EU Purple Records PUR 255 : [Live At Inglewood 1968]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Hush
  2. Kentucky Woman
  3. Mandrake Root
  4. Help
  5. Wring That Neck
  6. River Deep, Mountain High
  7. Hey Joe

2009年になってリリースされた一般流通盤。ディスクそのものはSonic Zoomレーベル盤と同様のマスタリングでプレスされています。ロッドのライヴ・フォトがアルバムのジャケットにメインでデザインされたのはこのCDが初めてじゃなかろうかと。なかなかいい感じのジャケですねー。

ブックレットの解説は、ほぼSonic Zoom盤に添付されていたブックレットと同じくらいのボリュームで、最新のデータを元に加筆もされているようです。一般流通になってもやや入手は難しいですが、第一期Deep Purpleのコンサート音源は現時点でもこれが唯一となりますので、一聴の価値はあると……思いますが……人によるかな、やっぱし(^^;


UK Purple Records PUR 205 : [Inglewood -Live In California-]


ジャケット画像 ジャケット画像

ジャケット画像
Booklet

  1. Hush
  2. Kentucky Woman
  3. Mandrake Root
  4. Help
  5. Wring That Neck
  6. River Deep, Mountain High
  7. Hey Joe

イングルウッドでのライヴ音源、初の公式リリースとなったディスクです。Purple Recordsの通販専門コレクターズレーベルであった、Sonic Zoomからのリリース、第2弾でした。

当CDのマスターとなったビデオ映像は、テトラグラマトンが当時購入したソニー製のビデオカメラ (このあたりからも、この会社の浪費癖がうかがえますが) で撮影されたもので、会社の倒産やらなにやらがあったにもかかわらず良く残っていたものだと思います。実際、この映像をプライベート・ビデオで観てみると状態はお世辞には良いとは言えません。今までもこのビデオから音声を落とした非公式なライヴCDが何種類か出回っていますが、音質的にはやはりそれなりのものでした。今回のリリースでは、残っていたハーフインチのビデオマスターから作成されているようですが、音質の向上は"Space Vol.1&2"のときほどではありません。多少音の輪郭がはっきりして、聴きやすくなったのは確かです。

音質的には期待していたほどではなかったにせよ、付属のブックレットには当時の事情が詳しく書かれており、これを読むだけでもこのCDをゲットする価値はあると……思いますが……人によるかな、やっぱし(^^;