりラウドに鳴っているように思える、迫力のある音で聴けます。

ジャケット画像


JP Polydor 12 MM 7001 : [Can’t Let You Go]


ジャケット画像

1985年初頭にリリースされた、レインボーの日本における唯一の12インチ・シングル。イギリスでのリリースから1年あまり遅れてのリリースとなりました。ジャケット・デザインはイギリス盤に準拠していますが、周囲に"12INCH 45RPM"と書かれた枠が加刷されています。また、イギリス盤よりもしっかりとした、LP同様のボックス・ジャケットになっています。帯は、付けられずにリリースされました。その代わり、"キャント・レット・ユー・ゴー / レインボー"と、邦題が加刷されています。

ジャケット画像

A面収録曲、"Can’t Let You Go"のレーベル。UK盤同様、キーボードのイントロから収録された、アルバム収録バージョンと同様の編集の、ステレオ・ミックスです。

ジャケット画像

B面収録曲、"All Night Long / Stranded"のレーベル。クレジットでは1983年、カーディフでのライヴとなっていますが、同じ日を収録したラジオ・ショウを聴くと、どうもテイクが違うような気がします。このカーディフのラジオ・ショウは放送局が収録した音源ですが、[Rainbow Rising]によれば、このイギリス・ツアーでは、バンド側もいくつかの会場で将来リリースするかもしれないライヴアルバムのために録音をしていた、という話が書かれていますので、バンド側が録音していたいずれかの会場ではないかという推測も出来ます。また、歓声が全く入っていない事から、ツアー初日、9月6日のリバプールの会場で、昼間行われていたリハーサルがソースになっている可能性も考えられます。"Stranded"のサビの部分での合唱が聞こえますが、この合唱部分をカーディフのテープからオーヴァー・ダブしたのではないかとも思えます。どちらにしても、このあたりは私の推測でしかないので、正式なデータをご存じの方、お知らせください。

……UK盤の記事を丸ごとコピペしてしまった∩ヾ(・∀・ ) ポチットナ

ジャケット画像

裏ジャケット。UK盤はジョーとリッチーが寄り添ったポーズのステージ・フォトが掲載されていましたが、日本盤はご覧の通り、収録曲3曲の歌詞と、後藤サンペイ氏が書かれたライナーノーツが掲載されています。再結成Deep Purpleの第一弾、[Perfect Strangers]がリリースされた直後の時期なので、内容もそれをふまえてのものになっています。歌詞は、新たに聞き取りをしたもののようで、"Stranded"や"All Night Long"は当音源で聴けるジョーのアドリブ部分の歌詞も掲載されています……正確かどうかはわかりません(・∀・)


UK Polydor POSPX 654 : [Can’t Let You Go]


ジャケット画像

1983年にリリースされたイギリス盤12インチ・シングル。トップ・オープンのスリーブ・ジャケットで、ステージ・ショットはおそらく当時行われていた最新ツアーからのもの。ジョーの立ち姿、ウエストは服のたるみだよね?ね?足は見ちゃあイケナイ(・∀・)

ジャケット画像

A面収録曲、"Can’t Let You Go"のレーベル。キーボードのイントロから収録された、アルバム収録バージョンと同様の編集の、ステレオ・ミックスです。

ジャケット画像

B面収録曲、"All Night Long / Stranded"のレーベル。クレジットでは1983年、カーディフでのライヴとなっていますが、同じ日を収録したラジオ・ショウを聴くと、どうもテイクが違うような気がします。このカーディフのラジオ・ショウは放送局が収録した音源ですが、[Rainbow Rising]によれば、このイギリス・ツアーでは、バンド側もいくつかの会場で将来リリースするかもしれないライヴアルバムのために録音をしていた、という話が書かれていますので、バンド側が録音していたいずれかの会場ではないかという推測も出来ます。また、歓声が全く入っていない事から、ツアー初日、9月6日のリバプールの会場で、昼間行われていたリハーサルがソースになっている可能性も考えられます。"Stranded"のサビの部分での合唱が聞こえますが、この合唱部分をカーディフのテープからオーヴァー・ダブしたのではないかとも思えます。どちらにしても、このあたりは私の推測でしかないので、正式なデータをご存じの方、お知らせください。

ジャケット画像


UK Polydor POSPP 654 : [Can’t Let You Go]


1983年、7インチ・シングルと同時にリリースされた、クリア・ヴィニールの変形シングル。7インチ・シングルにストラトキャスターのシェイプを加えたもの。掲載した手持ちの盤はクリア部分の変色が酷いです(汗。……安いのを探すとこーなるヽ(;▽;)ノ 皆さんはお金かけて極上品をゲットしてください( ´ ▽ ` )ノ

ジャケット画像

A面収録曲、"Can’t Let You Go"のレーベル。収録内容は通常の7インチ・シングルと同様です。

ジャケット画像

B面収録曲、"All Night Long (Live Version)"のレーベル。収録内容は通常の7インチ・シングルと同様です。

……あぁ、このレコードはコンディションの良い奴に買い替えたいなぁ……orz


UK Polydor POSP 654 : [Can’t Let You Go]


ジャケット画像

1983年10月にリリースされたイギリス盤7インチ・シングル。「一時休業」前にリリースされた、最後の7インチ・シングルになります。全英チャートでは43位と、[Street Of Dreams]よりもいい結果を残しています。

ジャケット画像

A面収録曲、"Can’t Let You Go"のレーベル。導入のキーボード・ソロがカットされたエディット・ヴァージョンのステレオ・ミックスになります。

ジャケット画像

B面収録曲、"All Night Long (Live Version)"のレーベル。1983年秋に行われたヨーロッパ・ツアー、9月中旬にカーディフで録音されたものとクレジットされていますが、後に放送された、カーディフで収録したとされているラジオ・ショウの音源を聴くと、どうもテイクが違うような気がします。"Rainbow rising"によれば、このイギリス・ツアーでは、バンド側もいくつかの会場で将来リリースするかもしれないライヴ・アルバムのために録音をしていた、という話が書かれています。また、歓声が全く入っていない事から、ツアー初日、9月6日のリバプールの会場で、昼間行われていたリハーサルが、やはりバンドによって収録され、それがソースになっている可能性も考えられます。どちらにしても、このあたりは私の推測でしかないので、正式なデータをご存じの方、お知らせください。

ジャケット画像